2018年 3月

冷んやり雨の春分となりました。
町の各所では桜もチラホラ咲き始めてます。
今日の雨の一雫はきっと慈雨となって、
間もなく桜もいっせいに咲き誇ることでしょう。
今期の冬は格別厳しかったから
一層綺麗に花開くことでしょう。

今日のケーキは、今シーズン最終、
『冬なごりの紅玉林檎ケーキ』。

先日の門真手作り市、
アーティストステージ
サバイバルランドパフォーマンスの図。
なぜか今回のマスターのコスチュームは、作務衣。
なぜ?と聞かれても
「着たかったから」、が答え。
結果として、
・中塚荘の趣にばっちり合ってる。
・動きがとっても楽。
・昨日の気候には丁度の快適さ加減であった。
マスター的にはまるっとよい塩梅に納まったのであった(^^)
それにしても昨日は楽しかったなぁ(^^)
次は、3/31(土)かどまっちフェスタで会いましょう*\(^o^)/*

 

【お知らせ】
本日11日(日)は、
貸し切りイベントの為、
『13時に閉店』となります。
何卒ご了承の程、お願い申し上げますm(_ _)m

さて、そのイベントとは、
ヒーリングライブ大阪編
〜ほほえみを呼ぼう〜
です(^^)
出演は、エマでボイストレーニングを担当して頂いていた たーちん先生こと岩田匡史さんです。
近頃は、432Hzのシンガーソングライターとして日本の各所で
精力的にヒーリングライブを開催されてご活躍中です!
本日15時より開演。
まだ若干名お席が取れます!
参加費は、ケーキセット付きのお一人
¥3000です。
参加希望の方は、エマまでご連絡下さいませ(^^)

 

「見る」という行為は、実は
「見られている」という前提があって
成立している行為なのではなかろうか?

雨の日、俯き加減に歩みながらも、
時折ふと気配を感じて
目を上げることがある。
存在はそれが、命を伴うものであれ、静物であれ、
そこに在ることを主張する。
だとすれば、その対象を私が見つけて「見た」のではなく、その対象によって私が「見られている」が故に気づかされて「見た」とは言えまいか?

そも存在は、存在せしめられた対象的立場なのであって、

絶対に存在の主体格にはなり得ない、

というのが根本原理だ。
私の物心は、

物心がついた時点で既に備えられていたのである。
故に私の眼差しは、

実のところ世界からの眼差しに基づいて
成り立つのである。

 

存在に宿るものへの感応体としての私。

 

この着想は存外大事なことで、
私は見られているから気付く、
問われているので考える、
託されているので行う。
それが私という存在が確定する基盤。
故に人よ、奢ることなかれ。
この世界には何ひとつとして私が自分勝手に所有して良いものなどなく、
全ては託され、問われているのである。