BLOG

新年明けましておめでとうございます。

さて、エマも昨年11月に10周年を迎えて、
本年は創業11年目となります。
「10」は、帰一の数。
ですので、エマにとって今年は再始動の年であると心得ております。
そんなエマの新年正月は、
なんとテレビ出演から始まるという
幸先の良い幕開けとなりました。
番組は、関テレ(8ch)の人気番組、隣の人間国宝さんで
お馴染みの「よ〜いドン!」です。
今回のレポーターは円広志さん。

申し訳ないことに、これまでマスターは
一度もこの番組を見た事がないのですが、
お客様からは度々言われておりました。
「あんたとこも円(広志)、来たらええのになぁ」と。
振り返れば過去に2回、この番組からのオファーはあったのでした。
ただ、この番組は基本街ブラ番組なので、
最終的に取材に来るかどうかは
その日の成り行き次第ということがあって、
結局その時は、テレビクルーがエマのつい手前まで来ていたのに関わらず
出演には至りませんでした。
で、実は今回も事前に番組ディレクターがエマにやって来て、
もしかしたら来るかもしれませんのでその時はよろしく、
と言われました。
聞けば今回の街ブラエリアは、門真南とのこと。
ですのでマスターはすかさず申し上げました。
ここは門真南から全然遠いし別に無理して来なくてもいいですよ、と。
ですから何の期待も抱かずに普通に営業をしていたのですが、
夕方4時前位でしょうか、テレビカメラを担いだ一群が
何やら店の前をウロウロしているではあ〜りませんか。
なんやややこしいの来やがったな、と心の中で舌打ちするマスターなのでした。
そして、ドアを押し開けのっそりと入ってきたのが
円広志さんでした。
おもむろにカウンター席についての開口一番が、
「おー、落ち着くなぁ」でした。
そんな円さんにマスターの抱いた第一印象は、
「なんや疲れてはるなぁ、オーラないやん」^^;
(スタッフに聞けば前日にライブがあってその疲れが残っていたとのこと。)
そこから円さんとのやり取りが始まり、
なんと約60分、マスターとの絡みが続いたのでした。
そして最後言われました。
「ビデオテープ3本使てもうて、
君しゃべりすぎや!俺もう疲れたは!」。
そっちが一方的に押しかけといてそんなもん知るかいな!、
とは言いませんでしたが^^;
かなり濃度の濃い熱いバトルが繰り広げられたのでした。
最終的にどう編集されるのかはテレビ放映の段にならないと
分かりませんが、
でも、石垣牛の牛スジカレーをしっかりと取り上げて頂き、
番組の本番でもゲストの皆さんにお振る舞い出来たことは
何よりもでした(*^_^*)
ついでにマスターとエマのお客様との共作である
「道頓堀恋唄〜恋さんの唄」というオリジナルソングまでも披露出来たことは
予期せぬ幸運でした(*^_^*)
今回の放送でご地域の方々が面白がって下さり、
マスターの故郷石垣島の牛の関係者が誇りに思ってくれ、
恋唄の作詞をしてくれたゐちらうさんのモチベーションが
ますますアゲアゲになるのならば、
エマとしてもこんな仕合わせはございません。

今回10周年というタイミングでこのようなエポックな出来事が
巡り来たことに、有り難き仕合わせを感じております。

門真の寿(ことほ)ぐ喫茶店エマコーヒー。

今年は申年。
キャッキャキャッキャと軽快に飛び跳ねながら
心楽しくはしゃぎたいと思います。

本年も何卒よろしくお願い致しますm(__)m

門真の寿(ことほ)ぐ喫茶店笑間 店主敬白

(null)

暦はすでに新年を迎えましたが、
昨日は突然に再び敦賀に行く口実が出来たものだから、
お礼参りかたがた、
前々日(30日)の夜からママと二人して出掛けて参りました(^^)
敦賀の友、やっちん宅で友人達と夜を語り明かし、
そして翌朝、清々しい日和の下、
大好きな神社様への御礼参りも済ませて参りました。

この日見上げた空には、
いくつもの祝福の証し雲が浮かんでおりました。
中でも、気比神宮さまの頭上に俄かに立ち現れた雲は
凄かったです。

天空を真っしぐらに翔(か)ける白龍の如し。
旧年から新年へと繋がる天運龍翔の証し。
ありがたき御印。

これはきっと吉兆に違いなし!
と気を良くしたマスターなのでした(^^)

今年が皆様にとって恵みと実りの大きい一年となりますように!

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

2016年。
朝まだきの朝より淀川の堤に立ち、
歳の初日を浴びる。

今年は、完全完璧な日の出。
対の空には白い月。

多幸寿(ことほ)ぐ神のみ声を
しっかり聴きとりました*\(^o^)/*
絶対良い年になることを確信しております。
皆様の健康とご多幸含め、
祈念いたしました(^^)

本年もよろしくお願い致しますm(__)m

笑間珈琲 店主

(null)

(null)

(null)

もうすでに一昨日のこととなりました。
門真の小さな町企画
「エマコーヒーオールスターズ大音楽祭」、
大盛況御礼申し上げますm(__)m
ご出演頂きました皆様、
出店にご協力頂いたお店様、
また二つ返事でお手伝いを引き受けて下さった
お友達の皆さん、
本当にありがとうございました。
そして、成り行き任せの気まぐれマイペースのマスターに
今回も忍耐強くついて来てくれたママにも
心からの感謝を申し上げます。

お天気にも恵まれて
素敵なお客様にも囲まれて、
とても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

この小さな町企画・かどまっちフェスタ、
これからもえっちらおっちらと
気負わずゆる〜く続けて参りますので、
皆様方の末長いご支援をよろしくお願いします(^^)

先ずは御礼までm(__)m

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

明日26日(土)は、
門真の小さな町企画・かどまっちフェスタ第三弾。
「笑間オールスターズ大音楽祭」、いよいよ本番です。
会場の西小路自治会館にて
皆様のお越しをお待ちしております(^^)

☆河内蓮根、京野菜、若狭の新鮮野菜の朝市

☆居酒屋ダイニング ふぅ さんのブース
(おでん、おむすび、揚げ物)

☆エマコーヒーは、
コーヒー等のお飲み物と手作りの蜂蜜ポップコーン、
ドスコイ牡丹餅

☆癒しのコーナーでは、
誠屋(まごころや)さんのワンコインマッサージ
京都ふ和りさんのハーバルボールマッサージ

☆若狭の物産ブースでは、
すぎ田んぼの杉田さんが参戦

☆エマの友好店、敦賀のキトテノワさんの
焼き菓子の特別出店もあります

よろしくお願い致します(^^)

今朝杉田さんから明日の牡丹餅で使う
杉田さんのもち米が届きました。
箱を開けるとなんと、
素敵なクリスマスのプレゼントとメッセージが(*^_^*)

merryChristmas to you and to all!

(null)

(null)

(null)

(null)

本日のミッション無事に終了。
関テレに乗り込み、
「よ〜い、ドン!」の番組内で
石垣牛の牛スジカレーを提供して参りました。

VTRも面白おかしく上手に編集されていましたし、
放送が新年一発目の1/4(月)とあって
スタジオのセットもお正月色満載で、
エマのお店もカレーもとても好意的に
ご紹介頂きました(^^)

皆さん、放送を楽しみにしていて下さいね〜^o^

一仕事終えて、遅遅のお夜食。
力が湧くぜい*\(^o^)/*

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

音楽での自己表現に明け暮れ始めて
振り返れば40年を超えたでしょうか。
最初は単に自分の楽しみごととして始まった音楽でした。
テレビからラジオから、はたまた親父の鼻唄から、
身近な所で耳にしたメロディを手にした楽器で
たどたどしくなぞる程度のことでしたが、
必死になって耳コピーしていました。
マスターの場合、小学六年生の時、
近所に住んでた草野球チームの監督さんが
エレキギターでベンチャーズを教えてくれたことを
きっかけに、ますます音楽に没頭することとなります。
そしてその内に、
自分が楽しむだけの音楽から
人を楽しませる為の音楽へと、
音楽には方向性があることに気付き始めました。
勿論、音楽に限らず珈琲道含めて、
この世の凡ゆる事柄は常に
「対人(たいひと)と「対自分」と云う双方向の中で
いかに心地良いバランスを取れるようになるか、
そこに極意があるように思われます。

プレイヤー(演者)の醍醐味は、オーディエンス(聞き手)との
一体感に尽きます。
情感の共有。
マスターは思うのですが、
「私の楽しみごとに他人を如何に惹き込めるか」、
もしくは、
「己の自己陶酔に如何にして他人を巻き込むか」、
そこの勘所が肝(きも)であると。
ただ、それはとてつもなく難しいこと。
その為には、その巻き込む相手を
最大限に思いやり気づかい
相手の立場に立ち切ることが必須となるし、
同時に常に自分のスキルに磨きをかけ、
そのスキルを保ち続けないといけないし、
何よりも自分がいつも楽しめてないといけない。

届け手と聞き手の双方が楽しめる場を如何に創り得るのか。

それがエンターテイメントとしての音楽。
そして、そんな偉そうなことを言い放つ
マスターの演奏スタイルは、「成り行き」です^^;
練習する時間が取れないからでもあるのですが、
この頃はいつもぶっつけ本番。
なので、かなり自分なり度合いが高い^^;

でも、このスタイルの醍醐味は、
いい感じに崩し技をキメる、ことでしょうか^^;
一番大切なことは、
その曲の核のところで見え隠れするメッセージ(コンセプト)を
ええ感じで伝えられるかどうか。
もっと自分に腕(スキル)があればとは、しばしば思いますが、
下手は下手なりに味わいという部分で
説得力を持たせ得るのも音楽。
音楽とは、フトコロ深きありがたきものです。
南〜無〜m(_ _)m

この後も音楽との旅路は末長く続くことでしょう。
より良質の音楽を創り上げる為には、
私の美意識を常にブラッシュアップし続けること。
故に、表現者は究極、愛の人に成りなさいと、
殊勝なことを思うマスターです(^^)

さて、本年最後のイベントは、
「笑間オールスターズ大音楽祭」です。
今年の春に開催した、
門真の小さな町企画・かどまっちフェスタの
第三弾として取り行います。
西小路自治会館を会場に、
エマと所縁のある音楽愛好家の皆さんに多数ご出演頂きます。

コーヒーや焼き菓子、おにぎりやおでん等の
飲食コーナーや
若狭の物産コーナー、
リラクゼーションマッサージのブース、
お野菜(若狭の野菜、京野菜、河内蓮根)の朝市コーナーも
あります。

日時は、12/26(土) 10時〜16時。
入場は無料。
ただし、音楽ライブは投げ銭制とさせて頂きます。
出演者の皆さんは手弁当での参加です。
お帰りの際にお気持ちだけ(お花代)応援して頂ければ
嬉しゅうございますm(_ _)m

門真のゆるキャラアイドル、蓮ちゃんも応援に駆けつけてくれます!
皆様のご参加を心待ちにしております*\(^o^)/*

☆☆☆特報!☆☆☆
エマがテレビで紹介されます。
関テレの名物番組「よ〜いドン!」です。
レポーターは、円広志さん。
放送は、新春初っ端の 1/4(月) です。
こちらもお楽しみに〜(*^◯^*)

(null)

(null)

昨晩こさえた牡丹餅。
手作り餡子があるので
うちのブールパンに
バターと一緒に乗せてみました。
なんと相性の良いこと!

今日のモーニングは
あずきトーストが出来ます(^^)

(null)

(null)

12/26のかどまっちフェスタ第三弾の時に
手作りの牡丹餅を出そうと、
只今試作中です。
もち米は杉田んぼの杉田米。
小豆は北海道産のものを
ママが煮炊いて仕上げた手作りの餡子。

試食しましたが、
とてつもなく美味しい!
明日、お早い方順でご試食して頂けますが、
もちろん数には限りがございます^^;

(null)

「人とは何ぞや?」

深遠なるこの命題に
真剣に向き合い取り組む者の
わたくしも一人であります。

確かに、この世の中には
「覚者」なる人が居て、
人の在り方や
生き方や
その存在の証明を
理路整然と語り、著し、
泰然と生きておられる方が
いらっしゃることでしょう。

世に言う四大聖人をはじめ、
きっといつの世にもそんな
人生の謎解きのスペシャリストが
それぞれのエリアにあって
人々を導いていることでしょう。

それにしても世の中は、
今日もかくも混乱の極みにあります。
わたくし個人の生き様におきましても、
心は移ろい、戸惑い、
傷つき、乱心もし、
抑制の効かぬまま
ふらふらと…
判断を誤り…
悲嘆に暮れて…
行く道定まらず…

こんなわたくし自身の混沌の責任の所在は一体何処に?
私を育てた親?
生まれ落ちた境遇?
これまでの出会いが悪かったか?
世の中の仕組みが私に合わないのか?

やはり人生には導師が必要であると、
マスターも認めます。

素晴らしい善なる導師は、
いつの時代にもどこのエリアにおいても
必ず居るものと私も信じております。

だがしかし、
真理を語り示し得る覚者は常に身近にあっても、
人類の歴史は今尚、危機的状況に瀕しており、
残念ながらこの現状は変わらないままです。
いつの時代も世は常に末世。

この世のあらゆる聖典を読み耽り、
覚者にその指導を賜ろうと、
結局私の血肉までには至らず、
いまだこの混迷からは抜け出せてはいない。
それが私に付き纏うもどかしくも生々しい
現実であります。
(ヒトハ コトバドオリニハ イキラレナイ)

マスターにもかつて、
血を流すような思いで真理を求めた若き日がありました。
それは「仕合わせになりたい」というただの一心。
それはきっと今も昔も変わらぬ人としての核なる純なる思い。

さてさて、「仕合わせ」さん。
山の彼方(あなた)に住まうという
雲と空の上の方
月と星の陰のところ
夕日からこぼれる耳掻き一杯分の雫の中。

けれどもわたくしは今、
目の前の君に捧げるべきものを探そ。

たとえ明日、世界が滅びようとも
僕は今日、あなたのために渾身の珈琲を一杯、
献上致します。

そして珈琲をすすりながら
人生最大の賭けを
君と神の前に宣誓しておかないといけない。

死してあと、再び君に巡り会えるや否や?
ー「必ず会える」に正札一枚!
愛のあるところ、生命は永遠に宿る。

僕はいつもどんな時も
君のそばに居るよ。

(ママのお誕生日に寄せて)