3 / 12012345...102030...最後 »

BLOG

「二十歳の頃の僕自身へ」

人の心に住まう三つの働きは、知・情・意です。

知は真理を探究し、情は美に浸るを求め、意は善を実現したがるものです。

すなわち知・情・意には、

それぞれ真・美・善の価値追求が呼応します。

けれど人の心の奥深くには、更にたゆたう情動があります。実はそれがとても重要で、それを愛と呼ぶのです。

その愛は、為に生きようとする情動であり、

喜びを共に分かとうと希求する抑え難い情的衝動です。

それは限りなく自己という観念の希薄なところでもあります。

その情動の根源にこそ神性や仏性を見い出せるとも言えましょう。

そんな愛の情動に基づいて、真理を知的に探究すればそこには真の科学と哲学が立ち上がることでしょう。

深い愛に根ざした美の刺激を情的に表現し得るなら、それこそが至高の芸術となって、人は多幸に酔いしれることでしょう。

真の愛を擁する正義公正に基づきそれを意的に振る舞うならば、

そこに人としての本当の生きる規範が示されます。

それこそが真の倫理道徳であり、政治も経済も技術も本来はそんな人の道に則って運用されるべき社会制度であり資産であるべきです。

知情意の働きが愛の情動を基盤に発動されてこそ、

世の中は正しい方向へと舵を切れるのです。

若い皆さんにとって以上のお話はとても古典的かもしれませんが、しかし私自身は普遍的な理解であると認識しております。

これからは若い皆さんの愛の感性でより豊かな世の中を目指して下さい。

結局、私の心情と考え方と生活を一致させること。

その方向へとブレなく生きる努力をたゆみなく積み上げること。

世の中を皆さんと共に思いと言葉と暮らしや態度で明るく照らして参りましょう。

…などと、大人はとかく結論めいたことを語りたがるが、

憶えておくべきことは、

「すべての瞬間が結論であり始まりである」ということであって、

決して結論の押し付けになってはいけない。

「結論は始まり」と言う、

無限の演繹を愉しむのだ。

マスター、近影。

臨時休業のワケは眼の手術なのでした。

無事に終わりました。

経過良好です(^^)

明日退院です。

きっと明日からは太陽のように視界良好!

時代は進んでも世の中は相変わらずけたたましい。

腹を探りあったり、嘘を並べ立てたり、儲け話に暇もなく、

本当と本気と誠意のある、人の営みはいずこにあるのやら。

僕はもう、ふるさとの海の底で貝と睨めっこするか、

森の深くに分け入って八咫烏に弟子入りするか。

おいらが願うのはただ、

美しいものを創造し味わう情的な活動に根ざした静かな暮らし。

さて、森へ海へ帰ろかな。

https://www.facebook.com/100002421924877/posts/2061316540625723/

平成30年 1/7 おやすみエマラジオ今日のおやすみソングは、#この一杯のしあわせ

エマコーヒーさんの投稿 2018年1月7日日曜日

新年最初の日曜日。

お正月最後の休日。

明日はいよいよ初出社という方も大勢いらっしゃることでしょう。さっき「それを言わないで>_<」と言われました^^;

「いえいえ、そろそろ日本の経済を回して下さいな、現役バリバリ世代さん。

あなたの力は明るい未来!」

とは言え、お正月休み最後の貴重な一日。

皆さま、良き一日をお過ごしくださいませ(^^)

 

追伸

エマの抹茶小豆ケーキは、あなたの疲れた脳と体を回生させ明日への英気を養います。

ただし、お正月の食い疲れ、人疲れ、生活の乱れにはあまり効果はありません。

「明日への活力この一杯」

by笑間珈琲

2018年1月元旦おやすみエマラジオ

エマコーヒーさんの投稿 2018年1月1日月曜日

冬枯れの霜降る土踏みて天照らす日出づる東の美し国の初日浴び謹賀言祝ぐ元日の朝のありがたみ。

日の国の神は日をもって申し示したもう、なさしめたもう。

君は君がなるところのものとなれ。

我は我がなるところのものとなる。

君も我も等しく瑞穂の国の美し人々。

平成30年も幕を降ろそうとしております。

今日お客様が、「マスターのとこ(エマのこと)、今日で開業4799日目ですよ」と教えてくれました。

なんでも「あと何日」とか言うアプリがあってそれを使うといろんな日数が一発で計算出来るんだとか。

と言うことは、明日新年元日でキリ良くエマ開業4800日!

「数字は意味を伴って訪れる」と言うのがマスターの信念。

「4800」は、4+8+00=12

12は、1+2=3

すなわち、3数に帰着する。

3は、3点が定まると円が描けるし、立体が立ち上がる。

なので、存在の安定数となる。

そして迎える平成31年は、

3+1=4

4数の年回り。

4は東西南北、360度全方向への舵を定め得る基数。

即ち、善なる発展繁栄の根本基台数だ。

家族にあっては、目標を中心に夫と妻と子供らの3点が合致し4数基台が整えば無限の発展と繁栄へと踏み出せる、

と言うのがマスター的解釈。

なので、今まで以上に安定した足場が整い、驚くべき発展的展開の待つ年になるのではないのか。

オーマイガー(≧∀≦)!

やったぜママ!

そんなことで相変わらずのノー天気ぶりを発揮しながら

新年に向けてほくそ笑んでいるマスターなのであった^^;

今年もお世話になりました(^_^)

皆さま良いお年をお迎えくださいませ!

 

P.S.本日は大晦日特別深夜営業致します。

夜22時より翌2時まで開けております。

尚、新年は、1月4日(金)からの営業となります。

冬至から早も七日を過ぎて、

あと三つ寝やればお正月。

街のガスもようやく垂れ流しが止み、

空が久しぶりに美味い空気を吸ってやがるぜ。

日の本の国の男の子(おのこ)の端くれとして、

マスターもまた東奔西走しつつ新年の準備に勤しむのであった。ガンバレ。

取り敢えず今日の大事は冬野菜の確保だ。

マスターの祖父さんが開拓して今や三代目の兄さん(従兄弟)が跡を引き継ぐ畑に、

選りすぐりの野菜を頂きに参上。

この畑には、昭和50年代からのうちらの一族の歴史が刻まれているのだ。

何か深刻な問題事には、「祖父さんの畑で話そ」と、

今のうちらの世代には失われた血族の喧々諤々(けんけんがくがく)の遣り取りの歴史がその土には染み込んでいるのだ。

その主らも今や鬼籍の人々。

だからこそここの野菜は、

マスターにとって特別に滋味深い。

日暮の地平は見事な金色(こんじき)。

冥土の穴が覗いているかのような空の境は深い漆黒。

この地には過去も未来も

此岸も彼岸も全てあるよな

野菜引く。

(これはあくまでも夢の中での話なので、呉々も過剰には反応なさらないようお願い申し上げます^^;)

今日のような清々しいお天気の気持ちの良い芝生の広場で何人かとぼんやりと集っておりましたところに、

ふらっと英五さんがやって来たのでした。

でもどうやら英五さんのことが見えてるのは、マスターだけのようでした。

英五さんは相変わらずの大柄で厚手のセーターを着込み、お顔はとても穏やかで笑みを浮かべていらっしゃいました。

「どーも、どーも」という挨拶を交わした後、マスターが何故か放った言葉が、

「ご家族の人間関係が大変みたいですね」ということでした(それが本当かどうかはマスターにはわからない)。

それに対して、英五さんが相変わらず穏やかなお顔でおっしゃるには、

「人はなぁ、愛して赦せるようになる訓練せなあかんからな、俺も手出しがでけへんねん。

でもな、俺がついてるから大丈夫やねん」と応えられたのでした。

そして、「今日はここでゆっくりしていくわ」としばらく寛いでから「またな」と行かれました。

今朝はそんな夢で目覚めたマスターでした。

何ゆえこんな夢を見たのか、さっぱり意味はつかめませんが、

でもお元気そうな英五さんと触れ合えてラッキーでした(^^)

今日もいい日だ!

 

3 / 12012345...102030...最後 »