BLOG

4月10日(

今日のありがとうの日のお菓子は

手作りクッキーでした。

ピーナッツクリームとコーンフレークを生地に入れて

焼き上げました。

珈琲との相性ばっちりで

みなさまに喜んでいただけて、

嬉しい限りの一日でした。

来週一週間もがんばろう!!

4月9日(土)

毎月10日はありがとうの日です。

月日のたつのはあっという間ですね…。

月日の文字をぼーーーっと見つめていたら

日月日で明日の字になるんだなぁと

気付いたりして。

「日が昇って、夜になって月が出て、また新たに日が昇って明日になる」

ただそれだけのことなんですが

あぁそうか。そうなんだなと

ちょっとひとりで感動してジンときちゃっています。

漢字って象形文字から始まって、啓示で与えられたものだと

聞いたことがあります。

一時期、面白くていろんな漢字を分解したり

漢字の成り立ちを漢字辞典で調べるのが好きでした。

私は親に与えてもらった自分の名前を

ことのほか大切に思い

私なりの解釈ではありますが、

生きる意味での指針にしています。

名前というのは不思議なものだと感じていますので

思うだけではなくて、自分はもちろんですが

周りの方の名前は大切に思っています。

今夜は、大切に思う人の名前を胸に

健康と無事を祈りつつやすむことに致しましょう…。

そして明日のありがとうの言葉も大切に致します。

4月8日(金)

エマでは、知る人ぞ知る『亮平パン』

なるものがあるのですが、

以前からお客様に大変ご好評を頂いておりました。

名前の通り、亮平くんが作ったパンです。

(亮平くんは私の自転車の師匠でもあります。ハイ)

最近は忙しくなって

注文が入れば作ってもらっていたのですが

彼が不在の時でも同じ味で、ご提供できるようにと

今回、レシピを伝授してもらい一緒に作りました。

今日は、手ごねで一次発酵、二次発酵しながらの

本格的なパン作りです。

今回大きさは不揃いです。

私が作ったとしても『亮平パン』の名前で

ご提供していきますので宜しくお願い致します。

師匠に合格点をもらって

お店に出せるよう、頑張ります(●^o^●)

4月7日(木)

毎度のサイクリング&ハイキングネタですみません。

写真でお楽しみください。

今回は、源氏の滝までサイクリング

そして、源氏の滝から交野山頂上へハイキング

そしてそして、おまけに花見。

興味のある方、コース案内致します!(^v^)

あと、私のサイクリングの師匠が西表島へ旅立つので、

最後にサイクリングの最終実地試験を受けときました。

めでたくクリアで合格です。

師匠にお墨付き、

サイクリスト準2級の資格をいただきました。なんてウソ(●^o^●)

実際サイクリスト検定ってあるんだろうか…。

第二京阪道沿いを東進

↓源氏の滝到着

↓登山口

↓木漏れ日の道を抜けて頂上まであと一歩

↓交野山頂上パノラマ

↓頂上に咲いていた水仙

↓昼食場所確保 ひのき林

↓豆をまめまめしく挽きながらの→マメにハンドドリップしているの図

↓せせらぎの道

↓スタート地点に帰ってきました。新緑の竹

↓大阪緑の百選 砂子水道のサクラ

往復30数キロのライドでした。

4月6日(水)

明日は定休日のためエマはお休みをいただきます。

夕暮れ時、エマのオリブの樹は黄金色に染まります。

今の季(春)

沈む夕陽の、陽の光がお店の前を通るので

植えたオリブが光に照らされ

黄金色に輝いています。

お店の中から

お店の外から

明日もきっと良い日になります…。

4月5日(火)

私(^ー^)今日一日、暇(いとま)をいただきました。

それは髪のCutに行くためなんですが

髪を切りに行くためになぜ一日?なのかというと

エマのメンバーで来週早々、

沖縄西表島に渡って、人生の次なるステージに挑戦する

青年が居るのですが、

「一緒に髪切ってリフレッシュするかっ!」という話になって

マスターの「行って来い。行って来い。自転車で!」の一言で

自転車で出掛けたのでありました。

目的の心斎橋まで片道約14キロ。往復28キロほどの行程で

『リロインベベ』

http://www.liloinveve.com/

というサロンへ向かいました。

こちらのオーナーさんとは

あるイベントでお会いしたのがきっかけなんですが

異業種の方々と多く交流の場を持たれて

ご活躍されている若きヘアーアーティストさんです。

自己紹介して下さりながら

「僕、珈琲大好きなんです!」とおっしゃったお顔が

心底嬉しそうで

あぁこんなに珈琲が好きでたまらないという方に

是非うちの珈琲を味わっていただきたいなぁと

思う気持ちが、私達を

「サロンに行って髪を切ってもらおう!」

という思いにさせました。

今回、わざわざエマのお試しセットを購入して下さり

私達の髪をCutして下さった後に

皆で早速コーヒータイム。

一緒に行ったうちのメンバーが

心をこめてハンドドリップして淹れてくれた珈琲は

サロンの素敵なテラスや空間と相まって

とても美味なるものでした。

オーナー、スタッフの方にも気に入っていただけて

大変嬉しく、良い時間を過ごしてきました。

カメラを入れた鞄を預かってもらっていたので

撮り忘れ…。

サロンの雰囲気をお伝え出来ずに残念です。

帰りはゆっくりボタリング

心斎橋→靭公園

淀屋橋→中之島

天満橋→片町

片町のカフェで一休みして

沈みかける夕日を浴びながら帰途につきました。

自転車は良いっす!

髪もスッキリ若返って良いっす!

LiLo in veve(リロインベベ)さんの

数々のご活躍は是非HPでご覧になって下さいね。

4月5日(水)

受けたこと。

与えられたこと。

助けられたこと。

励まされたこと。

慰められたこと。

癒されたこと。

喜ばせてくれたこと。

笑わせてくれたこと。

愛されたこと。

どんなに小さな事でも、忘れないように

忘れたくない思いで

何度も何度も噛みしめて

味わっています。

そうしたら、私の心にじわーっと幸せがひろがります。

温かい日差しに包まれているような心です。

言わずとも知れたことですが、珈琲豆は農産物です。

従って、豆の品種や産地や農園、精製工程、

その他の諸々の要因によって、その味わいは千差万別です。

また、同一銘柄の豆であったとしても、

焙煎技法や焙煎度合い(煎り止めのタイミング)の違いで

これまた味わいが大きく変わってきます。

これに更にブレンドの組み合わせまで含めると

無限の味わいを創りだせることになります。

そんな中から、自分の好みの味を見出すには…

凝りだせばきりのない旅路となってしまいます。

そこでエマでは、珈琲の味の目安として

以下の4タイプを柱として参照していただいています。

タイプ1 (ライト系)…軽やかさと爽やかな酸味と甘みが特徴の

            お茶感覚で飲めるライトな味わい。

タイプ2 (マイルド系)…口当たり良く、まろやかな中にもしっかりとした

              風味が楽しめるマイルドタイプ。

タイプ3 (ストロング系)…喉ごしのよい苦味と強めのフレーバー、

               そして程良いコクが味わえるタイプ。

タイプ4 (ヘビー系)…重量感のあるコクと甘苦を追求した深煎りタイプ。

この味わいタイプにエマコーヒーの現在のラインナップをあてはめてみますと、

ライト系…あけぼのブレンド

      タンザニア モンデュール農園

マイルド系…お陰さまブレンド、桜ブレンド、

        エチオピア イルガチャフィ、

        メキシコ ニューメキシコ農園、

        ルワンダ マラバ

ストロング系…お天道様ブレンド、

         ブラジル セラード

         インドネシア マンデリン

ヘビー系…お星さまブレンド、

       インドネシア スラヴェシ ママサ

となります。

ご参考までに。

4月3日()

笑間福会員さんに発送いたしました。

マスターセレクト珈琲豆は

・桜ブレンド

(5弁の花びらにあわせて5種の豆をブレンド)

・お天道様ブレンド

・エチオピア イリガチャフィ

の3点です。

今回のおまけのお菓子は、

マスターイチオシのレモンのサーターアンダギーです。

先月は、私のイチオシのいちごアンダギーでしたので

今回は国産黄色レモンの旬という事もあって

レモンを入れて作ってみました。

A cup of  happiness.

by masako

4月2日(土)

3月21日の日記で紹介した

世界一のカリスマフラワーアーティスト、トムくん。

言葉に出すことで絶対に成ると信じるのでいつも皆でこう呼んでいますし、

彼の志を表す肩書きなので、私はとても大切にしています。

そのトムくんが昨日、たまたまオフの日だったので

エマの玄関の植栽をお願いしたところ

快く引き受けてくれました。

植栽を、自分ひとりで行うのは初めてだそうで

エマの玄関スペース(ファサード)をトムくんの初仕事に提供できて幸せです。

思い立ったら大安吉日!(本当に大安)

私のお気に入りの園芸屋さん(堺のロベリア)に車でひとっ飛び。

http://blog.livedoor.jp/fslobelia/

うちの若い衆を引き連れて

お花や鉢の買い付けに行ってきました。

私の好みや意見はいっさいはさまず

全て、トムくんの思いのまま、どーーーーーんと挑戦してもらいました。

帰って来てからは、店の前の駐車場に土を広げて植栽作業。

暗くなってもヘッドライトを付けながら作業は続けられました。

昨夜は写真を撮れなかったので

朝にチェックと撮影をば…

春の生命は生き生きとしています。

トムくん曰く、

これからも、エマのファサードは益々進化していくそうです。

小さなスペースですが

みなさまに彼の心意気と情熱、そして優しさにふれていただくことは

私にとって何よりの幸せです。

http://ameblo.jp/tom-happy-flower/

トムくんの世界一のカリスマアーティストとしての第一歩のスタートです!