2 / 212

2018年 9月

柿食えば?鐘が鳴るなり 法隆寺

 

すっかりと秋の気配です。

秋は空が澄み渡るせいか音の鳴りが冴えて聞こえる気がします。

鳥の声、虫の声、子供らの嬌声、遠くのサイレンも、

落ち着いて聞くとなんだか染み入る感があります。

涼やかな風に包まれ水面をゆく鳥が夕日の彼方に向かう様を見やり‥などなど、感傷に浸るのも乙。

まっ、腹へったらすぐに我には帰りますが^^;。

今日のエマケーキは、秋の風物「柿」です(^^)

そこで秋の一句。

 

柿剥きて ママの腕鳴る 笑間cake

 

もういっちょう

 

柿の種? 食い散らかして 頭ゴーン(とママに殴られた^^;)

 

おそまつf^_^;

 

我が町の氏神様は言わずと知れた門真神社様。

その御本殿の裏手にひっそりと鎮座まします龍神社。

このご地域では、一願成就の神様として名高いそちらのお社が、先の台風でえらいことになってました。

楠の御神木の大枝が折れて

お社に覆い被さっております。

痛々しい>_<

早急の復旧を願い空を見やれば、

なんと龍神らしき雲が!

今日は、本町自治会館主催の「おしゃべりカフェ」でマスター、お歌のオファーを承ってまいりました(^^)

対象は、65歳以上のお一人暮らしの方々。

実際平均年齢は75歳位か?

 

今日は9月9日。とてもお日柄の良い日です。

そう、救急の日…ン?

ちがう、窮窮の日か?

もとい。重陽の日でした^^;

日本では昔から奇数を陽数、縁起の良い数とする慣わしがあります。

3月3日は、桃の節句で女の子のお祝い。

5月5日は、端午の節句。男の子のお祝い。

7月7日は、七夕。これは恋する男女の日という感じでしょうか?

では、9月9日は何でしょう?

そうです。円熟味を増した成熟された大人の為の日。

まさに、今日お集まりの皆様の為の日です(^^)

やはり皆さんくらいに成熟度が進ないと菊の花は似合いません。

(ここで、「わたしらもう腐っとる」というお声が聞こえました^^;)

誰も腐ってるとは申しておりません^^;

いい塩梅に発酵していると、

醸していると言うておるのでございます。

 

とかなんとかほざきながら、とても楽しく過ごして参りました。

坂本九ちゃんの「上を向いて歩こう」を大合唱した後には、

ひとりぼっちの夜には、皆さんどうか遠慮しないでここにいらっしゃる自治会の役員の皆さんにお声をかけて下さいね。

必ず皆さんを優しくサポートして下さいますのでね!

 

懐かしのお歌の数々を一緒に歌って過ごしました(^^)

皆さんの長寿と繁栄を心よりお祈りしております。

いつまでもどうぞお健やかにお過ごし下さい!

 

p.s.お礼に綺麗なお花をいただきました(*^^*)

ありがとうこざいます!

自然災害の猛威は、時折り想定を大きく超えることがある。

台風の常襲地沖縄にあっては、家の屋根・壁は基本コンクリートを流し込む工法が取られているので、倒壊・吹き飛びの恐れはほぼ無い。

今回の台風ではうちのスレート屋根瓦も3枚飛ばされたので現場をよくよく検証してみたところ、屋根の端っこの一列だけがスレートを留める部材に簡易な釘が使われていたことが判明。

他は全てネジ式の釘でしっかり締め止めされているのにである。

その結果が今回の強風による被害となって現れた。

単なる釘とネジ釘とではこんなにも強度が違うのだ。

施工当時の業者さんの事情や言い分は今更分かりませんが、

案外災害被害って、人災によるところのものも多いのではなかろうか?

そんなことを考えた我が家の小さな事例。

小さな抜かりが大ごとになりかねない。

例えば、今回関空連絡橋に激突したタンカーの事故。

強い台風が直撃するとの事前情報が再三アナウンスされていたのに関わらず、何故に海上で投錨していたのだろう?

「想定外」という言い訳では通らない事例ではなかろうか?

いずれにせよ、私たちはもっと創造力を働かせないといけない。

世の中は今あまりに経済効率とか責任回避とかに頭が使われ過ぎて、

当たり前の誠実さが見失われていないだろうか?

願わくば、当たり前の思いやりや誠実さ=まごころを身に備える人たちとの繋がりの中で生きてゆきたいものである。

そういう絆の中で昔から人は困難を乗り越えてきた。

台風一過の店回りを掃除しておりましたところ、

いろんな残がいに混じって、なんと「三鈷(さんこ)の松」を発見しました!

かつて空海が唐の港より日本に向けて投げ放った三鈷杵が、高野山の松の木に引っかかっていたという

あの有名な三鈷の松の伝承の松の葉のこと。

古(いにしえ)の謂(いわ)れによると、豊穣と平安をもたらす神霊が松の木を伝って地上に降臨するのだとか。

この三葉の松葉は、今回の台風の風に乗って高野山から門真の地にもたらされたものに違いない!

お大師様のご加護の証し(^^)

きっと幸いめぐりくる。

気を良くして屋根に上がれば、清々しい秋の空です(^^)

笑間珈琲の月極め珈琲定期便、

その名も『笑間福珈琲頒布会』。

その存在を知って頂いているのであららしめやしょうや?

(日本語無茶苦茶になっとるわ>_<)

歌う珈琲焙煎士のエママスターが厳選する珈琲豆3種を

ママお手製のスウィーツと取り合わせて毎月々お届けするという、

それはそれは笑間福な

とっておきの会となってございます(^^)

ちなみに今月の笑間福さんは、

☆お月見ブレンド

☆ブルーナイルの星

☆お陰様ブレンド

(各180グラム)

★鳴門金時と蜂蜜のケーキ

とのセットです(^^)

 

途中休止や脱会はいつでも自由です。

そんな笑間福珈琲頒布会新規会員様募集しております!

詳細は笑間までお気軽にお問い合わせ下さいませ(^^)

 

笑間福会員の皆様、お待たせ致しました。

本日発送完了です(^^)

9月とはいえ、まだまだ暑い毎日が続きます。

ひとまずはお彼岸まで。

ご自愛下さいませ。

今月もよろしくお願い致します。

 

 

 

夏の疲れを吹き飛ばす、
北海道からの大地の恵みだ!

何かと頼れる幹男兄貴がお里の北海道に戻られて早5年にもなりましょうか。
毎年欠かさずに北の恵みで私たち夫婦をお慰め下さいます(≧∀≦)
なんとも義理堅く面倒見の良いお兄様なのです!
「ゆめのコーン」!
なんて素敵なネームのトウモコロシ(トウモロコシか^^;)なのでしょう。
早速、家族銘々に配ります(^^)

9月1日。幸先の良い恵みの始まりです。

 

(ちなみに、ママはアニメ「となりのトトロ」の大ファンなのであった)

2 / 212