1 / 14412345...102030...最後 »

BLOG

珈琲焙煎ネットモール
『BANEMO』のご案内

「焙煎」の 「BA」、
「ネット」の「NE」、
「モール」の「MO」で、

『BANEMO』です。

焙煎された珈琲豆を
インターネットを通じて販売する
ショッピングモール。

名前の由来こそ、すこぶるベタですが^^;
けど、分かりやすい、覚えやすい^ ^

さて、マスターも珈琲焙煎に取り組んで20年程になりますが、いまだに珈琲の尻尾さえ掴みきれないまま、ああでもないこうでもないと右往左往している青二才です。
ただ珈琲への情熱は失われることはありません。
珈琲は、それほど魅力的な飲み物なのです。

全国にはその珈琲の魔力に取り憑かれて儘ならないコーヒーラバーたちが沢山おられます。
この各人各様のアプローチで日夜珈琲の新たな地平に挑む焙煎の武士(もののふ)たち。
彼ら彼女らのことをマスターは敬意を表して、

『珈琲人(こひと)』

と勝手に呼んでおります^ ^

「珈琲に狂おしいまでに恋い焦がれる人たち」。

全国にはそんな愛おしき『珈琲焙煎人』たちが散在しているわけですが、
今回立ち上がった珈琲専門ネットモール「BANEMO」にはそんな全国の珈琲人たちか結集するという、これまであるようでなかったコーヒーの新たな形態のプラットホームなのです。
実はこのサイトには大手の企業様は参加出来ません。
それこそ、小さな小鍋や手網にこだわってその都度懸命に焙煎する人の珈琲も取り寄せることが出来るサイトです。

一つ確実に言えることは、
このBANEMOは日本全体の珈琲の質を底上げすることに貢献出来るサイトでもあるということです。
なぜなら、珈琲に日夜真摯に向き合い取り組む珈琲焙煎人たちの珈琲が集まるサイトだからです。
皆さんの珈琲への寄り添い方、その愛情が半端なく強いのです^ ^
なので美味しくないはずがない!

そんな個性豊かな焙煎人たちのそれぞれの持ち前の珈琲豆と出会えるサイトです。

全国の『珈琲人』たちを、皆さん応援して下さいませ!

もちろん笑間珈琲も参加しております^ ^

今月中は全品20%オフで購入いただけます♪

よろしくお願い申し上げます。 

https://banemo.net/

あれやこれやそれやと、
このところ大層慌ただしい。

「心が荒れると書いて慌しい。心が亡びると書いて忙しい」とは、ご近所の翁からの教え。
「心を置いてきぼりにせんよう、
人間ならもっとましな生き方せにゃ」と、前にそんな風に言われた。

来週は歌って、コーヒーも淹れに行って、新しいECモールにも参戦してと(散髪には昨日行った^ ^)。
取り組むことが多いことは悪いことではないだろう。
ただできる限り丁寧に、楽しめるように。

ここ大阪でも秋が深まってきた。

明日11月10日は、エマコーヒーの開業記念日です。
お陰様で16周年。
特別なことは何も出来ませんが、
皆様の日頃のご愛顧に感謝して少しばかりの贈り物をさせていただきます^ ^

今夜は、その作業に追われております。
家内制手工業。
基本、何でも手作業のアナログな二人です^^;

大切な日の少しだけ特別な贈り物をせっせと作ってます。

明日は水曜日ですが、通常営業にて皆様のお越しをお待ちしております^ ^

h https://www.bitchute.com/video/POBez3THBCpd/

11月も早々と第二週目となり、
まぁ普通に10日を感謝で迎えようと思いながらも、なんとなくそわそわと過ごしておりましたところ、なんと、
お絵描きムービークリエイターとして活躍中の【ともわか工房】若林さんがエマの16周年に寄せて、とても素敵な動画を届けて下さいました!
思いがけない贈り物!めっちゃ嬉しい^ ^
若林さんは、実はマスターの高校時代の同窓生。今なお別嬪さん^ ^
ありがとうございますT_T

↓ともわか工房さん↓

https://youtube.com/channel/UCiJlC8gclmJdhEGaDF3ZXvg

秋深し。
この長閑な空の眼福。その有り難み。

風車の足もとにはコスモス畑。
眺めながら、今朝見た朝の詩(産経新聞)が頭をよぎる。

コスモスが秋風にゆれる
ゆれてみんなで歌っている
おとなり同士 おしゃべりしている
そっと耳をかざせば
コスモスの内緒話が聞けるかもしれない
だからコスモスは摘まないでください

うる覚えだが、確かこんな内容だったかな^^;

秋の夕景はつるべ落とし。
夕暮れが早い。
闇に呑まれる前に、
一番星に連れ去られる前に、
二人手の温もりを確かめながら、帰り道を急いだ。


何年か前の記事が、あまりにシュールだったので再掲します。
イベントを控えるマスター、くれぐれも気をつけるべし(^_^;)

ーーーーーーーーー

『怖い夢』

怖い夢を見た。
こういうニュアンスの夢をマスター時々見ます。

どこかの会館の催しに歌のゲストとして招かれて、出待ちをしているマスター(歌うのは一曲)。

もうすぐ出番という段になって、持ってきたはずのギターが見当たらない!
どこを見回してもないのである。
確か舞台袖に置いておいたはずなのに一向に見つからない!
間が悪いことに本番中の舞台裏は薄暗いときている。
いろんな機材が置かれているのであるが、みんな色の黒い物ばかりなのでますます判別がつかない!

そういえば譜面台(それも黒い)も自前で持ってきたはずなんだが、それも見当たらない!
まぁ譜面台は借りるとしも、ギターは自分のものでないと嫌やな、などと思いながら探し続ける。

そして、だんだん出番が近づいて来る中、マスター必死になってギターを探すも一向に見つからない!

とうとう焦りはピークに!>_<

するとそこへ、なぜかパジャマ姿のママが現れて、

〈もうしゃーないやん。アカペラで歌い^ ^〉と優しくアドバイス。

「そやな、そうするしかないな」と腹をくくるマスター。

そして最後にふと、
「ところでオレ今日何歌うんやったっけ??」と、ママに尋ねたところで目が覚めました。

ほんま嫌な汗かいて目覚めましたわ(^^;

隣で寝ているママを起こして夢の一部始終を話して聞かせました。

そして、
「ほんま怖い夢見たわ。
あさっての村岡先生との本番で
ギター忘れたらシャレにならんで。ほんま夢で良かったわ^ ^」
と言いましたところ、

「えいかつさん。村岡先生との本番、明日やで」。

「ギェー!」。

現実のオレが一番怖いやんけ(>_<)

大丈夫か、エイカツ!

今朝の新聞に作曲家大野雄二氏の記事を見た。
なんと現在テレビでルパン三世の第6作目が放映されているらしい。
最初にアニメ放映されたのは、昭和46年(1971年)のこと。
もちろんマスターは、この第一作目世代なのである。(少しドヤ顔^ ^)
マスター世代にとってルパンは、とても印象に焼き付くアニメキャラの一人だ。
当時マッチ棒のように細身で敏捷な少年だったマスターは、ルパンとかサルとかあだ名されたりもした。
大野雄二氏が音楽を担当するのは第二作目からなのだが、初代ルパンの音楽も素晴らしかった。
エンディングの「足下に〜?」の歌は、マスターいまだにカバーして歌います^ ^

70年代は、日本アニメ文化の黎明期、幕開けであったと思いますが、2020年を超えて、今尚人気のアニメがあることはとても嬉しい。

さて、劇中曲「ルパン三世のテーマ」であるが、今回も新しいアレンジでリニューアルされていると 聞き、早速YouTubeで引いてみた。
やっぱり、カッコいい!
ニューアレンジも秀逸であるが、それを受けて演じるミュージシャンの面々の凄腕にも感服致します。

さて、ルパン、次元、五右衛門。
この3人のうちで一番珈琲の似合う男は誰?
はい。マスター、ママ、満場一致で次元大介です!
次元のシケモクにはもう絶対、苦味走ったブラックコーヒーでしょう。
「次元のシケモクブレンド」、なんてのもあってイイね^ ^
BGMは、「次元大介のテーマ曲」で一服。
https://youtu.be/64V0DF_H66E

この季節は、十三夜を愛でるのが本来であるらしい。

「月ぬ美いしゃ 十日三日
みやらび美いしゃ 十七つ」
(ツクヌカイシャ トゥカミッカ
ミヤラビカイシャ トゥナナツ)

とは、八重山古典民謡『月ぬ美いしゃ』の一節。

月を愛でるなら十三夜
娘子が美しいのは十七才

と言うのが意。

残念ながらこの度の十三夜は雲が厚かったので、今宵の満月を愛でることに。

円い月を見上げる時にいつも「月ぬ美いしゃ」を口ずさんでしまうのは八重山人(やいまぴとぅ)の性(さが)。
どこか神さびたオジィの三線の音色さえ、耳の奥でこだまする。
あの日の八重山の月が瞼に昇る。

ーーーーーーーーーーーーー

5年前のあの日、別離は葬儀を通して粛々と処理されて行きました。

遺体を処置し、霊を弔い、遺品を処分し、社会との関わり事を整理して、それらは残された者の心にけじめを迫る。それらは否応無しに故人との決別を強いる。
そして、残された者の心には問い掛けが始まる。

それを「喪の仕事」と呼ぶらしい。

その仕事と向き合いながら、日々故人との対話で明け暮らす。
人生にはそんな期間が訪れる。

亡父の四十九日。

たぶん、彼岸と此岸の水の流るる深き谷間を軽々と飛び越へ、父は往く。

渡るに渡れぬ川を前に、一番辛いのは、きっと母。

狭間で息子は、恣意する。

男は、永遠不変唯一絶対の男性性を有する者として、
女は、永遠不変唯一絶対の女性性を有する者として、
両者の「結び」こそが彼岸と此岸を埋めて両界を統べる唯一無二の価値ではないのかと。

いずれは誰しもが、ウシュマイとンミーとなって、子孫に仕合わせを振る舞う為に、彼岸と此岸を往き来する。
あの世に行ってまでも夫婦が仲良く。
それが、八重山の土着信仰アンガマの心であり、そこに八重山の祖先は真理を見いだす。

夫婦の情愛無くして命は始まらず、成長も成熟もなく、血筋も残せない。

良い仏壇に有り難いお念仏にお供え、高級なお香、それも良いだろう。
しかし魂は、本当は相対する者の愛によってでしか成仏に導けないのではないのか。

ふと空を見やると、今日は冴えた空に満月。
秋の月。
天に昇るには絶好の日和。
間違いなく、天は父を祝福しているのだ。

今宵は、秋の名月を眺めながら、
月に心寄り添わせて、亡父を送り出す。
隣に居てくれる妻と心重ねて。

父が過ごした大阪の月。
父が生まれた八重山の月。

     南無。合掌。

『夜カフェ』のこと。

先日お客様から、「夜カフェは再開しないのですか?」と聞かれました。
以前は、「夜カフェ」と称して週末の金土日の18時から22時まで、エマでもお酒が飲める営業時間帯がありました。
夜カフェの時に、ワイン会を企画したり、歌夜会と称したライブを開催したり、またLPレコードを真空管アンプとレコードプレーヤーを介してアナログ音源を楽しむエマルナイトなどなど、
お酒も交え楽しいプランと共に夜の時間を過ごしておりました。
が、最後の夜カフェは昨年の3月までで、それ以降は世の中の儘ならない情勢故の自粛を今なお続けております。
本当は、今年の早々にも再開させたかったのですが、押し寄せる波の状況をもう暫く見定めたいと思います。

もうしばらくは、stay home with coffeeで^ ^


さて、
人間 、心の持ち様がどのくらい暮らしに反映しているものであるのか?

例えば、

喧嘩してむしゃくしゃした心で淹れたコーヒーは旨いのか?

憂いの気持ちで仕込まれた梅干しの味は人を悲しくさせるものか?

ささくれた心で作られた楽器の音色は人を癒し得るか?

苦手な相手と取り交す商談に入り込む虚勢はすぐバレるものか?

悲しいかな、人は心とは裏腹なところで生きていることが多い割に、だからと言って、 その心の持ち様が全てネガティブな結果を招くとは限らず、案外上手くいってたりもするのだ。

本当は、良いも悪いも五分五分。
損も得も五分五分。

人間万事塞翁が馬。
何が災いするのか幸いするのか、その結果は最期にならなくば分からない。

人は結果をすぐに問いたがるけれど、招いた結果に一喜一憂しているうちはこの世の業からは所詮は逃れられぬ。

人を騙し、すかし、排除して、安楽な立場にのさばりそれを成功と吹聴する輩もいるのかもしれないが、
のっぴきならない事情や憂いの境遇にあろうとも、「唯」「今」「ここに在る」私の真我を訊ね、
それを呼び覚ますことに専心する。
私の心は今、喜びや感謝や赦しやまごころや未来への希望や情熱を宿しているのかと。

さすればこそ花は咲き実は稔る。

ーーーーーーーーーーーーーー

さて、今日は10月10日。
右と左に10目盛ずつ。

その天秤の支柱に立つ私。

酸いも甘いも噛み分けてバランス良く生きて行きたい。
右にも左にも「ありがとう(10)」をぶら下げて。

1 / 14412345...102030...最後 »

笑間珈琲PV

2021年12月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

笑間の通販