2014年 5月 9日

慰労と伝達の世代間交流バンド、
アコースティックE-MAn。
活動を広めるに当たって、
いろいろとお悩み事もあります。
その一つが、機材の問題。
ライブ演奏をする場合、
その空間がホールであろうと
こじんまりしたスペースであろうと、
はたまた野外であろうとも、
通常は、PAと呼ばれる音響拡声システムが
活用されるものです。
より適切な音量で、
より快適な音質で、
そして、ボーカルを含めた楽器類の
絶妙なバランスのミクスチュアを
実現してくれる強い味方、
それが、PAシステムなのです。
音楽表現の質をより高めたい!
それは音楽を愛する万人の願いであり、
特に、音を表現する側に立つ者にとって
それは切実な願望であります。
ですからもちろんエマでも
良いPAシステムが欲しいと思い続けて
歌夜会を私マスター、
かれこれ50公演を越えて
継続しておりますが、
いまだに生成りの音で勝負しております。
まぁ、エマ位のスペースなら
それはそれで良いのですが、
最近はマスター、オファーを頂き
アウエイで演奏する機会も増え、
その都度思います。
良いPAシステムが欲しいと。

ここからが、今日の本題なのですが、
願い続ければ思いは叶う。
なんとここに来て、
定評のあるBOSEのスピーカーユニット、
301-AVMがエマに舞い込んで来たのです!
次に必要なのは、パワーアンプ。
そこで、たまたまいらっしゃった
大人のDIYキッド作りで
手作りアンプとスピーカーを手掛ける
高橋科学の高橋さんにご相談すると、
昔作ったアンプがあるから持って来てあげるよと、
使うのなら使ってと持って来て下さいました。
なんたる気前の良さ!
出力は、40W×40W程とのこと。
ひと先ずは十分でしょう。
あとは、ミキサー。
心当たりの音楽人に訊ねてみると、
ありますよ!今度持って来ますよ(^^)、と快諾。
一瞬にしてあっさりと役者揃い踏みです!
早くテストの音出しがしたくて
ウズウズするマスターなのでした(*^^*)
あぁ、私はシアワセ者だ(^o^)

20140509-000109.jpg

20140509-000121.jpg

20140509-000129.jpg