2 / 512345

MENU

家庭円満の秘訣は何?と問われたら、

マスターは迷わず「食事!」と答えます。
1日3回 × 365日 × 年齢。

人は飽くことなく食べ続けます。

こんなにおまんま食べて生かされ続けているのに、

何故に人は幸せになれないのか…>_<…

その答えは簡単。
「幸せを引き寄せる食事をしてこなかったから」。
家族が食卓を囲んで、

和気あいあいと、

美味しく、楽しく食事をする。

それさえ出来ればきっと、

幸福の方から走ってやって来る、

とマスターは考えるのです。
そのためにも、料理は真心を込めて作るべきです。

愛の実践と学びは料理から始まる、

と言っても過言ではないでしょう。

一番のご馳走は空腹だ、とはよく語られる事ですが、

心が尽くされた料理は美味しいだけでなく、

必ず健康にもなるのです。
料理とは、作り手の愛の作品。

決して労働だと思ってはいけません。

食事とは愛をいただくことであり、

家族で愛を分かち合うこと。

ですから、食事をいただく時は、

旦那さんは「美味しい!」と、絶叫すべきなのです。

男は黙って…、と言うのが絵になるのは、

健さんだけです^^;

旦那の「おいしい!」の大音声が、嫁の心を刺激します。

今日はちょっと手抜きしてしまったことを後悔させるでしょう^^

次はもっと工夫してみよう、もっとおいしくしてみせる、

とモチベーションをアップさせるのです^o^
食材は全てが「いのち」です。

お米のいのち、野菜のいのち、牛・豚・鶏のいのち。

食事とは、

私を生かす為に捧げられたいのちをいただくこと。

太陽、雨風、大地、微生物が、植物を育み、

動物がそれを食べて育ち、そして人間がいただく。

自然の恵みの結実をいただいて私は生きています。

ですから、先ず奥様は、

「心を尽くして、愛の味わいを高める為に料理を作る」。

そして旦那さん(家族)は、

「その愛を分かち合う為に美味しいと叫んでいただく」。

食事の極意は、「感謝して食べる」こと。

送り手と受け手の愛の送受信。

そんな食卓は、必ず福を引き寄せます。

家庭円満、家内安全、健康増進、所願成就、間違いなしです^o^
ですから、笑間に来てママの食事を食べられる人は幸い也、

汝ら天の祝福を授かりし者、なのです(^^)
ママの愛情料理は全て、あなたの薬となるでしょう。

身も心も大喜びすることでしょう。
それと同じ文脈で、マスターは杉田さんのお米を

評価するのです。

杉田さん、ありがとう(^o^)
(写真は、ママの賄い百選)

今月二月の笑間福珈琲会員さん向けの
特典スウィーツは、
スペシャルチョコクッキーです(^^)

もちろん、ママ謹製。
お味見で一つ頂きましたが、
コレはほっぺたが落ちまする!
虫歯で歯が抜け落ちてもまだ食べたい^^;
そんなやめられない恐ろじいクッキーですら!

あくまでも、笑間福珈琲会員さんのみの特典です。

マスターセレクトの珈琲豆、180グラム×3種類に、
ママ手作りのスウィーツが付きます。
お値段は、月々、送料込で3,000円也。
お得なセットとなっております。

月極め珈琲豆頒布会、笑間福珈琲会員さん、
いつでも募集しております(^^)

ご希望の方は、笑間までご連絡くださいね(^。^)

(null)

(null)

(null)

昨晩こさえた牡丹餅。
手作り餡子があるので
うちのブールパンに
バターと一緒に乗せてみました。
なんと相性の良いこと!

今日のモーニングは
あずきトーストが出来ます(^^)

(null)

(null)

「太陽が焙煎して
星がミルして
月が涙を絞ってドリップして
そうして僕たちに届く一杯の笑間珈琲。」

Sun ‘s Roast
Star ‘s Mill
Moon ‘s tear Drip
And this coffee which is sent to me in that way

(null)

今更ながらですが、
エマではもちろん
唄う珈琲焙煎士マスターが
美声を聞かせながら焙(や)きあげる^o^
歌う焙煎豆の小売も致しておりますm(_ _)m
ご贈答用、
地方発送も承っておりますm(_ _)m

ママの素敵なラッピングも華を添え、
贈られる方のお心に笑顔のお花が咲くことでしょう(*^_^*)

ご用命下されば何なりと、
ご相談承りますm(_ _)m

自家焙煎珈琲 笑間
06-6901-5611
emacoffee7@gmail.com

(null)

(null)

(null)

(null)

(null)

「若狭梅 ウメ〜酢カッシュ!」

大久保さんの自然栽培梅美林にて
この6月に収穫した若狭梅を
お酢にも漬けました。
こちらの由緒正しき
無農薬の完熟若狭梅を漬け込むにあたって、
この素材に引けを取らないお酢を!という思いから、
これはもう京都は宮津の飯尾醸造さんの
純米富士酢を使うしかないと、結論。
しかもこちらの会社がある所は、
なんと若狭湾、ワン!
若狭梅ラインでございますワン!^^;

富士酢は、調味料にこだわりを持つ人には
とても有名で信頼の厚い醸造元です。
原料に使うお米も無農薬米を自社で栽培し、
そのお米をまた自社でお酒に醸造し、
醸造アルコールや化学調味料・砂糖は一切使わず、
しかも発酵にかける時間も100日(古式静置発酵法)以上と、
昔ながらの製法で手がけておられます。

で、この富士若狭梅酢に若狭梅エキスを加え、
これをwilkinson の炭酸水で割って作ったのが、

「若狭梅 ウメ〜酢カッシュ」だワン!

ワンダフルなお味で、500円にてご提供。

こちらも、期間限定商品ですm(_ _)m

(null)

車もお店も
それこそ町も国も(ちょっと大袈裟か^^;)
マイナーチェンジを繰り返しながら
進化を遂げて行き
それが歴史となります。

エマも今年で10周年。
エマの朝のメニューと言えば、
「モーニングセット」です。
お好みのドリンクに
パンと何かおかずになる一品を
プラス100円にてお付けして
お出ししております。
パンは時折り気まぐれに
マスター我流のレシピにて作る食パンを
ご提供することもあるのですが、
基本は開店当初から変わらずに
マスターの友人のパン屋さんが真面目に焼く
ブールパンをご提供しております。
このブールパン、
国産小麦粉を使用しかつ無添加の
放置していれば数日でちゃんとカビも食う
由緒正しきパンにてございます(^^)
開店当初はこのパンに
黒ごまバターや黄な粉バターやあずきバターや蜂蜜バターを
お塗りしてご提供しておりましたが、
モーニングでの来客数の激減に伴い
消滅してしまいました^^;
今は蜂蜜バターのみで対応しております。
(ちなみにエマでは頑なに
純正バターを使用しております。
マーガリンは絶対使わない!)

それで、最近のモーニングですが、
パンには「蜂蜜溶かしバター」をお塗りしております。
小さなホーローのミルクパンを
アルコールランプの火にかけて
情緒豊かにバターを溶かします(^^)
そしてトーストされたブールに
トロリとお掛けして、蜂蜜を回し掛け、
お出ししております。
ちなみに、なにかおかずになる一品、
最近はベーコンエッグ(目玉焼き)です。
ベーコンは、ブロックベーコンを
案外厚切りにしていますよ。

モーニングタイムは、
朝の9:30〜11:30までです。

(null)(null)

近頃の苺は、
立派な体躯に衣も赤々と
そしてお味もまた
たいそうに乙にてござる。
しかも今はまだ二月の寒の厳しい時候、
にも関わらずこの完成度。
驚きますぜまったく^^;

徳島県産の枝付きの
さちのか苺が手に入ったので
本日のケーキは、

「いちごのクランブルタルトケーキ!」

にございます。

そぼろクッキーの歯ざわり感があるところから
クランブル、と呼んでます。
そも素材が一級品ですので、
お味は文句ございません(^^)

冷蔵庫にてお冷やししております。

(null)

(null)

エマからほんの数軒お隣に
お琴と三味線の教室があります。
こちらの先生は、幼少の頃から目が不自由
であったにも関わらず、
今では音楽大学で教鞭をとられる位の
邦楽の大家として
立派にご活躍されていらっしゃいます。

こちらの先生が先程、
エマの今日のケーキをご所望下さり、
教室までデリバリーをして参りました。
で、食器を取りに伺ったところ
「今日のケーキ、無茶苦茶美味しかったは!」
とお褒めのお言葉を頂きました^o^
こういう方に感動をして頂けると、
流石に嬉しさ万倍です(*^_^*)

今日のケーキは、特別に
さちのかイチゴもお乗せしております^o^

今日は、ここ門真でも雪の舞う
たいそう寒い日となっております^^;
皆さまお身体ご自愛の程。

(null)

(null)

IMG_2364.JPG

本日の手作りエマママケーキは、

「チョコッとチョコざいなチョコケーキ!」

「チョコざいな小僧め、名を名乗れ!」

「赤胴鈴之助だぁ!」

と言うやり取りから始まるテレビアニメーションが
昔ありました。
マスターが小学生の頃ですね。
戦後昭和の成長期。
皆んな元気で前向きな時代でした。

今や平成も27年。
まぁ、どうでもいいようなことですが^^;
思えば遠くに来ましたが、
今日も大寒、お寒うございますが、
心は錦に前向いて
本日もよろしゅうに\(^o^)/

〜剣を取っては日本一に
夢は大きな少年剣士
元気いっぱい一度や二度の
失敗なんかにゃくじけない
おお 頑張れ強いぞぼくらの仲間
赤胴鈴之助!〜

IMG_2359.JPG

20140209-205430.jpg

列島が寒気に震えた昨日、
ここエマでもお客様の足並みは途絶えがちでしたが、
その分、馴染みのお客様とはじっくりお喋りを愉しめました。
で、ご来店のフラワー王子君が何気に投げかけた質問。
「お店始めてから何杯位コーヒー淹れはりました?」
あんまり考えた事無かったけれど、
一日20杯淹れたとして、
20杯×300日×8年=48000杯。
ざっとまぁ、5万杯位は淹れた事になるのでしょうか。

来る日も来る日も珈琲を淹れ続けて、
不思議に思うことがあります。

全く同じ豆を全く同じ手順で淹れたのに、
昨日と今日とで味がガラッと変わることがあるのです。

そんな時、マスターは「お水の機嫌だ」と思うのです。
こちら門真は一応都会ですので、
近くの浄水場からの水を取水しています。
しかし果たして、
この水道水っていつもいつも同じ水が来ているのだろうか?
と、そんな疑問を持つこと、皆さんはおありですか?
マスターはいつも気掛かりです。
やはり季節によって、あるいは原水の水質の日変化に応じて、
水処理の仕方には当然違いがあるのだろうと。
ミネラル分の含有量とか、
消毒薬の残留量だとか、
pH値だとか、
微妙に違って当然だと考えます。
その水質の微妙な日変化が
珈琲の味にも影響を与えているのではないか、と思うのです。

時折、どんな淹れ方をしても
気になる雑味が珈琲から抜けないことがあります。
方や、どんな淹れ方をしても
えも言われぬ円やかな味わいがカップを満たしてくれることがあります。

列島の凍えた昨日今日。
珈琲の味わいが限りなく穏やかです。
お水の機嫌がいいんだなと感じます。
その要因のひとつが、この気候の急変ではないのか、
とマスターには思えるのです。
特に、「雪」という要因。

雪の降る仕組みを詳しくは知りませんが、
空の高みで冷気に触れた水が、
結晶となって舞い落ちたものなのでしょうか。
昔、人の身体に一番良いのが、雪解け水だと聞いたことがあります。
マスターのイメージとしては、
自然界で一番無垢な水、それが雪なのかなと感じます。
天の無垢水=雪 。

水は、生命の源。
地球は、水の惑星。
そう言えば、ホメオパシーという医療分野では、
水は一番の記憶媒体であり、
自然治癒力を高める性質を備えた一番の薬だそうです。

だとすれば、雪の本質は浄化力なのかもしれない。

確かに、降り積む雪には、
穢れを知らぬ純白の世界のイメージがあります。

しんしんと天下る真白き雪の降り積む夜に、
この地の喧騒が一時凍てついて、
その雪の結晶が浄化を呼び覚ます。

そういう考えは、可笑しいでしょうか?

20140209-205456.jpg

2 / 512345