3 / 10712345...102030...最後 »

BLOG

湿り雲や雨の続く蒸し暑い季節、梅雨^^;
暑気と本格的に闘う季節の到来ですね。
暑さ寒さも、先ずは体の慣らし運転が肝心です。
日頃から軽く汗ばむ程度の運動をしておくと
熱中症対策に効果大だそうです。
体がジメジメすると心もウツウツとしがち。
それが慢性化するとしまいにはどこかにマブイを落っことしてしまいます。
「マブイ」、沖縄の方言で「魂」。
大切な一人一人の魂が迷わないように、
ママがおまじないを教えてくれました。

(ママ曰く)
「マブイグミ(魂込み)
⇒落ちたマブイを戻すこと。

沖縄では驚いた時、ショックを受けた時、マブイを落としてしまうと言われます。

まぶやーまぶやーうーてぃくーよー
ばーのまぶやーうーてぃくーよー

和訳すると、

魂よ魂よ戻っておいで
私の魂戻っておいで

落ちた迷子のマブイは
寂しくひもじい思いをしていると言われます。
戻ったマブイをそっと掌ですくい込みそのまま胸に掌を当てさすります。
そうして
マブイが戻って来たならば、
七つの小さなおむすびと魚汁。
これをマブイに食べてもらって
元気になってもらいます。

元気になって私の身体から離れないでちょうだいね。

おまじない(言葉がけ)と
手当て(いつくしみ)と
あったかい食事(栄養)で
ばーのまぶやーちゃーがんじゅー
(私の魂ちょー元気)!」
(ここまでママの言)

心のこもったおむすび七つ。
ここが肝(きも)。
おむすびは本来「結び」。
お米を両の手に包み込み印を結ぶが如く、お米に心をこめる母の聖業。
むすびは、産霊(むすび)、産巣日(むすび)とも書くように、
魂(タマシヒ)の「ひ」であり、太陽の日(ひ)のことです。

この七つのお結びは、順番に、
天、地、人、愛、知、情、意、
を表します。
「天のみ意(こころ)を
地に結び得るのは、
ただ人のみ。
其れは愛を基(もとい)に成るもの。
知を持ち、情を持ち、意を持って、
凡ゆるを限りなく愛し得るマブイを養う」、とは八重山賢者の言葉。
なので、この七つのお結びを召すとマブイ(魂)が喜ぶのですね〜(^^)

マブイを落とし気味の季節ですが、
母のおむすびで魂復活です!
お母様方、お試しアレ(^^)

◯水無月六月の笑間
いよいよ梅雨入り。
田んぼに水を張る「水の月」転じて
「水無月」と呼ばれるようになったようです。
高温多湿のこの時期は食中毒にも要注意!皆様呉々もご自愛くださいませ。

◯六月の歳時記
衣替え、父の日の贈り物選び、
紫外線対策、梅狩り、梅干しの漬け込み、梅酒の仕込み、
蛍、ジューンブライド、
アジサイ、クチナシ、百合、さわら、アジ、カツオ、さくらんぼ、

★6/9(金)音楽と癒しのイベント
『地球のカケラ』
世界を舞台に活躍するアーティストSHIBATEN(シバテン)。
私たちの大切な仲間の一人。
人は誰しもが一言では語り尽くせぬ存在。
それを前提に彼を紹介しますが、
無一文で日本と世界を放浪し、
行く先々を 出会いに導かれるままに過ごし、
いつしか世界最古の管楽器ディジュリドゥを手にし、
それを武器にストリートパフォーマーの頂点を極め、
その魂のバイブレーションを発信し続けながら国境なき音楽活動を続ける求道者。
彼は言う「心なきところ音楽はなし 魂を奏で音楽となす」、と。

私たちも大好きなSHIBATEN が、この度初めてとなる自主企画イベントを打つという。
タイトルは、「地球のカケラ」。
なんとも彼らしい。
日時は、6月9日(金)。それは来る満月の時。
そして彼から僕にメッセージが届く。
「このイベントに、マスターに是非歌いに来て欲しいんです!」、と。

オーケー、シバ!俺は必ず行くよ!

場所は、霊峰白山の山麓。
古(いにしえ)よりそこは白き神々の座として崇敬されるいやしろの地。
そこで開催される音楽と癒しのイベントです。

マスターとママも出演者として参加します。
「地球のカケラ」応援してます(^o^)(^o^)/
マスター、いよいよ石川デビューだ!
会場:パーク獅子吼ふれあい館
(石川県白山市八幡町リ110番地)
時間:10時〜16時半(出入り自由)
料金:1日フリーパス2,000円/子供無料(当日会場にてのお支払い)

★6/17(土)若狭梅収穫祭
若狭梅美林保全活動も今年で3年目となりました。
大久保のおじいちゃんが四半世紀に渡り完全無農薬で育て続けた梅美林。
この一粒の貴重な恵みに授かる喜びを今年も噛み締めながら、
収穫に臨みたいと思います。
梅狩りの後はピザ釜料理にお飲物、そして音楽ライブを楽しみます。

ちなみに出演者は、shibaten、谷和彦さん、山本邦さん、

ginjou、キャプテンOG、マスター、ママ他、

豪華一級メンバーです(^^)
門真から若狭まで、送迎車をご用意しております。
費用は、交通費、食費(お昼)、ライブチャージ込みで
お一人5,000円(小学生までのお子様は2,500円)です。
現場まで自力で来られる方は、2,500円(小学生までのお子様は1,500円)です。
梅狩りは別途、キロ当たり800円頂きます。
お車の席に限りがありますので、
エマまでご予約をお願い致します。

当日は京阪西三荘駅前に7時半に集合します。

★6/25(日)エマリン
今月は、「スイーツサイクリング@宇治」と洒落込みます(*^^*)
コース は、エマ〜枚方市〜御幸橋〜宇治市(昼食)〜流れ橋〜八幡市〜山田池〜門真市。
距離 にして約65kmのライドです。
今月は梅雨空高温多湿が予想されますので体に負担がかからないフラットなコースを考えました。
集合出発はいつものようにエマに9時です。
尚、エマでモーニングをご希望の方はご予約下さいませ。
雨天の場合は中止となります。

 

新緑皐月の五月が始まりました。
早苗(さなえ)を植える早苗月(さなえづき)、転じて皐月なのだとか。
昔から5月は田植えをする月なのですね。
そう言えばある人が面白い事を言うておりました。
GWに家族や仲間が集って田植えの手伝いをするというのをちょくちょく耳にする。
そうか、ゴールデンウィークとは、「黄金(こがね)」の稲を育てる為の「週間」なんや。こりゃ海外行ってる場合じゃない!、と。
なるほどなるほど。
秋の日の金色(こんじき)に染まる田園風景を眺めているとなんだかとても落ち着きます。
心に刻まれた悠久の歴史の記憶を無意識のうちに辿っているからなのでしょうか。私たち日本人は元来農耕民族ですものね。
エマでは今年も猫の額ほどですが日本の原風景を護るため、田植えを致します(*^^*)
★5/4(水) エマ田んぼ田植え
若狭の盟友杉田さんのご厚意で今年も杉田んぼの一部をお借りして
田植えを行います。
広さは3畝(約90坪)程ですが、そこは山からの湧き水が溢れる所です。
山の清浄な水により育つエマの手植え苗。
でっかいタニシを踏んづけたり、アメンボやオタマジャクシの
行く手を遮ったり、たまにヒルに喰われたり(^^;
泥田に裸足の感触はどこか懐かしい心地が致します。
さてどのくらいの収量になるのかは
完全自然栽培(ほったらかし)農法なので成り行き任せです。
皆さん一緒に田植えをしませんか?
お手伝いをいただいた方には秋の稔りのお裾分け致します。

当日4日は仲間たちと手作りしたエマオリジナルのピザ釜に火を入れて
美味しいピザ釜料理も頂きます(^o^)
もちろんエマコーヒーとママ特製のおはぎ付き。
参加費ですが、お食事代として大人お一人2000円頂きます。
小学生までのお子様は一人1000円です。
朝の9時を目処に杉田さんの作業場に集合します。
参加ご希望の方はご連絡くださいませ。

★5/10(水) ありがとうの日
エマのお客様感謝デーです。
ご来店の皆様に少しばかりのお菓子をお振る舞い致します。
また珈琲豆を10%オフにて販売致します。

★5/21(日) 381BAL
当時高校生だったマスターと友人の谷和彦が始めたバンド「サバイバルランド」のリスタートライブです。
実に32年ぶりの復活単独ライブを開催致します。

場所は、心斎橋 afu-会ふ-(大阪市中央区西心斎橋1-8-9 商都ビル屋上)
昼の部 12:00-15:00
夜の部 17:00-20:00
※チケット前売り制 2500円(1ドリンク付)
チケットご希望の方はエマまでお問い合わせください。
(→お陰様で完売御礼となりましたm(._.)m)

★5/28(日) 門真とおめがねバルフェス
5月中、ゆるーく開催されているご地域を盛り上げる為のイベント
「とおめがねバル」。
テーマは、「とおめがねで発見!かどまの引力」。
ゆるいだけで終わるのも何なので、最終日曜日に参加店舗有志で
勝手にフェスをやってお開きにしましょうと急きょ企画致しました。

当日は、古川橋のランドリーカフェさんを会場に
若狭や製麺所さんと笑間とのコラボメニュー(牛スジ沖縄そばカレー)他、木村酒販さんによるお酒の販売、花のパリッ子さんによる生け花教室、
ネイルケア(自爪のお手入れ)等、盛りだくさん。
「CHIKU餃子」ちくちゃんの餃子屋さんも緊急参戦。

お昼からはライブがあります。
マスターも新ユニットで歌います

我が家の物干し場は、時折港町になります。
窓を開ければ磯の香りが鼻を突き、
路地裏の野良猫がチラリと上目に伺ったりしております(^^;
この度も鳴門の渦潮夫婦様より新物を頂きました。
ワカメです。
しかし今回のは鳴門の物ではなく、鳥取産です。
キス狙いの投げ竿の返す針に掛かる昆布が、悲しくも大量だったそうで、
それをわざわざ、エマさんだったら喜んでくれるかもと、
持ち帰り届けて下さいました。
もちろんエマは、おおよろコンブです(ワカメやけど^^;)。
早速に水で砂を洗って、塩水に一晩あてて、今干しております。
自然の旬の幸。なんとも磁味深い逸品!

もちろん、釣ったばかりのキスも頂きました(^o^)
ついでに春の山菜こしあぶらまで付いて!
春の磁味を心行くまで満喫しました。

かずさん、せっちゃん、仲良し渦潮夫妻に感謝を(^3^)/

 

sdr

sdr

bmd

今日はこれから天気はかなり荒れるとの予報。
春の嵐になるかな。
確かに雲行きは怪しい^^;
こんな日は部屋内で成り行きを見守るに限ります。

写真は白花小豆の餡子。
京都土産に頂いた白小豆をママがコトコト鍋で煮て
餡子に仕立てました。
とても上品で奥床しい甘みの逸品となりました。
トーストに乗せたりアイスクリームに添えたり、
何にでもいけそうです。
個人的にはお餅と合わせたいところですが、
誰がお餅準備するのん?とのお言葉が横目に飛んできそうです^^;

春は甘味。
お部屋でお茶うけ。
マスターもまったり春時間の大あくび。

ちなみに本日のエマケーキは、
「イチゴのクランブルタルト」。
こちらも春の絶品!

新しい一週間が始まりました。
世間様におかれましては、学校や職場での顔ぶれもあらたまり
気も引き締まる中での始まりではないでしょうか。
お気楽稼業のマスターでさえ、なんだかソワソワと
春の始業に思いを馳せております^^;

昨日の日曜日は、閉店後にママとお散歩を楽しみました。
もうそこかしこで桜が満開でした(*^^*)
曇り空夕間暮れのお花見でしたが、今年も桜が楽しめました。

京阪百貨店守口店の6階美術画廊では堂山の文化人・村岡好弼先生の
「水彩画スケッチ展」が開催中ですので、そこへも立ち寄りました。
画廊の壁に収まる先生の作品は、どれも堂々たる風格が備わっておりました。
今週の水曜日までの個展です。

そのあとせっかくなので階下の雑貨コーナーも覗きました。
写真は、思わず目がバチっと会ったデミタスカップ。
連れて帰りました(^^)
お家で一服しましょと御座候(名物回転焼き)も買って帰りました。

帰り道はすっかり夜桜。
雲間からは時折お月様。
二人きり鼻歌まじり。
今日も仕合わせな帰り道だとさ。

本日10日は、エマのお客様感謝デー「ありがとうの日」です。
ママ謹製のゴマ入りサーターアンダギーをお振る舞いしております。
今日のケーキは、「紅芋ケーキ」です( ^ω^ )

今日の休日は、杉田さんのいる若狭へ!
農繁期に突入した杉田さんの援農に
ママと二人で駆け付けました!
援農とは言うものの大した事は出来ませんが、
ママが腕をふるった春野菜たっぷりの具沢山味噌汁と
マスター渾身の笑間珈琲とで勘弁して下さいf^_^;

いやぁ、実に楽しかったです!
畑仕事も食事もおしゃべりも。
これぞ最高のリフレッシュ!

次は皆さんもご一緒しませんか( ^ω^ )

4月2日。
昨日は忘れ得ぬ1日となりました。
先ず、朝から雲一つない穏やかな日和が続き、
陽が沈んでも尚、三日月が霞むことなく微笑んでました(^^)

朝にちらほら咲きであった桜も昼には三分まで一気に花開き、
そんな恵みの中でのさくら祭りでした。
マスターも気分良く演奏をさせていただきました。
お集まり頂きましたご地域の皆様に心より感謝申し上げますm(_ _)m
お手伝いしてくれたわっツンと萌ちゃんにもありがとう!

お祭り撤収後、速やかに帰宅して14時にはお店をオープン!
お宮参りの赤ちゃんを連れたファミリーさん、
八代さんの焼刻画を観に来てくれた人、
常連さん方々、賑々しく盛り上げて頂き感謝でした(^^)

そして昨日のもう一つの重要事項は381BAL会議でした。
すでにリリースしました通り、
来たる5/21(日)は、サンガリア谷さんとマスターのフォークデュオユニット
サバイバルランドのLIVE & BAR 「381BAL」が開催されます。
このイベントの関係者各位にお集まりを頂きました。
盛り立てて下さるみんなの熱意と愛にマスターは、感激一入でありますT^T
これは余談になりますが、昨日の会議の顔ぶれを見て恥ずかしながらはじめて
381BALフライヤーにクレジットされていた「i-35」の意味が分かりました。
市岡35期生の慕わしい後輩達。僕は君達の「愛」に感謝するよT^T
数字はいつも意味を引き連れて訪れる。
僕達が君達3人と出会った時、サバイバルランドは始まりました。
それから丁度35年の時を経て、一昨年、
僕達は君達と再び巡り会うことになりました。
ついでに言えば、「381」→3+8+1=12→1+2=3。
君達3人の存在無くしては、この企画はあり得なかったし、
サバイバルの復活も無かったでしょう。
皆さんとの奇跡的なご縁に心から感謝します。
染み染み感謝します。

昨日の一日は、まことに深く貴い心情を味わせて頂きました。
車椅子に座ってにこやかに手拍子を打って下さったおばあちゃん。
心からの賛辞を惜しまず下さったお父さんにお母さん。
私たちの息子娘の如く孝を尽くしてくれたわっツンと萌ちゃん。
ママの腕(かいな)に嬉しそうに抱かれてくれたお宮参りの赤ちゃん。
別れ際にぎゅっとハグをしてくれたまりもにたくと。
僕達を慕ってくれる兄弟姉妹のような友たち。
この上下左右に廻り溢れる豊かな心情世界のことこそを
天国と言うのだ。
慕い慕われるこの園の春を僕達は深く胸に焼きつけました。

神様に心から感謝を申し上げますm(_ _)m

各所随所に桜の名所は数多ありますが、
笑間の近辺だとやはりPanasonic本社敷地内が
ピカイチでしょうか。
創業者である松下翁(おきな)が
とても桜を愛でた人であったようです。
昨日(3/30)の陽気がかなり影響したのでしょうか。
翁の桜もちらりほらりと咲き始まりました(^^)

昨日木曜日は笑間は定休日。
でも4月2日のさくら祭りに向けての
準備に余念無く取り組んでおりました。

4月2日(日)はご地域の自治会連合さん主催の
『第5回さくら祭り』です。

笑間も珈琲をご提供致します。
ご地域のイベントということもありますので
特別に一杯100円にてご提供申し上げます。
中身が薄いわけでもカップを底上げすることもなく、
普通に笑間珈琲をお飲みいただけます^^;

あと、演奏のアトラクションもあります。
昨年は、サンガリア谷さんとマスターの共演を楽しんで頂きました。
今年は、地元堂山の国宝級の文化人である
村岡好弼先生との共演で「昭和歌謡&ポップスショー」を
お送りいたします。

村岡先生は大手住宅メーカーを定年退職後も
得意のサックスホーンを片手にオヤジジャズバンド
Green notesを率いて活躍されました。
また、水彩画家としてもその才能を発揮され
「絵筆の会」と「写ガールの会」と言う絵画サークルを主宰。
この4月6日(木)から12日(水)までは
京阪百貨店守口店6階京阪美術画廊で個展も開催されます。
サックスにしても絵筆にしてもプロ裸足の腕前です。

昨日の昼からは、村岡先生と2日に向けての演奏の練習を
行いました。
村岡先生のアルトサックスとマスターのボーカル&ギターの共演です。
耳馴染みの良い懐かしい曲を盛り沢山に用意していますので、
皆様お誘い合わせの上多数ご来場下さいませ♪( ´▽`)

場所 旧北小学校校庭(門真市泉町4−12)
時間 10時から12時過ぎ
雨天時は、体育館にて開催です。

今年も4月が巡って来ました。
「ぽかぽか陽気の春が来た!」
と言う時の「ぽかぽか」の語感が好きです。
厳しい寒さを越えて来て、
卒業したり転勤になったり、或は夢と別れたり、
そんな悲しみを噛み締めながらも
新しい出会いと始まりに顔を上げて歩き出す時、
春のヌルさとユルさは私の心を励まし温めてくれている気がします。
「ぽかぽか」は、
厳冬に耐えてきた草花が「ぽかっ」、「ぽかっ」と芽吹きながら
優しい笑顔を振りまいてくれているように思えるのです。

喜びも悲しみも三寒四温。
辛い感情もいつかは薄れて、新しく始めるのも悪くは無いと思える時、
心はいつの間にかぽかぽかしているもの。

今年も卯の月、新年度。
笑顔のお花を満開に咲かせて始めましょう。
おっと、もちろん珈琲にもぽかぽか力は満載溢れておりますので、
そこんとこは4649(*?-?*)

そんなわけで、今月のおすすめ珈琲は、
「spring moon」
なんと良い語感だこと(^^)

「ポカポカ陽気はいいけれど、
ぼんやりミスには 要注意!」
(マスター一番心配 by ママ)

◎卯月四月のエマ
白くて愛らしい花を咲かせる空木(うつぎ)=卯の花。
四月はこの卯の花も満開に咲き揃います。
「卯の花月(うのはなづき)」から「卯月(うづき)」だそうです。

○四月の歳時記
お花見、新学期、入学、入社、
お団子、花見弁当、山菜採り、
苗代準備、
花冷え、菜種梅雨、山笑う、
椿、桜、かすみ草、シクラメン、
ウド、タケノコ、キャベツ、
ハマグリ、鰆(さわら)、太刀魚、真鯛、
いちご

◎今月の芸術工房展
「八代大地作品展」
●八代 大地(作家プロフィール)
いつからか関西圏にふらっと現れた焼刻画家。
パイログラフィ(日本ではウッドバーニングと呼ばれる)の技法を軸とし、人の持つ『弱さ』を表現のテーマとして作品を描く。

★4/2(日)
「第5回 さくら祭り」
振り返れば、エマも第1回から参加させて頂いております。
旧北小校区自治会さん連合の主催です。
当日は各自治体さんの模擬店が並びます。
笑間も珈琲をご提供(一杯100円!)しますと共に、
堂山にお住まいの村岡好弼先生のサックスとマスターのギターによるセッション
「歌謡ミュージックショウ」をご披露致します。
時間:10時〜12時過ぎ
場所:旧北小学校校庭(雨天時は体育館)
(門真市泉町4-12)
入場は無料です。

★4/10(月)
「ありがとうの日」
毎月10日恒例のお客様感謝デーです。
ご来店の皆様にもれなく手作りお菓子のプレゼント。
また、珈琲豆を10%オフにて販売いたします。

★4/23(日)
「第12回新庄収獲感謝祭」
こちらは笑間の遠征イベントです。
若狭との交友繋がりで3年前から笑間も参加させて頂いております。
とても清々しく風光明媚な渓流の里で開催されます。
笑間は、コーヒーや炭火焼パンと食べるカレー等をご提供致します。
また、友人の谷和彦さんとマスターとのアコースティックユニット
「サバイバルランド」のステージ演奏もあります。
時間:10時〜16時
場所:美浜町新庄 渓流の里(福井県三方郡美浜町新庄286-5-1)
0770-32-5580
※美浜駅からの送迎あり
笑間の実店舗はお休みとなります。

そも、収獲感謝祭とは?
「収獲感謝祭(シュウカクの字はけものへんのシュウカクです。)は、有害駆除の名のもとに捕獲殺処分される運命のシカやイノシシの肉を、その命に感謝し、かつ、なかなか入手しにくいジビエをいろんな人に食べてもらい、身近なものに感じてもらいたいという、獣肉の利活用と普及を図るために開催しているイベントです。?
これら有害とされる動物が増えたのも、そもそもは人間が蒔いた種ともいえるにもかかわらず、人間にとって「害」とされ、駆除されています。特に近年の農作物に対する被害は大きく、各市町においては報奨金を支給し、積極的に捕獲、殺処分を行っています。特に報奨金の金額が大きくなると、報奨金目的のためだけに捕獲され、これらの動物は焼却あるいは埋設処分されているのがほとんどです。人間にとって害であっても、動物たちにしてみれば生きるために摂餌しているだけで、この命を粗末にせず、せめて食べてあげて、なおかつ広く一般に知ってもらうためのイベントとして開催しているものです。」
(主催者であるNPO法人自然と共に生きる会サンガさんホームページより)

★4/23(日) エマリン
春のライドです。今回の行き先は、
日向市激辛商店街〜勝龍寺公園〜
細川ガラシャ〜恵解山古墳。
この日エマの実店舗はお休みの為、
集合場所は朝9時に門真市駅南側タクシー乗り場付近となります。
参加ご希望の方は笑間までお知らせ下さいませ。

年度末三月も早行き過ぎ去ろうとしておりますが、
皆様お達者にお過ごしであ〜りましょうか(^^)

この時節はやはり卒園・卒業の方々が
身近にも見受けられて、少し切なくもあると同時に
新たなる旅立ちに際しての漲る陽の気も見て取れて、
なんだか甘酸っぱい心持ちが致します。
青年たちよ生きるとは、出会ったり別れたりしながら前へと進み続けることなのさ。

さて、この時期はまた各種試験等の合否の通知に
一喜一憂するときでもありますね。
実は笑間にもつい先日合否通知が届きました。
これが何かと言うと、
「小規模事業者持続化補助金」への採択通知です。
これは国の補正予算を使った補助事業で、
従業員5人以下の小さな事業体を対象に実施されるものです。
もちろん採択を受けるためには事業計画・経営計画書等、
案外エネルギーを要する資料作りを必要とします。
マスターがこの補助事業を知ったのが今年の一月。
調べると締め切りがなんと1月27日。あと二週間もないやんというタイミングでした。
駄目元でチャレンジしてみるかと資料を興し始めて、
なんとか1/27の消印で応募しました^^;
事業のテーマは、
「笑間珈琲12年目のrestart」。

3月に入って実はマスター、応募していたことなんてすっかり忘れていたのですが、
つい先日封書が届きました。
その封書があまりに簡易でペラペラだったものだから、
なんだサクラチルか^^;と半ばがっかりして封書を開いたら
『貴社を採択先として決定しました』という予期せぬ文言!
いや嬉しかったです。胴上げして欲しいくらいでした(≧∇≦)

もちろん森友さんのように何億も出ませんが^^;
梯子外されないようしっかり使いたいと思います。
あっ、昭恵さん別に寄付していただいてもよかですよ(o^^o)

3 / 10712345...102030...最後 »

笑間珈琲PV

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

笑間の通販