3 / 12112345...102030...最後 »

BLOG

時雨れる関空を飛び立って、

島に降り立てばそこは南国、すでに夏の日差し。

気温は、26度。暑い(^^;;

無事に到着致しました。

先ずは、実家のある真栄里村にて荷ほどきからさぁ~。

◎エマコーヒーは、

2/19?22(金)までお休みです。

「マスターはコーヒーの抽出の最中って、何を考えているのですか?」。

以前そう尋ねられて、一呼吸置いて、『重力。』と答えました。

当然、質問者は目を丸くしておりましたが。

これまで人に語ったことはほとんどありませんが、マスターの珈琲は、「重力珈琲」と自称しております。

この話をしだすと現代の理論物理学において存在界を律する4つの物理的力にまで言及せねばならず、長丁場となること必至なので、またいずれということにしておきます^^;

結論だけを申せば、

「珈琲で凡ゆるを統べる」

というのがテーマとなります。

それは、時間が空間と同じようなふるまいをする虚時間の段階にまで踏み込まねばならない概念。えらいこっちゃ>_<

マスターは実は、「孤高の哲学する焙煎士」でもあったのであった。(もちろん、なんちゃって、ですけど^^;)

ややこしい哲理は頭の中だけにしておいて、

今日も美味しいこの一杯のしあわせに感謝!

今日はいよいよ念願であった可動式テーブル導入の為の脚取り替え工事の日。

今回の設計施工には、北田鉄工所の北田さんをご指名させていただきました。

実は、北田氏はマスターの高校時の同窓生^_^

本当は機械造りが専門の町工場のおやっさんですが、鉄も器用に扱うので今回は無理を言ってエマ仕様のアイアンレッグを特別にあつらえてもらいました。

朝から手際良く作業をこなしてくれて、昼には完成!

これからはいろんなシチュエーションに合わせてテーブルセッティングが可能となります。

嬉しい!

北田君、ありがとう(^^)

マスターはいいお友だちに恵まれてしあわせだ(*^^*)

ちなみに、来たる4月は北田はじめ写真展を再びエマで開催致します。

こちらもお楽しみに!

4/28(日)には北田君のウクレレライブショーもやりますよ!

乞うご期待^_^

お陰様で今季のバレンタインギフト

「小さな愛セット」、

完売いたしました。

ありがとうございました(^^)

今日はお弁当を作る、もちろんママが。

会議に会社の重鎮6名(皆さんご年配らしい)が来阪することになり、

何か気の利いたお弁当を作って欲しいと、

懇意にしている後輩より立っての頼みを受けて、

お休み返上で頑張りました、ママが。

一個余分にこさえてくれたのは、もちろんマスターの分。ヒャッホイ\(^o^)/

しかし、お弁当の熨斗まで手書きで準備するのは流石。

おもてなしの心にぬかりなしやね、ママ。

エライ!

今年は晴れ間がやけに多いと、昨日もお客様と話しておりましたが、

今日は、雨の水曜日。

♪あぁ~水色の雨~♪

なんてつい口ずさんでしまうのは、間違いなく昭和世代^^;

ピッチも良く透明感のある伸びやかな歌声の歌手でした、八神純子(^^)

バレンタインを前に失恋の歌を連想してしまうのもなんですが…(^^;;

さて、本日は、

『ゴロゴロチョコケーキ』

その名の通り、生地にブロックチョコがゴロゴロ入ってますので、掘り出しながらガツガツと

~くずれてしまえ あとかたもなく流されてゆく愛のかたち~

さながらに食べ尽くして下さいませ(^^)

昨日今日と外は春の陽気でした。

立春大吉、昨日午前中お使いの道すがら空を見上げると

のたり白龍さながらの白い帯雲がたゆとう。

溌溂颯爽

捲土重来

身命胎動

本年も立春を越えました。

春の陽気を帆に溜めて

一気呵成に船出と行きたいものです。

 

今日5日は旧暦元日。

皆さま新春を健やかにお過ごしくださいませ。

うちの恵方巻きは、今年もママの手作りだ。

しかも今年は、石垣牛の焼き肉を巻いた高級恵方巻きなのだ^_^

美味すぎて、かじった瞬間に「うんめぇ?!」って叫んでしまって、恵方巻きの願掛け失敗やん^_^;

恵方巻き商戦参戦したったらよかったねぇ(^^)

大きな取り引きが入って、

この二日間でコーヒー豆を50キロほど焙煎しておりました。

愛用の焙煎機は1キロ釜なので、約50回焙煎したことになります。

コーヒー豆と合わせてマスターもいい感じに燻されて

香り高いエエおのこになってます^^;

この嬉しい悲鳴が最初で最後になりませんよう。

業務用コーヒー豆のご用命も笑間珈琲にお任せ下さい(^^)

今日は、川を渡って東三国の珈琲焙煎研究所さんへ。

ほとんど馴染みのないエリアですが、

道幅もゆったりとした落ち着いた町並みで、

なかなか好立地な印象を受けました。

研究所というだけあって、店主の珈琲に向かう真摯な姿勢が見て取れて、

勿論珈琲も味わい深く頂きました。

 

淀川区東三国1丁目32-2

珈琲焙煎研究所

 

エマからだと自転車で小一時間くらいでした。

3 / 12112345...102030...最後 »