BLOG

「出かける喫茶店エマコーヒー!」

などと言う帯を付けて、
近頃はあちらこちらへと
ライブパフォーマンスも兼ねて
頻繁に出張をしております。
これも、町の片隅に潜む小さな小さな純喫茶の
生き残りをかけての戦略の一環として
ご理解頂ければと思っております^^;

さて、時は春爛漫の4月となりました。
今月もまたエマは雲を追いかけ青空の下へと
お出かけ致します。

先ずは、4月3日の日曜日です。
この日は、ジビエと地域芸能の祭典、
「第11回収獲感謝祭」という催しに参加します。
場所は、福井県美浜町に位置する新庄渓流の里という
水と空気と緑が大変に美しい山里です。
ところで、皆さんはジビエについてご存知でしょうか?
ジビエとは、フランス語で、
狩猟により食材として捕獲された野生の鳥獣のことです。
収獲感謝祭(シュウカクのカクの字はけものへんのカク)とは、
昨今、有害駆除の名の下に捕獲殺処分される運命の
シカやイノシシの肉(ジビエ)を、その命に感謝し、
せめて美味しく料理をして頂こうという、
獣肉の利活用と普及を図るために開催されているイベントです。
これら有害とされる動物が増えた原因は、
自然を乱開発しこれら獣の住まう場所を奪った
人間の側にそもそもあるのにも関わらず、
人間の都合で「害」とされ、駆除されています。
特に、近年の農作物に対する被害が甚大ということもあり、
各市町村においては報奨金を支給して、
動物たちを積極的に捕獲、殺処分を行っています。
特に報奨金の金額が大きくなると、
報奨金目的のためだけに捕獲され、
焼却あるいは埋設処分されているのが
ほとんどだということです。
人間によって野山を追われて
町に降りてこざるを得なくなった
動物たちの命を粗末にせず、
せめて美味しく感謝していただこう
という趣旨の下に継続されているのが
このジビエの祭典です。
主催は、NPO法人の
「自然と共に生きる会サンガ」さんです。

マスターも福井の友人のつながりから、
昨年よりこのイベントに呼んでいただいております。
当日エマは、コーヒーの販売をメインに
マスター、旧友の谷和彦君、そして敦賀のEman brothers
やっさん、邦さん達とライブパフォーマンスも行います。
ジビエ料理にステージパフォーマンスと
大自然に抱かれての心弾む春の一日を
楽しんで参ります。

門真からだと現地まで車を走らせて2時間半程の旅程になりますが、
春風を身にまとい皆さんも出かけてみませんか?
時は丁度春休みでもありますし、
ご家族連れ立って是非ともお越し下さいませ。
入場は無料です。どなたでも参加出来ます。

開催日時 4/3(日) 10:00〜16:00(小雨決行)
開催場所 渓流の里(福井県三方郡美浜町新庄286-5-1)
URL http://samgha-nature.com

※ご注意 この日エマコーヒーの実店舗はお休みとなります。

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

春の新作塩甘スウィーツ登場!

「桜の塩漬けケーキ」!

粒あんの入ったケーキに
桜塩漬けのアイシングを回しかけました。

季節限定商品でっせ*\(^o^)/*image

昨晩は12時に床に就き、
今朝は6時に起床して、
朝8時にエマリンのメンバーを迎えて
モーニングをこさえて送り出し、
9時には旧北小学校に出向き
第三回桜まつりの
コーヒー淹れて、
谷君と二人ステージを務めて、
1時にエマに帰って来てお店を開けて、
5時に閉店して、
ターチン先生を迎えてボイストレーニング講座を
開催していただき、お見送りして、
その後焙煎して、
ポップコーン作って、袋詰めして、
カレー仕込んで…、

極めて多忙な1日でしたが、
とても充実した日でした。

関わり会えた全ての人に感謝いたします(^^)

さて、これからお風呂沸かして、
またあした*\(^o^)/*

image

image

image

image

image

image

image

image明日3/27は、ご地域の自治会さん主催のイベント
「第三回桜まつり」です。
場所は、現在廃校になっている
旧北小学校校庭です。
(雨天の場合は体育館にて)
時間は、10時〜12時。

歌と演奏、
おでん、豚汁、おにぎり等、
屋台もあちます。

エマも、コーヒーで出店します。
あと、マスターが友人の谷和彦君と歌います。

時間は刻々と容赦なく進んでしまいますが^^;
3月19日は、皆さまありがとうございました!

河島英五トリビュートライブ、
「酒と泪と英五と仲間達」。
大盛況のうちに終演する事が出来ました(^o^)
今回お集まりくださった皆さまですが、
それぞれに思い入れの強い方が多かったようで、
往時の英五ライブを思わせるくらい、
熱気を帯びた濃ゆい時間となりました。
これも元スロートレインのメンバーだった
谷君と鮎川さんのサポートによるところがとても大きかったと
思います。
お二人には本当に感謝です。
また必ず再演致しましょうね!
その時はよろしくお願いしますm(_ _)m

そして今伸び盛りの若き熱きシンガーソングライター、
ユキマサにもありがとう!
オッさんに快く付き合ってくれて嬉しいぞ(^o^)

フローム敦賀(決して津軽では無い^^;)の山本邦さんも、
渋いボイスを聞かせてくれました。
私個人的には、今回のMVPは邦さんの「ほろ酔いで」です!
ありがとう(^^)

そしてママのデジタルホーン。
皆さんその流麗な調べと音色に心奪われておりましたね!
マスターも清まる思いがしました(*^^*)

今回も縁の下で至らぬマスターを支えてくれた
数多くの心温まる友人達がおります。
皆んな本当に有難う!
遠く若狭から野菜を持って駆け付けてくれた
杉田さん、ありがとうございました(^^)
laundry cafeの稲嶺あかねさん、
マスターに代わって美味しい珈琲を淹れてくれて
ありがとう!
永山君、いつもこき使ってゴメンね^^;

お集り下さった皆さま、
中には遠く神奈川からご来阪下さった方も
いらっしゃいます。
天国の英五さんの吸引力はすごい!

また必ず企画しますので
次もよろしくお願いします!

言い尽くせぬ思いです。
皆さまありがとうございました?(^o^)/

image

image

image

image

image

image

image

image

その出来事は昨年の7月15日に、何の前触れも無く突然訪れたのでした。

彼とのそもそもの出会いは、16歳にまで遡ります。

当時は互いにかなり内気で多感な高校男子でした。

全くと言っていい位、

人間の形すら整っていない

心と体のまだまだチグハグな

へなちょこ野郎同士の出会いだったと思います。

互いに何か自分に出来る自己表現を探すのに精一杯な青二才。
そこに僕たちにはたまたま

音楽という共通する手段があった。
そして彼と結成したバンドの名前は、

「サバイバルランド」。

以後、音楽での自己表現に明け暮れしながら、

青春のど真ん中を共に過ごしました。

ステージで歌う演目はいつもオリジナルの楽曲。

彼の紡ぐ詩とメロディには、

当時の自分達の胸に迫り来る

真っ直ぐな臨場感がいつもありました。
私が今を生きているという事への臨場感。
それこそが、今にして思えば、

英五さんから受け継いだ魂だったように

思います。
その後彼はそのまま音楽の道を行き、

憧れの河島英五さんの側で、

音楽でサポートし続ける事となります。
彼との付き合いが途切れたのは、

20年程前に僕が人生の舵を大きく切った事によります。

ふるさと石垣島へのいきなりの帰省。

勿論そこには若き日の僕なりの苦い挫折と葛藤があったこと。
その後、お互いの消息は時折の

風の噂程度にしか知り得ないまま、

心のどこかにはいつも引っかかりながも

歳月は流れました。
いつか彼とはまた出会えるはずと、

そしてもう一度音楽をやる時が来ると、

マスターは信じていましたが、

それは還暦を過ぎてからかなぁ、

なんて呑気に夢見てましたが、

昨年の7月15日に、

その日は突然訪れました。

エマの扉を押し開けて

突然現れた彼は、

なんとギターを背負ってやって来たのでした。
「おー、谷君やん」。
その瞬間はお互いかなり緊張感が

走ったようにも思いますが、

開口一番に彼が申し訳無さそうに口走った言葉は、

「ごめんなぁ」。

返すマスターは、

「何言うてるねん、こっちこそごめんや」。
なんだかそれだけで

二人元の気恥ずかしい高校男子に戻ったような

ピュアな気持ちになりました。
人生皆悲喜交々ですが、

生きていればいい事が必ず巡るものです。
今、彼は素敵な奥様と可愛いいお子さん二人を連れて

度々エマにやってきては、

マスターと一緒に音楽を楽しんでいます。

そんな彼、谷和彦と

明日は河島英五トリビュートライブ、
「酒と泪と英五と仲間達」
いよいよ本番です。
ライブは、夕方5時からですが

会場の西小路自治会館では

お昼の2時から若狭の野菜や特産品の

販売ブースを設けています。

皆様お気軽にお立ち寄り下さい。
人生はこれからも続く。
※動画は、昨年7月15日に谷君が

エマに訪れた時の

彼との久しぶりのセッションです。

英五さんの「生きてりゃいいさ」。

エマのお菓子箱が賑やかです(^^)
新作も登場!

先回ご紹介した
超熟干し柿をトッピングしたクッキーが、
商品として並んでおります。

また、ホワイトデーと言うことで、
ホワイトチョコ、練乳、白みその
3種のホワイトを絡めたカップケーキを作ってみました。
これが意外と甘ったるくない
大人びた味わいなのですね〜。
ですので名付けて、

「恋はそんなに甘くないカップケーキ」です^^;

但し、別掛けバニラシロップのトッピングで甘〜くも出来ます(^^)

あと、久しぶりに八重山のオバァ仕込みの
サーターアンダギーも作ってみました。

賑やかなエマのお菓子箱、
覗いて見てね(≧∇≦)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

ありがとうの日のバニラクッキーに、
特別に(試験的に、或いは賄い用にという意^^;)
あしらった黒い物体のトッピング。

その正体は、干し柿。
ただの干し柿ではなく、
しっかり干された干し柿を幾重にも重ね合わせて
棒状にして、
更に縄でぐるぐる巻きにして(密閉状態)寝かせた保存食。
誰に急かされるでもなく、
自然と言う時候がじわじわと独自の旨味を醸す
本然の産物。
写真の左上にどてんと居座る白い粉を吹いた物体が、
その超熟成干し柿です。
初めて口にした時、マスターはその味わいに
いたく感動してしまいました。
優しい甘味のその余韻の奥深さに
驚いてしまいました。
日本の風土が培う郷土の味わい。
地方の食材力、あな恐ろし!

(null)

(null)

昨日10日は、木曜日でエマは定休日でした。
本来ならエマのお客様感謝デイ「ありがとうの日」でしたが、
1日繰り越して、
本日「ありがとうの日」をやっております。
今日のお振る舞いは、

バニラビーンズ(タヒチ産)で風味をつけた
シンプルクッキーです。

お茶請けには最良のパートナー!

一般的に、個人事業主にとって2月3月は
鬱屈とする日が続く時期です。
勿論、経済が低迷するニッパチということもありますが、
何よりも「確定申告」という大事を片付けないといけないのだ!
その昔マスターは夏休みの宿題を
最初の一週間で片付けるタイプの生徒でしたが、
歳を経て、今では見る影も無く愚図愚図とギリギリまで
積み残して、鬱々しておりました。
しかし、ついに意を決して徹夜して、
ようやく本日午前中、やり遂げましたぜ!
平成27年度の確定申告完了です。
ホッとしました、本当に^^;

肩の荷が下りたので、昼からは、ママと二人でお散歩に。
図書館で本を借りてから、
先ずは、エマのダンディなお客様でもある
古川橋の「ラーメンとらきち」さんで遅めのランチ。
美味しいチャンポンに酢豚に餃子にと、
お腹を満たしたその後は、
やっぱり美味しい珈琲が飲みたいものです。
それで向かった先が、
今巷で話題の「laundry café」さん(^^)
オーナーは、沖縄からやって来たガッツのあるチュラカーギー、
稲嶺あかねさん。
昨年の6月にオープンしたばかりのlaundry caféさんですが、
もうすでにいい感じの存在感を放っております。
丁寧にハンドドリップされた珈琲はとても風味豊かで、
キャラクターがしっかりと活きていて好感が持てました。
店内も、随所に手作りの感触が残されていて
とてもあったかい居心地の良い空間になっています。
何よりもオーナーの心根の良さが語らずとも感じ取れる、
その人柄が素晴らしいと思いました。
良い店に良い人に出会えました。
ですので、すかさずマスター、稲嶺さんをスカウト致しました。

3/19のうちのイベント「酒と泪と英五と仲間達」で
マスターに代わって珈琲を淹れてください、と。

そして快諾していただきました。
嬉しいなぁ(^o^)
久しぶりにママと二人、
ゆったりとした心地の良いおもてなしを満喫致しました。

人と人、花咲く出会いを重ねましょ(^^)

気分の良い帰り道、
同じ商工会議所メンバーの若狭製麺所さんに立ち寄って
いつも明るくて素敵な奥様の笑顔に触れて、
美味しい麺を買って、
うちに帰って、
ママの作るこれまた美味しい塩麹あんかけ焼きそばを
いただきました。
めでたしめでたしの休日でしたm(_ _)m

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)