1 / 212

2018年 11月

街角に晩秋。

町中に哀愁。

さっそく、焼き餅!

 

今日は旧暦で言うと、大安10月20日。現在時刻は22時。

亥の月、亥の日、亥の刻を迎えましたので、

火の用心、家内安全、無病息災を願い炉開きの儀を執り行います。

今年も間もなく冬が始まろうとしております。

エマを訪れる皆様に柔らかい炭の燠火(おきび)で

心身ともにほっこり暖をとっていただきたく思います。

火の番は消防士のロレンスにも活躍してもらうとして、

時々は餅焼いたり鍋のせたりもしながら、

この冬を楽しみたいと思います。

何はともあれ、火の要鎮。

今朝はゲラゲラ笑いながら目覚めました。

夢枕どっかの芸人が面白可笑しく述べた口上が頭に残ったのでご紹介。

 

『笑貸す

我れ貸す

我楽貸す。

貸すとはタダで渡すこと。

お代は見てのお帰りに。

満足分だけ懐具合でご自由に。

あたいは慎しみ深いのよ。

楽しみごとは分かち合い。

みんなで和楽の世を招こ。』

 

「和楽」→互いにうちとけ楽しむこと。

今日も笑顔で楽しむ笑間珈琲でまいりましょう^_^

南無阿弥陀の額を携え、

いきなり君は明日立つと云う。

通りすがりの松の木に旅立つ君の姿が重なる。

 

松は、孤に高く立ち、時を待つ。

海辺の荒らくれも断崖の風雪も物ともせず

根は剥(へず)られ幹はくねり枝葉は引きちぎられようとも

度重なる苦節を堪え忍び辿り着いたは、君が勇者の立ち姿。

いずれ時は満ち、君が時は訪れる。きっと来る。

松に衣掛け祈り称(とな)う者を抱き給へや君が松。

有難き哉、南無阿弥陀仏。

仕込んでから丁度2weeks。

件の干し柿(笑間の御幸柿と命名)が良い塩梅に仕上がっております(^^)

小ぶりですが丁度一口サイズで食べ易い^ ^

ついでに、干し柿の効能を調べてみました。

☆ミネラル→マンガンとカリウムが豊富。

マンガンは、疲労回復や骨粗しょう症に有効。

カリウムは、血圧降下作用。

☆食物繊維→腸内環境を整え、お通じを改善し、結果美肌効果に優れる。

☆βカロチン→強い抗酸化作用により老化防止と免疫機能の向上。併せてガン予防になる。

体内でビタミンAに変わるので、目と肌にもよろしい。

★まとめると、

・高血圧予防

・脳卒中予防

・二日酔い、むくみの軽減

・風邪予防

・健胃効果

・気管支炎の軽減

・発がん抑制

などなど。

とても優れた食材なのですね。

「柿が赤くなれば、医者が青くなる」と言われるほど、

医者いらずの健康食品なのでした!

自然な甘みと旨みが凝縮された一番安心なおやつです。

皆さん、勝手にもいで食べていってくださいな^_^

仲睦まじく食べることの仕合わせを

今日も味わえたわたくしの

しあわせ度数は相当高く

当たり前の日常の丁寧なチョイスと少しのアイデアで

人はこんなにも豊かに生きて行けるものなのですね。

この世の片隅の小さな乏しき団欒に

神様が座して下さりたまう。

ヒートテックがナンボのもんじゃい!

男子たる者、ももひき履いたらんかい!

ラクダ色した福助印の由緒正しきももひき。

陽射しはあれども寒うなり申した。

今季も満を持してデビューだす(^^)v

晩秋の陽射し。

夜の空を、カジキマグロの群れが泳ぐ。
こりゃ地震がくるぜよと、
仕事帰りのおっつぁんが自転車を飛ばす。
おいらは悠長に気象の不思議に思いを致す。
たとえ今、世界が終わろうとしていても、
おいらは地球の重力に身を委ね、
この一杯の珈琲に心を尽くすんだ。

1 / 212