BLOG

エマコーヒーの位置するここ門真市元町ですが、
中々の歴史があるそうです。
つい最近までは門真村という地名で呼ばれ、
案外古い文献にもその名の記載が見られるそうです。
その昔は東のお江戸から京を下って守口宿まで、
東海道57次と言われた大幹線ルート、
東と西を繋ぐ大動脈の沿線沿いに位置するのですから、
賑やかしい時代もあったことでしょう。
そして、昔の町並みのサイズそのままに現在に至る。
ので、道が狭く路地が多ござんす、この辺りは^^;

何が言いたいかと云うと、
エマコーヒーの場所が分かりづらいのです。
初めていらっしゃる方の殆どが、
こんな所に本当に喫茶店があるのだろうか?
という不安を抱きつつ道中いらっしゃいます。
中には、結局エマを発見出来ないまま諦めて
帰られる方も、過去大勢いらっしゃいました。
店の前を通ったのに気付かなかったり、
私昔からこの辺に住んでるんやけど今日初めて気付いたわとか、
ここ喫茶店やったんやねぇとか、
こんなことが未だに頻繁にあります^^;
狼煙を上げるとか、バルーン飛ばすとか、パドランプ回すなり、
何にせよもっと目立てよエマさん!というお叱りを受ける次第です。
それでようやく、こんなの作りました。

A看板!!(遅過ぎやろ^^;)

本当はそんな発想は前からありましたが、
何せ道が狭いものですから遠慮しておりました。
取り敢えず暫定的に暫くこの看板を出しておきます。
危険や迷惑が生じるようでしたら引っ込めますが。

この看板を目安にお越しくださいませ(^^)
(ちなみに、この看板が出ている時は、営業中でもあります)

(null)

(null)

(null)

10周年の記念に制作をした
エマのオリジナルTシャツが
なかなか好評です!
すでに30着程が世に出回っております(^^)
老若男女の区別なく気軽に身につけて頂ける
ユニバーサルなデザインであると自負しております(*^_^*)
1着3,000円にて絶賛販売中です。
サイズは、S,M,L,のスリーサイズございます。
数量限定です。
エマのレアなアイテムとして
きっと将来お値打ちが沸騰する!かもね…^^;
是非この機会にお求め下さい。
ご注文は、エマコーヒーまでご連絡下さい(^o^)/
地方発送も承ります。
限定品です。お早めに!

「太陽のroast.
星のmill.
月の雫のdrip.
そうして僕たちに届けられる一杯の笑間珈琲」

(null)

(null)

(null)

(null)

本日10日をもちまして
自家焙煎珈琲笑間(エマコーヒー)も
10周年となりました(*^_^*)
「10」と云う数の意味を噛み締めながら
リスタート!と思う次第です。
これからもよろしくお願い致します。
m(_ _)m m(_ _)m

本日はささやかですが、ご来店の皆様に、
お振る舞いにお菓子をご用意しております。
ママの手作りです。
どうぞお気軽にお立ち寄り下さいませ(^^)

さて、まだまだこれから。
もっともっと良い節を作るのだ!
その節から芽が伸びて行く!!

(先日はとても良いタイミングで蓮根掘りを
体験出来ました!)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

エマコーヒー10周年記念「若狭わっしょいWeek」、
無事終了致しました。
金土日と三日間もお店を空けてしまいました。
知らずにご来店頂いた方には
大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。
この場を借りてお詫び申し上げますm(_ _)m

ようやく昨日夜遅くにママ共々帰宅致しました。
とても思い出深い濃密な時間を過ごすことが出来ました。
ご報告致したいことは山盛りあるのですが、
それは追々に(^^)
先ずは、今回お関わり頂いた全ての心温まる皆様に
心からの感謝を申し上げます。
皆さんのお陰様で、わたくしもママも思い残すことが無くなる程の
仕合わせを味わう事が出来ました。
本当に有難うございました!

m(_ _)m m(_ _)m

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

「鯖街道勝手にお礼参りわっしょいマラソン」だなんて、
急峻な嶺南の峠を越えて、距離にして65キロ。
河内蓮根を奉納する為に走る。
我ながら、アホーな企画だなと感心します^^;

マスターは、たとえ一人になっても走ろうと思います。
意味の有る無しは、そんなものは
あと付けでなんとでもなること。
私が今ここに在ることのその現実感や純真性を
「走る」という行為を通して単に確認したいというだけの事。

走れば、喉も渇く、腹も減る。
靴も磨り減る、身体も軋む。
時は蕩尽され、場も移ろう。
投入するという行為の純心さそのものに
自分を乗せこんで、そして自分を吐き出す。
吐き出すことで新たに宿すものを見つめ味わう。

山の風に震えたり
峠の坂道では激しく息を切らせ
もしかしたら冷たい雨に打たれて
体もカチコチに強張るかもしれない。
笑うこと、泣くこと、傷つくこと、驚くこと、後悔すること、
怒ることだって、こもごもあるかもしれない。
そんなこと全てに自分を素直に純真無垢になって晒してみる。
そこから何かを得るという話ではない。

時折訪れる心の疼きや渇き、
過剰な情緒から離れて、
ただただ在るべき姿でそこに在りたい。

頭は考え過ぎる。
心は過敏に過ぎる。

現代人は、食うこと貪ること考えること等々、
ちっぽけな体に溜め込み過ぎではなかろうか?

所詮、立って半畳寝て一畳。
生身の体の体当たり。
そんな取るに足らぬ「私」であることは、
本当はとても愛おしいこと。

敢えてそこから何か意味を学び取るとするならば、

君が今居ることの奇蹟、
僕が今在ることの奇蹟。

生きることの上手い下手はこの際
問うことなかれ。
人生は、「ただそこに在る」というそれだけで
実は報われているのではなかろうか。

今日も見守ってくれるというあなたが、
ただただ愛おしくありがたい。

(null)

11月に入りました。明後日6日は、
「鯖街道勝手にお礼参りウルトララン」です!
朝の6時に京都出町柳スタート、
大原を抜け、並み居る峠を乗り越えて、
若狭恵比寿様の御座したまう須部神社様まで、
距離にして65キロを走ります。
走るに当たって当初の予定通り、昨日マスター、
河内蓮根を手掘りして参りました。
蓮根掘り初体験!
畑のオーナーさんが掘り放題でいいよと、
気軽に仰ったのでマスターおおいに歓び、
芋掘りするよなイメージで、
掘り尽くしてしまうぜこんにゃろめV(^_^)Vと
勇んで臨んだ蓮根掘りでしたが、
いざ掘り始めて己の身の程知らずを思い知りました。
手強い!恐ろしく手強い力作業でありました(>人<;)
水は抜いてあるとは言え、掘るべき土は、
粘りの超強い粘土質です。
そこに鋤を入れ土をおこすのですが、
勿論、蓮根を傷つけてはならないので、
細心の注意を払いながらの作業です。
先ず、脇芽を見つけてからがまた大変。
蓮根がどちらの方向に伸びているのか当たりをつけながら
さらに掘り深めて行きます。
ようやく蓮根本体に行き着いてからが更に大変。
折らぬよう傷つけぬよう、少しずつ粘土を掻き分けます。
これはもう完全に発掘作業です^_^;
ひと連なりを掘り上げるのに一時間は要しました。
大変な労力が必要な作業です。
でも、掘っているうちに意地になってきて
テンション上がりました!
面白かったです(^^)
またチャレンジしたいものです。
ひと仕事終えて空を見やれば、

夕空晴れて秋風吹く〜

ご奉納用の蓮根は、新芽をつけたものを用意しました。
途中、追はぎに合わないよう、
ご神饌命懸けでお運び致しまする。

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

感無量の1日でした。
もう思い残すことはないって言うくらい。
エマコーヒーでの10年の歩みが
今日の1日で報われました。
実に多くの心ある仲間たちからの祝福に
言い知れぬ仕合わせを感じています。
笑間という空間は、
マスターとママにとっても喜びと感激を生み出す
ミラクルで貴重な場所です。
皆さん今日は本当に有難うございました。

夕空晴れて秋風吹く〜?

今日はお空も涙ぐましいほどの祝福空でした。

(null)

(null)

自家焙煎珈琲笑間(エマコーヒー)は、
今月11月10日で開業10周年となりました。
2005年に産声をあげて以来、
ご地域の皆様をはじめ、
多くの方々にお支えを頂いたおかげ様のこの10年の歩みでした。
先ずは日頃からの皆様の変わらぬご愛顧に心から御礼を申し上げます。
誠にありがとうございます。
これからも笑間は、「笑顔のあふれる時間、空間、仲間たちが集う店」として、
ご地域の小さな灯し火となれますよう尚一層精進して参ります。

さて、つい先日の土曜日の朝のこと。
昼に夕に何かとエマに立ち寄ってくださる超常連のお母さんが、
「あんたとこ週末の朝はいつもお客さんがいっぱいや思て
遠慮してたけど、今日はえらい静かやなぁ」とおっしゃいました。
「いえいえお母さん、いつもこんなもんですよ。
ちなみにお母さんが本日第一号のお客さんです(この時点で既に11時過ぎ)。
モーニングにお客さんが来ない(ゼロ)なんてこと、
ざらにありますよ」とマスター。
「あんたとこパンもコーヒーも美味しいのになぁ。
皆んな味わからんねやわ」。
「いやいや、お母さんありがとう。
でもうちのモーニング少し高いし(500円)、
今は会社も個人も生活を防衛するのに精一杯なとこあるからね。
外食の頻度も減ってるし、
コンビニ行ったら100円でそこそこのコーヒー飲めるし、
しゃあないとこあるわなぁ」などと云いつつ、少し肩を落としてしまいました。
いろいろ考えてはみるのです。
例えばエマのモーニングが半額位で食べられたらどうかとか。
その場合、こちらも商いなのでやはり減価率を考える訳です。
今このデフレの世の中、行くとこに行けば例えば食パンが
一斤80円程度で買えるわけです。
それを半分に切って厚切りトーストとして出す。
そこにこれも廉価なマーガリンを買ってきてそのパンにたっぷり塗って差し上げる。
ついでに10個100円程度の激安卵を茹でて、一個お付けする。
コーヒーだってやり方次第では水のようなお値段で出すことが出来ます。
今の世の中、工業と物流の恩恵を駆使すれば
旨い早い安いは案外お手軽に手に入るものです。
超ファストフードの時代。ありがたい時代ではありますが、
その周辺でやはり深刻な弊害(健康被害等)が生じているのも事実です。
「食」に携わる者として、
今そういう事態に目をつむる人と真摯に向き合う人との二極化が
進んでいる状況を目の当たりにしている次第です。
エマのモーニングで使うパンですが、
これは開店当初から変わらずずっと
知り合いのパン屋さんから仕入れています。
国産小麦で無添加のしっかりカビの食う素朴な丸パンです。
その丸パンを丸々一個半割りしてトーストして、
純正のバターを塗ります(マーガリン=トランス脂肪酸 は断じて使わない!)。
そこに純粋蜂蜜(国産もしくはアルゼンチン産のもの)をおかけします。
卵は、最低でもグレードが中程度のものです。
珈琲は、言わずと知れた自家焙煎です。
クズ豆は仕入れません。全て産地や農園指定のアラビカ種です。
豆はいつも平均して焙煎後一週間以内の鮮度です。
それをご注文を受けてから豆を挽き抽出します。
珈琲に付け合わすミルクは成分無調整の牛乳にしており、
決して植物性油脂という名のプラスチックなミルクは使いません。
おかげでエマのメニューは原価がちと高いのです。
その結果としてのエマの値段設定となっております。
ママもマスターも性格上、納得のいかないものはお出し出来ないのです。
そんなこんなで10周年。今日滅びるのではないかと
いつも怯えながらのエマさんですが^^;
これからも皆様のご支援を何卒よろしくお願い申し上げますm(__)m

(null)

“Trick or Treat ?”とくれば何でしょう?
そうです、ハロウィンです^_^
仮装した子供たちが近所の家々を回って
「なんかエエモン呉れんと怖いことになるで〜」と
脅し回る世にも恐るべき西洋の行事ですね〜^_^;

脅し回るは言い過ぎましたがσ^_^;
日本でも「月見泥棒」なんて言う、
お月見の夜に家の玄関にお菓子を置いといて
子供たちがこっそり盗みに来る、そんな風習がありますなぁ。
洋の東西を問わず、時には戯れ事を世間が一体となって
遊びのうちに受け容れて、笑いと寛容の内に昇華して、
そして子供たちの成長を皆で見守り育んであげる。
地域社会としては、そんなことも案外大事。

ハロウィンは明日が本番。
わが町のこども英語教室 KAWA-ENGLISHさんが
明日のお昼、ハロウィンパレードを企画なさってます。
エマもお菓子を用意して思い思いに仮装した
子供たちを迎え撃ちます。
ナマハゲに扮したマスターが出刃包丁片手に睨みつけ
「わりぃごは いねぇ〜が〜!」と恫喝して
ガチで子供を泣かしてやりてぇ(≧∇≦)、衝動が…

はい、実はエマのマスターこの町の厄介者なんです^_^;

あっ、今日はハロウィンウィークと言うことで、
「カボチャのケーキ」です!

(null)

(null)

今日は、私達の恩師の先生よりのお誘いを受けて
会食のひと時を過ごして参りました。
「大切な人と切り盛りする小さなお店を築こう」と思い立ち、
その思いを形にする為に右往左往していた時期に(エマの黎明期)
ご縁を切り結ぶことの出来たお方であり、
陰に日向にいつも惜しみのない声援をおくって下さる、
私達夫婦にとってかけがえのない存在である、そんなお方。
もうかれこれ10年以上のお付き合いになります。
多忙な方のため滅多にはお会いできないのですが、
年に一度程度お会いしては、密度の濃い時間を共有します。
待ち焦がれて昼日向、出会って語り過ごして気がつけば夕間暮れ。
また次にお会いできますことを楽しみにしております。
今日も心地の良い秋空でした。

(null)

(null)

(null)

(null)

笑間珈琲PV

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

笑間の通販