1 / 2512345...1020...最後 »

INFORMATION

2021年エマ通信4月号(創刊152号)

stay home with coffee part3.
〜ハンドドリップの実践〜
いよいよハンドドリップの実践です。
最初に、今回紹介する淹れ方は、あくまでも、現時点におけるエマのマスターの淹れ方であることをご承知置き下さい。
この淹れ方でなければ絶対にダメ、と言うつもりは毛頭ありません^ ^
実を言うと、マスターもその時々で淹れ方にはかなりの幅を持たせています。
マスターの淹れ方を足がかりにしてご自身のスタイルを確立して頂ければと思っております。

さて、今回の抽出法は、コーヒー豆に含まれる成分を余すところなく濾し取ることに主眼を置いた方法ですので、出来るだけ新鮮で良質なコーヒー豆を使わない場合には、美味しくないコーヒーになるかも知れません。
よって、豆を買うにしても豆のまま買ってきて抽出の直前に粉に挽くことをお勧め致します。

本題に入ります。マスターは、抽出の杯数に応じてあらかじめ使う豆の量と使うお湯の量を決めております。

コーヒー豆とお湯の使用量
  (エマの例)

1杯分 豆12g使用湯量200cc
2杯分 豆20g使用湯量400cc
3杯分 豆30g使用湯量600cc
4杯分 豆40g使用湯量800cc

豆の挽き目は、中挽き
ザラメよりも細かくグラニュー糖よりも荒いくらいでしょうか。
コツとしては、豆の使用量が増えるに従って挽き目を少しづつ粗くしていきます。

お湯の温度
ぐらぐら煮立った湯を使うのは、NG。
マスターは、90度前後まで湯冷ましをします。

▽一湯目=「蒸らし」
使用湯量 20%(1杯分200ccなら、40cc)

コーヒーの粉全体にお湯を万遍なく回しかけ、粉にお湯を含ませる作業です。
使用湯量全体の約20%のお湯を使います。
蒸らし時間は、30秒程取ります。

「蒸らし」は、コーヒーに「目覚め」を促す工程です。
コーヒーの粉はお湯に触れることでムクムクと気持ちよさそうに起き上がってきます。
この膨らみの正体は焙煎により発生する炭酸ガスです。
もし、粉が膨らまないようであれば、そのコーヒーは既に気の抜けたコーヒー、即ち、賞味期限切れのコーヒーということになります。
量販店で見かける綺麗にパッケージされて販売されている粉に挽かれた豆では、この膨らみは期待できません。

▽二湯目=ドリップ(抽出)
使用湯量 40%(1杯分なら、80cc)

蒸らしで起き上がってきたコーヒーの膨らみが落ち着いてきたタイミング(約30秒後)で2湯目です。
コーヒーの美味しい成分を最大限に濾し取るのがこの2湯目です。
お湯を粉の真ん中に垂直に落としながら円を描き、徐々に外側に向かって渦巻きを広げていきます。
慌てる必要はありません。
じっくりゆっくりと行って下さい。
使用湯量全体の約40%のお湯を使います。

▽三湯目=ドリップ(抽出)
使用湯量 40%(1杯分なら、80cc)
2湯目終了後、30秒程おいて3湯目です。
3湯目は、ヘリ(外側)からお湯を落とし始めます。
ヘリに沿って小さな渦を走らせて下さい。
予定の使用湯量に達したら差し湯を止め、後は1分間ほど待ちましょう。
1分後にドリッパーを外して下さい。

以上で抽出完了です。
質問があれば、いつでもマスターまで^ ^

〓卯月4月の笑間〓
『カクタスくんと仲間たち展(3D)』
背中にサボテンをしょった現代の恐竜カクタスくんと仲間たちが、カドマハスオに呼ばれてエマコーヒーに出現します。皆さんに微笑みと癒しをお届けしたい!〈by Mittan〉。

☆4月10日(土)ありがとうの日
お客様感謝デーです。
日頃のご愛顧に感謝して、ご来店の皆様に手作りのお菓子をお振る舞いさせていただきます。

☆4月17日(土)
『コーヒー&ライブ』
ミニライブを行います。
出演は、グリーンノーツ。
18:30開場
19:00開演
21:00完全撤収
ワンドリンク付き?1500.
8名様限定完全予約制です。

2021年エマ通信3月号(創刊151号)

?Stay home with coffee part 2

stay home を有意義に過ごす為の手助けになればと、先月号に引き続き、コーヒーの話題です^ ^

○「美味しいコーヒーの為の準備」

美味しいコーヒーを淹れる為には、やはり先ずは形からです。最初に良い道具を揃えて、その道具の使い方をマスターして下さい。
最低限必要な道具としては、
(ペーパードリップの例)
・細口のドリップポット
・ドリッパー
・ガラスサーバー
・ペーパーフィルター
・コーヒーミル
・キッチンスケール(量り)
・タイマー
でしょうか。

これらは道具ですので、メーカーによって仕様や使い勝手の違い、またカッコ良さも各社各様です。
先ずは、自分のおめがねに叶う道具を調達してみて下さい。
ちなみに、現在マスターが愛用している器具をご紹介しておきましょう。
・細口ドリップポット→カリタ 銅ポット900
・ドリッパー→ハリオ 円錐ドリッパー(V60)
・ガラスサーバー→ネットで見つけた無名メーカーのもの。マックス1000mlまで湛水出来る。
・コーヒーミル(電動式)
→カリタ ナイスカットミル
・スケール
→ハリオ VST-2000(タイマー付き)
ざっとこんな感じです。

○「ハンドドリップのこと」

マスターは基本、「ドリップの手法は各人各様のやり方で構わない」と、考えております。
常に味にブレのない均一なコーヒーを理想とするのなら、機械に任せるのがベストです。
しかし、ハンドドリップコーヒーとは、その呼び名の如く、人の手を介しての作業です。
故に、「ハンドドリップとは、各人が珈琲豆と真摯に向き合い、対話を交わしながら行う作業である」と心得ております。
淹れ手の目配りや手加減など、その人の五感、時には第六感さえも駆使しながら、その人自身の感性と所作で淹れるコーヒーであり、それこそがハンドドリップの醍醐味であると考えます。
ハンドドリップコーヒーとは、それだけ味に幅を持たせることの出来る手法、言い方を変えれば、味わいにその人の個性を落とし込める手法であると言えます。
大事なことは、
「私が手応えを感ずる一杯を淹れられるようになること」ではないでしょうか。

★「コーヒーの役割」
・珈琲は、コミュニケーションのツール

コーヒーは、コミュニケーションの有効な手段となります。
人と人との交流を取り持ち盛り立てる、おもてなしの優れた技術です。

・珈琲は、ライフワーク

コーヒーは、茶道や華道と並び立つほどの「道」、即ち、「珈琲道」でもあります。
ライフワークとして生涯に渡り追求の出来る奥行きの深く広がる「道」と言えます。
なので、引きこもりたい方にもうってつけです^ ^

・最後に、珈琲のことば

『コーヒーが我らのもとに来た。
このありがたい万能の飲み物。
胃によく 精神を活発にし
記憶力を強め
悲しむものを快活にし
傲慢になることなく
生きる意志を目覚めさせる』
(詠み人知らず 1674年)

『コーヒーの作用は活力を与える有益なものであり、
肉体的な活動のための力と頭脳的な活動での集中力の強化とに役立つということである。
穏やかな喜びをもたらすコーヒーの役割はきわめて重要である。』
(ボストン新聞 1923年10月18日)

さて、「ハンドドリップの実践」については、また次の機会に^ ^

〓弥生3月の笑間珈琲
★3/1(月) 臨時休業となります!
まことに勝手を申します。
ご了承のほどm(_ _)m

☆3/10(水)ありがとうの日
エマのお客様感謝デーです。
日頃のご愛顧に感謝を込めて、
ご来店の皆様に手作りお菓子をお振る舞いさせていただきます。


2月14日。
今日は、ンな日でもありますので、
『チョコレートケーキ』です^ ^
ココア生地にチョコがゴロゴロ入っています。
この甘苦味とコーヒーとのマリアージュは最高です。
ずっと一緒に居たくなります。

さぁ、耳元で囁くように歌って差し上げましょう!
ふたりを〜 ゆうやみが〜

oh no-!
電源OFFじゃ(>_<)

となりませんよう(^_^;)

「Stay home with coffee」

★「良質なコーヒーは心身を健康に保つ」

敢えて「良質な」という冠を付けました。
ご存知のように、コーヒーは「生鮮食品」です。
従ってその品質にはバラツキがかなりあります。
種類も缶コーヒーもあればインスタントコーヒーやコーヒー牛乳だってコーヒーです。
お店で飲むコーヒーにしても、
機械を使ったマシン仕立てのコーヒー、手点てで丁寧に淹れるコーヒー、ペーパーフィルターを使う、ネルドリップに拘る、サイホンで点てる。
最近ではアロマプレスなどというものもあり、抽出の手法にもバリエーションが増えてきました。
もちろんそれぞれ一長一短はありますが、どうせ飲むのであれば本当の意味での「良質な珈琲」を、そして「美味しい珈琲」を飲んで頂きたいと願っております。
「いい珈琲は、身体を健康にし、心を健全に保つ」と、
マスターは信じております。

★「コーヒーの健康効果」

実際、最近ではコーヒーの科学的検証が随分と進み、コーヒーが持つ健康効果がエビデンス(科学的根拠)とともに実証されてきています。
例えば、
・心臓病、脳卒中の予防
・大腸ガン、肝ガンの予防
・2型糖尿病の血糖値の改善
・肥満防止
これらは、コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールの働きであると考えられています。
中でも最もダイレクトなのが香りによるリラックス効果、すなわち気分転換作用です。
香りは、脳の中でも特に原脳(原始の脳)に直球で働きかける刺激なので、それだけに即効力が高いのです。

★さて、では「良質な珈琲とは?」何でしょうか。
マスターが考える4項目を挙げてみます。

1.良質な生豆(原料豆)が適正に焙煎されていること。
2.保管の状態が良く、賞味期限の守られた豆が使われていること。(冷暗所で密閉状態で保管された焙煎後最長でも1ヶ月以内の豆)
3.豆の粉砕(グラインド)が抽出の直前に行われること。
4.コーヒーに対する正しい知識と技術に基づくドリップが行われること。

1と2は、身近な所で自家焙煎のお店を見つけて、良質な珈琲豆を(出来れば豆のままで)手に入れて下さい。

3と4については、これから皆様にライフワークとしてチャレンジをしていただきたい項目です。
その為に手助けが必要であれば、わたくしエマコーヒーのマスターにお声掛け下さい(^^)
喜んで助太刀致しましょう!
美味しくて健康にも良い珈琲を飲んでいただく一助になるのであれば、私は光栄です^ ^

〓如月二月の笑間
「荒川明子さん作品展」
和装を愛し、子育てにも地域活動にも満身で奮闘する才女(しかも美女)。
昨年2月に引き続き2度目の個展です。
展示は2/14からの予定。

★2月10日(水)ありがとうの日
エマのお客様感謝デー。ささやかなお振る舞いをさせていただきます。

◎笑う門には笑間福来る^ ^

〜「笑間福珈琲頒布会」のご案内〜
毎月始めにお届けする笑間の珈琲豆頒布会です。
マスターがセレクトする珈琲豆を3種類(計500g)とママ手作りのお菓子をセットにして会員様に宅配便にてお届け致しております。
お値段は送料税込みで?3600-.です。
詳しくはマスターまでお尋ねください。

*2月1日(月)は、まことに勝手ながら臨時休業とさせていただきます。

?

2021年エマ通信新春号(創刊149号)

「あけましておめでとうございます」
旧年は、コロナで明け暮れた一年でした。
そして迎えた新年2021年も、その騒乱を引きずったままの幕開けです。
この流行り病に関しては未だ確実な対処法が示されず、真偽の確定しない情報が跋扈しています。
けれども極めて単純なことを言ってしまえば、要は『うつさないこと・うつらないこと』この二点に尽きます。
その為に必要なことは、一人一人がしっかりとした『コロナレシピ』を持つことです。
ここへ来て認可を得たワクチンも登場はしましたが、同時期に変異種が確認されるなど、まだ予断を許さない状況です。
ワクチンについてはそれを救世主として待ちわびる人もありますが、根本的な疑念を抱く人も少なくありません。
その辺りの医学論争については私は門外漢なので議論には加わりません。
私の取り組むべきは、「うつさない・うつらない」その為に何が出来るか、ただ単純にそれだけです。
マスターの場合、お酒を嗜まないこともあって基本外食の習慣がなく、またプライベートでの交遊というものもほぼ皆無ですので、「密」な状況に晒されることがあまりありません。
感染のリスクで言えば不特定多数の方々が出入りするお店ということになります。
では、そんなマスターの「コロナレシピ」とは?
現在エマ店内で取り組む感染予防対策としては、
?体温測定と消毒の両方を非接触に行える機器を設置しています(非接触型温度計&自動センサー消毒機使用)
?最先端特許技術による高機能な空気清浄機の設置により細菌、ウイルス、PM2.5等の除菌除去(エアイオナイザー使用)
?森の癒し成分(植物の揮発性物質)フィトンチッドを用いた空気清浄機による除菌と消臭(フィトンエア使用)
?敢えてもう一つ申せば、室内暖房の練炭ストーブ上のヤカンからの水蒸気の湿気によるウイルスの活動抑制。

また、「うつらない=発症しない=自己免疫を上げる」為の取り組みとして、
?発酵食品を摂る(腸内環境を調える)。
甘酒とカスピ海ヨーグルトと抹茶粉とオリゴ糖を混ぜたマスター特製の健康食を毎朝摂る。
味噌汁を毎日飲む(味噌は手前味噌です)。
?睡眠不足を避ける。
?趣味の時間を持つ。
?イラつかない。気を病まない。
?たまには裸足で土を踏む。
?使用マスクは、ヤマシンのナノフィルタマスク。医療用レベルでありながら安価、息もしやすくおすすめ(yamashin-filterで検索)。
?人に優しく。みんな仲良く。

以上のようなことを遵守して、それでも感染したなら、それは仕方がありません。潔く病院のお世話になりましょう。周りの皆さんも非難するのではなく、労わり合い支え合いましょう。
人としての情愛を満たし合える環境作りこそが一番の免疫力となるのだと思います。
皆さま佳き一年となりますよう^ ^
            慶祝

【新年睦月1月の笑間】
新年初っ端、エマの壁を彩るのは、焼刻画家八代大地さんの新作であり大作を一点。
新年を寿ぐ報恩感謝の焼刻による祈願作品です。

☆1月10日(月)ありがとうの日
エマ恒例のお客様感謝デー。
手作りお菓子にておもてなしをさせていただきます。

今年も何卒よろしくお願い致します。
      仲大盛永勝
         雅美

?

?

2020年エマ通信12月号(創刊148号)

「転がるわかれ道」

今年2020年を振り返る時に、私の頭に過ぎる言葉です。
それは、「20-20」という字面からの想起ということもありますが。
今年の年初に降って湧き、あれよという間に世界をパンデミックに陥れた今回のコロナ禍を誰が想定し得たでしょう。
都市はロックダウンとなり、人々の活動は制限され、経済は停滞し、社会は非接触型時代へと移行しました。
11月末現在、コロナ関連による倒産件数は726件。ただし、帝国データバンクに載らない中小の会社や店舗を含めた倒産の実数はその10倍、8000件近くに上るとも言われています。
また、深刻なのが自死する人の数です。特に小中学生といった若年層と主婦層の数が前年比で3割増加しているそうです。
日本の例年の自殺者数は約2万人。そこへ持ってきて、コロナ禍により8%ほど増えると見なされているので、1600人ほどの尊い人命がコロナにより間接的に奪われることになります。
一方、コロナ罹患による死者数は、1996名(11/28現在)。
内、70歳以上が83.6%でその大半が基礎疾患を抱えたお年寄りです。
ちなみに、2018年のインフルエンザによる死者数は、3325人。
この数字と見比べてコロナを単なる風邪と見なす向きもあり、このコロナとどう向き合うのかのその立ち位置には各個人に少なからずの混乱を来しています。
マスクの有無論から免疫養生に至るまでの個々人の日常レベルでの取り組みの差異、コロナ警察と称される行き過ぎた干渉行為や嫌がらせ、政府レベルでの対応の混乱、そして世界的には各国の利権をめぐる駆け引きや陰謀論まで。
世界中が今、混乱と混沌の渦中で見通しの立たないストレスを抱えた状況にあります。
そんな中で、私たち一人一人が少しでも健やかに過ごす為の手立てが急務となっています。
個人的には、ウィルスに対する過剰な防衛は自己の免疫力の低下につながると危惧しています。
基本人体には億兆を超える菌が常在しており、そのバランスにより生命の恒常性が保たれているのも事実です。
過度の消毒礼賛は逆に常在菌のバランスを崩し免疫系に影響を及ぼしかねません。
マスクにしてもやはり現場の事情に応じた緩急をつけた着用が必要なのではないでしょか。
基本は自己防衛意識を持つこと。マスターの場合は、毎朝、自家製の甘酒とカスピ海ヨーグルトにお抹茶を混ぜて発酵食品を食べるようにしています。また出来るだけビタミン摂取を心がけています。(そして出来れば1日5分くらいは裸足で土の上に立つ。)
あとは自己のメンタルを整えることでしょうか。
幸いマスターには音楽という没頭出来る趣味があります。
そして何よりも信頼し合えるパートナーの存在も大きい。
人は心の生き物。情が満たされることが一番の力となります。情を満たす一番の要素、それは愛です。
今、世の中の大混乱の中で、人々は先の見通せない不安に慄き、細る思いで過ごされている方も多いことでしょう。
でも、被害者意識に囚われないようにしたいと思います。
交流の叶わないその閉塞感の人恋しさを愛する力に変えて行きたいと思います。
このまま私の心をささくれ立たせるのか、角を削って丸みを帯びさせるのか。
これからの世界の分かれ道がそこにあると感じています。
新年はみんなで心を合わせて良い年に致しましょう。
今年も一年お世話になりました。

〓師走12月の笑間〓
今井郁代さんの作品展
グラフィックデザイナー・イラストレーター・アーティスト。
デザインのお仕事兼アーティスト活動をしていらっしゃいます。
「今回の作品は、自然界の動植物の表情や色合いを躍動的に表現出来るようペンで繊細さを出し、透明水彩特有のにじみで着色。華やかさや立体的な煌びやかさをプラスし、自分らしさを出しています。(ご本人談)」
インスタで作品もご覧いただけます。ima_iku で検索して下さいね。


11月10日。エマさん15周年の朝。

お天道様のお陰様m(_ _)m

皆さまのお一人お一人がお天道様です^ ^

ありがとうございます。

11月9日(月)は、今回で第15回目となりました「ジャズとポップスを楽しむ夕べ」参加の為、エマコーヒーは臨時休業日となっております。
何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

2020年エマ通信11月号(創刊147号)

2005年11月10日に産声を上げて、あれよという間に、11月で笑間珈琲も開業15周年となりました。
これまでエマをお慕いいただき、影に日向にお支え下さいました数多くの皆様に衷心より感謝を申し上げます。
本当にありがとうございます。

今更ながら我が人生を振り返る時、まさかこの自分が個人事業主となり喫茶店のマスターに収まるなんて、夢にも思っていませんでした。
喫茶店の前は石垣島で牛飼い。その前は河島英五氏のマネージャー。その前は東京でバイト暮らし。その前はもう何をしてたか忘れるくらい、うだつの上がらない悶々とした日々を送っておりました^^;
こんな自分が、自分の働く場所は自分で作ろう!と思い立ったのは、それは思わぬ大怪我がきっかけでした。
牛飼いの仕事ではままあるロープ事故で右親指を欠損してしまい、その治療に2年を要し、その期間に狂牛病が世間を賑わせ、牧場があえなく倒産し、途方に暮れていたタイミングで自家焙煎の素敵な珈琲店と出会い、その店のマスターに触発されて、珈琲屋を志すようになったのでした。
本当なら牛飼いをしながら石垣島で骨を埋めるつもりでいましたが、因果の縄目は図り知れずで、大阪に戻っての再起となりました。
そして、喫茶業に勤しんで15年。
ここ門真元町の笑間の立地は門真神社様の境内地です。
つい先日のこと、不思議な印象の眼(まなこ)を持つご婦人が訪れ笑間の空間を見回しながら、「変なこと言ってごめんなさい。私実は昔から人の見えないものが見える質(たち)で、こちらのお店は清らかですね。小さな神様がいっぱい飛び回っていらっしゃいます。」と、仰いました。
ありがたいお言葉として受け取らせて頂きました。
神社様のご加護に感謝申し上げます。

さて、15年前の日記の隅っこに走り書きされた言葉が残っていました。
「初めて商売を始める。自分の人生の大きな節目。

身を清め ま白き心で世を進め
白鷺の羽を持て」

これからも初心を忘れず、笑顔のあふれる居心地の良い時間・空間・仲間たちを作り、一期一会の珈琲をご提供致します。
今後とも笑間珈琲をご愛顧下さいますようよろしくお願い申し上げます。
  なかおおもり えいかつ
         まさみ

◆霜月11月の笑間
ゆる〜くエマさんの回顧展
エマの15年を振り返る展示を考えてます。

☆11月10日(火)15周年目のありがとうの日
毎月10日恒例のお客様感謝デーです。
派手なことは何も出来ませんが、日頃のご愛顧に感謝を添えて、皆様にお土産をご用意しております。

*今月のお休み
 11/9(月)と毎木曜日

コロナ対策の新兵器導入!

エマコーヒーにお越しの皆様の安心安全への備えとして
「非接触型温度計 & 自動センサー消毒」なる機器を設置致しました^ ^

検温から消毒までわずか5秒というたいへん便利で気の利いた利器です。

エマのママのママからのありがたい心づかいによる贈り物。大事に使い安全を心がけます^ ^

ご興味のある方にはメーカーへのご紹介が出来ます。ちなみに、1台49,800円(税別)。

*動画全編は、台本なしのアドリブですのでお見苦しい点はご容赦のほど。ご愛嬌にて^^;
注)決してコーヒーは出て来ません^ ^
お肌に優しい消毒液を使ってます。

1 / 2512345...1020...最後 »