2013年 10月

先日の10/10(木)、昔で言えば体育の日に当たるこの日。
統計的に晴れ間の確率が高い特異日とされるこの日。
前日までは、台風の影響で大荒れでしたが、
10日ともなれば、台風一過で晴天となりました。
流石、特異日。

さて、この日は前々から、
秋を満喫するアウトドアを予定しておりました。
行き先は、四国の霊峰剣山。
呼び名は、なんだかいかめつそうで、
難所関所をいくつも踏み越えるのか、
というイメージですが、
リフトに乗ってしまえば、
初心者にも優しいお山でした。
剣山常連ハイカーさんによれば、
この日は、今年最高の好天だと言うこと。
幸運幸運(⌒▽⌒)

私たちが、山に行く一番の目的。
それは、山上で笑間珈琲を味わう事!
今回は最高のコンディション、シチュエーションでした。
以下は、山上での珈琲講座。
呼ばれたならば、何処へでも、
エマの出張珈琲、行かせて頂きます!

20131022-161632.jpg

20131018-120627.jpg

エマの恒例行事、「歌夜会」が迫ってきました。
今回は、3組のアーティストが出演です。

☆top→ユウキ(福留ゆうき)
若い、歌が上手い、男前、
三拍子揃った期待のボーカリスト!

☆second→M.C.WATARU
ヒップホップを得意とする彼が、
今回はアコースティックスタイルに挑む。
クールなサウンドにご期待!

☆third→独りE-MAn
慰労と伝達の昭和ソングを。
今回は、友人のAraianがリフィニッシュしてくれた
エレキギターを持って登場!

他、飛び入り大歓迎!!

★歌夜会 第45夜
10/19(土)19時〜
チャージ料 1000円
(ドリンクは別料金となります)
ご予約下さいませ。

笑間のマスターが、手塩にかけて煎り上げる
美味しい自家焙煎コーヒー豆のご案内。

今月(10月)のエマ通信の表紙記事にも書きました通り、
コーヒーは、生鮮食品です。
従って、エマのコーヒーに対する心がけとしましては、

「新鮮焙煎豆の、挽きたて、淹れたて珈琲」

と言う事に尽きます。

皆様に、挽きたて、淹れたての
薫り高い珈琲を楽しんで頂きたいと願っております。

★エマのコーヒーラインナップ
よりお好みに合うコーヒーを見つけて頂く目安として、
味わい別に4つのタイプに分類しております。

タイプ1. あけぼの珈琲 (ライト系)
軽やかさと爽やかな酸味が好印象の
アメリカンタイプのお目覚めコーヒー。
一日の始まりに意欲が湧いてくるように、
そんな願いを込めました。

タイプ2. お陰様(月)珈琲 (マイルド系)
優美な薫りと円やかな口当たり、
どこかクラシカルな余韻。
どこまで歩もうとも、いつもお月様はついて来てくれます。
そして、柔らかな光で包んでくれる。
そんな癒しをテーマにした珈琲です。

タイプ3. お天道様(太陽)珈琲 (ストロング系)
後口の良い苦味とコク、香ばしいフレイバー。
誰の上にも太陽が微笑むように
そんな優しさと力強さをイメージした珈琲です。

タイプ4. お星様珈琲 (ヘビー系)
重量感のあるコクと苦甘(にがあま)を追求した深煎りタイプ。
古来より星は、私達を導く道標です。
そのきらめきは仄かですが力強く惹きつける、
そんなイメージの珈琲です。

リンゴはなんにも
言わないけれど〜

「りんごがもの言うたら
八百屋のオッサン
やかましいて寝られへんわい!!」

……(ーー;)

えー、ハイハイ、そうです。
昭和を代表する漫才名人、
人生幸朗師匠の
一世を風靡したネタですが、何か…?
責任者は出て来ませんが、何か…?

てなわけで、本日のケーキは、
「リンゴはなんにも言わないケーキ」。
誰にもなんにも言わせないケーキ(^^;;

10月に入って、いよいよ紅玉りんごもお目見えです。

ちっちゃな秋、真っ赤な秋、
見つけにいらして下さいね( ´ ▽ ` )ノ

20131006-093655.jpg

たわわに実る一房の葡萄。
その実のひとつひとつを優しくもぎり取って、
丁寧に水洗いして、
真っ白な布巾で手の中に包み、
その雫を拭(ぬぐ)う。

そんな一連の作業をなぞるママの手は、
美しいと思います。

この頃つくづく思いますが、
料理の最高の調味料は、
実は「手」なのではなかろうかと。
同じ料理を作っても、絶対にママには敵わない。

有島武郎の童話、「一房の葡萄」。
この物語で印象に残るのは、
盗みを働いた少年に、
一房の葡萄を手折って渡す、
女性教師の「白い手」です。
少年の正しい成長と
互いに許し合い受け入れ合うことの大切さを願う愛情。

手は、思いを伝える 声無き温もり。

今日のケーキは、そんな愛情の

「一房の葡萄ケーキ」(^^)

20131005-122453.jpg

20131002-173343.jpg

ギター抱えて奴が来た!

およそ2年半ぶりの再会。
そもそも彼との交流は、中学生の時の
卒業するまでの2年程の短い付き合いでしたが、
ギターが取り持った縁でした。
ギターを聞かせろと、半ば強引に、
マスターの家へと、マスターの事情そっちのけで、
よく押しかけてくれました^^;

それが、時を隔てて、
3年くらい前に、彼からの突然の電話。
曲折経て、現在は成田空港のすぐ側で、
自営業やって早25年と言う。

で、2年半前、
たまたま成田に行く用事を得たものだから、
30年以上ぶりの再会を果たしてきました。

もともと物の分解と組み立てが好きだった彼は、
時を経て、デザイン塗装のスペシャリストとなってました。
今や、ギターを塗装と言う観点からサポートの出来る
日本で随一の腕利きの職人です。

写真の、満面の笑みでマスターが手にしてるギター。
これは今から35年前、新聞配達のアルバイトをして、
ようやく手に入れた当時12万円したイバニーズ
(今はアイバニーズと呼ぶらしい)のエレキギター。
彼にもその当時、何度も貸してあげた思い出のギター。
社会人になってからはほぼ放置されて、音も出なくなっていたのを
彼との再会を機に、リフィニッシュしてもらいました。
そして今回、我が手元へとピカピカになって戻ってきました。
感激も一入(ひとしお)。

彼の名前は、新井永吉。
カラーリングワークス主宰(http://araian.jp/index.html)。
一匹狼の凄い奴。
彼の信条は、
「心はアマチュア、腕はプロ」
なんて、クールな事を言いやがる。

全国津々浦々から、プロアマ問わず、
常時30本位はギターを預かっていて、
仕事は常にビジー状態。
彼の信頼と実績の程が伺えます。

ギターのリフィニッシュの事なら、
間違いなく彼を推します。

次の再会を誓い合って、帰って行きました。

時 隔て
人生(たび)の 邂逅
また いつか

20131002-190453.jpg

20131001-234242.jpg

お空に輝く真円(まえん)の十五夜お月様も愛(め)で終えて、
ようやく秋の気配を肌に感じる時節となりました。
この肌寒さの深まりとともに、
珈琲の味わいもまた増し加わるように感じます。
そして、10月1日は「コーヒーの日」でもあります。
本格的に珈琲を嗜(たしな)むにふさわしい時節の到来です。

★10/5(土) エマルナイト
チューブアンプにLPレコードを繋いで、
昔懐かしいアナログ音源を楽しみます。
今回は、「日本のフォーク特集」。
ご予約不要、チャージ料不要。
17:00ー20:00

★10/11(金) ありがとうの日
月に一度のお客様感謝デイです。
ご来店頂いた皆様に、ママ手作りの
お菓子のお振る舞いをさせて頂きます。
あわせて、コーヒー豆の10%オフサービスも行っております。

★10/19(土) 歌夜会 第45夜
エマのアコースティックミニライブです。
今回は、3組の出演でお送りします。
?若き期待のボーカリスト ユウキ
(サポートギター ユキマサ)
?アコースティックヒップホップ M.C.WATARU
(サポートギター ユキマサ)
?慰労と伝達の昭和ソング アコースティックE-MAn
要予約。チャージ料 1000円です。
19:00ー

★10/26(土) エマリン
自転車愛好家のサークル。
今回は、近々取り潰しになるという
淀川に架かる赤川陸橋の渡り納めライドです。
朝6時集合出発。8時に帰ってきます。
朝ごはんとドリンク付き、お一人 1000円。
ご予約下さい。

★10/27(日) 第3回大阪マラソン
参戦のため、実店舗はお休みをさせて頂きます。
七人のエマサムライで頑張ります!