2011年 2月 14日

2月14日(月)

マスター。ウハウハウーハ(^ー^)!!です。

よかったね。

あなた。

まだまだ想ってくれる可愛い女性(ひと)がいて…

それは、

2人の姉妹からの贈りもの

中学1年生のお姉ちゃん手作りチョコケーキ

白身と黄身を分けるという体験を初トライしながら

一生懸命作ってくれた渾身のケーキ。

その作る様子を思い描くだけでウルウルです。

思いの深さは必ず伝わる事を実感させてくれる優しくて美味しいケーキでした。

5歳の女の子妹ちゃんの手作りチョコ

今年の春から小学生。2歳の時からエマの最年少の常連様です。

ちゃーちゃん(おかあさん)と一緒に作ったチョコの説明を

一つ一つ説明してくれて、なかでも

マーブルチョコがたいへんだったと渾身の制作状況を

一生懸命説明してくれる姿は、本当に愛くるしかったです。

嬉しくて「日記に載せたいけど写真を撮っても良い?」と聞くと

Vサインを出してくれました。

ちゃんと二人分作ってきてくれるところが本当に可愛い(●^o^●)

子供のいない私達にとって、与えてくれるこの時間はなんとも幸せで

姉妹のお母様にいつも感謝の念が湧きます。

番外編:好青年から渾身の沖縄土産(めずらしいやちむん)

この器を手にして、ふと「焼け野」が浮かびました。

「焼け野の雉子(きぎす)夜の鶴」という諺です。

親が子を思う情がとても深いことのたとえなのですが

雉(きじ)は巣を営んでいる野を焼かれると、

わが身を忘れて子を救おうと巣に戻り、

巣籠る鶴は霜が降りる寒い夜、

自分の翼で子を覆うというところからきています。

とっても気に入ったので、私専用にしっちゃおっかなぁーーーっ(ウソ)

お客様用としてご用意しております。

かくいうわたくしも

愛する方々に、雪が降り積もるホワイトバレンタインとなりましたので

ホワイトチョコのカップケーキを作りました。

ホワイトチョコとクリームを溶かして生地に混ぜ、

ホワイトチョコをコロコロ入れて、上に桃のジュレをのせて焼きました。

でも、配る余力(愛)は残ってなかったので

まだ手元にあるのでございます。

みなさま、今日も幸せな時間を過ごせましたか。

寒い毎日ですが、またエマに温まりにいらしてくださいね。