2 / 2112345...1020...最後 »

INFORMATION

今年もお盆の訪れです。

笑間ではお供え用のパッケージも承っております。

一杯分を個包装にしたワンドリップバック10個入り

1200円です。

2019年笑間通信8月号(創刊132号)』

先日ようやく梅雨明けの知らせを聞く。

閉店間際の空を見上げ、

いよいよ夏の日差しかと目を細め、振り向きざま東の空を仰げば、のたり入道雲がいよいよ俺の出番かとこちらを覗き見やる。

なんだか今年の夏は妙だ、心が晴れぬ。

政治の混迷や経済の紛糾、外交の手詰まり。身近に常に起こり得るクライシス。

考えも及ばない悲惨が我が身に忍び寄る恐怖。

私たちが正しく作用しあい、活き活きと暮らし、希望を持って発展し続けて行けますようにと、人々の願いはいつの世にあっても至ってシンプルだ。

それを他人任せにするのではなく、私が責任を持ってその事に取り組めるよう。

私の家こそを日の当たる場所となし、この夏を過ごせるよう、ぐっと腹に力をためる。

日々誠実。

皆様の健康とご多幸を祈念申し上げます。

?? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? 令和元年盛夏

〓葉月8月の笑間珈琲〓

今月の展示

八代大地焼刻画展「龍爪風雅」

以下、作家ご本人による案内文です。

「龍爪風雅」という会名で何ヶ所か展示をして回る予定ですが、笑間珈琲での展示に限り前期・後期の二つの世界を展示します。

前期:85日(月)?818日(日)

FROM OF HIPOCRISY

[mode of CHI-BO-]

後期:819日(月)?91日(日)

FROM OF ENVY

[mode of YASHIRO]

以上、八代大地さんの作品をツーモードお楽しみいただきます。

8/10(土)ありがとうの日

お客様感謝デーです。

エマより日頃のご愛顧に感謝を込めてのおもてなしをご用意致します。

8/24(土)歌夜会第73

「マスターのお誕生日記念ライブ」

8月はマスターのお誕生日月。いっちょ、マスターを盛り立ててくださいな!

テーブルチャージお一人様1000-.

完全予約制限定15名。

予約はエマまで。

『第28門真手作り市』

春、夏、秋と、年三回、中塚荘で開催される門真の手作り市です。

明日の7/28(日)はその夏の陣。

いつもだと我らエマコーヒーは中庭での出店でしたが、さすがに暑さが身にこたえるお年ごろとなり、

今回は日差しを避けて、室内2階通路での出店です。

メニューは、

浅煎りモカマタリNo.9(ホット)

リッチブレンドアイスコーヒー

マンゴージュース

手作りパインカップケーキ、他

の予定。

1410分からは、村岡先生とマスターとの親父バンドユニット「グリーンノーツ」のライブステージもございます。

お天気も台風一過の晴れとはいかないようですが、一応曇りの予報です。

皆さまのお越しをお待ちしております。

11:0016:00 入場無料

門真市立市民交流センター中塚荘

(門真市月出町111号)

「歌は世につれ」

いつの世にも泣ける歌が必要であるし、そんな歌は必ずある。

必ずしも号泣する必要はなく、ホロリとわずかに涙ぐむだけでも不思議と気持ちは晴れ晴れする。

特定の歌が私の深層に埋もれていた記憶や感覚を鮮やかに呼び覚すことはままあること。

言葉とメロディがわかりやすくて、そっと心に寄り添い沁みる歌。

僕はそんな歌が聞きたいし歌いたい。

なので日本の唱歌はやはりいい。

季節ごとに訪れる余情や風情が素直な言葉と旋律で見事に描き込まれている。

昭和の歌謡曲の中にもそんな名曲が沢山ある。

唱歌にしても昭和歌謡にしても、素晴らしいのは皆んなとひとつになって歌えること。

共有した時代の味わいを歌を通して分かち合えることは、人として嬉しいことではなかろうか。

旅先で、日々の暮らしの中で、私が関わる凡ゆる対象が私に寄越す刺激に促されて私の心に湧き上がる情的な質感をくみ取る時、

「旅情」、「抒情」、「人情」、

人はそんな言葉を充てながら感動を胸にとどめようとする。

旅情も抒情も人情も、みんな「情」。

もちろん人生には、お金も地位も名誉も仕事も自由になる時間も必要だけど、

本当は人生で一番大切なものは「情(なさけ)」なのだと、齢を重ねるごとに思えるこの頃。

人は情け、世は情け。それでいいと。

そんな情けと共にいつも寄り添ってくれるのが歌だ。

僕はこれまでの人生を、随分と歌に励まされて生きてきたように思う。

今時のAI(人工知能)がどんなにか優れていようと、

今日の青い空に綿のような白い雲を見つめていれば、

その情けひとつで今日を充分締めくくることが出来るように思える。

天上の遠き鼓(つづみ)の音のする

耳の端に麗し調べ聴くような

その音を確かめに

その音のする方へ

〓文月7月の笑間〓

7/10(水)ありがとうの日

お客様感謝デーです。

手作りのお菓子でささやかなお接待をさせて頂きます。

コーヒー豆10%割引き販売。

7/11(木)エマ出張珈琲&マスターのミニライブin願得寺(門真市御堂町8-23)

13時〜15時、入場無料。

事前予約制です。

お申込みは、

090-9169-9491まで。

7/28(日)第28回門真手作り市

11時〜16時(雨天決行)、入場無料。

中塚荘(門真市月出町11-1)にて

村岡先生とマスターのユニット「グリーンノーツ」も出演致します(14:10〜)。

*エマ実店舗はお休みです。

尚、今月は、7/16(火)も臨時休業となっております。ご注意下さい。

間もなく雲上の人に^_^

エマさん帰省の為、

5/2730までお休みをいただいております。

勝手申しますがよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

笑間通信令和元年6月号

私事にて恐縮なのですが、

先月28日に亡父の納骨の為、石垣島に帰省をして参りました。

ご存知の通り、八重山のお墓はサイズも大きく、敷地もうちでさえ8坪ほどあります。その意味するところは、まさに「ご陰宅」、即ちあの世のお家です。

八重山には先祖の方々と過ごすお正月があり、「十六日祭」と言って毎年旧暦116日には必ず家族総出でお墓に集まり新年を共に祝います。

それこそよその御宅にお邪魔するという感じです。

玄関(門)がちゃんとあり、広い居間があって(このスペースにみんなが車座になって集まる)、故人の寝間が墓石の中に広々あって、裏庭もあって、うちの場合は今回勝手口まで作りました。

今回三年越しでようやく父にも落ちつける居場所が出来、マスターもホッと胸を撫で下ろしております。

もう随分以前の話になりますが、マスターがママを伴い骨を埋める覚悟で石垣に牛飼いとして帰還してすぐの時のことです。

夢の中での話なのですが、マスターの先祖代々の方々が正装をして本家の一番座で私たち夫婦を歓待しご挨拶をして下さる、という実にリアルな夢を見たことがありました。

その夢の中で当主の方が仰ったことが、

「何か困ったことがあれば、南風(パイカジ)の吹くところに来て祈りなさい」ということでした。

当時その話を今は亡きオバァにしたところ「それはお墓だねぇ」と、即座に答えてくれました。

今回父の墓を建てた場所はとても気持ちの良い南風が吹き渡ります。

確かに、ここに来れば御先祖様が身近に居てくれて、いつでも話が出来るように感じます。

同時にここに眠る方々が真栄里という村を石垣を八重山を愛し、時に汗し、涙しながら開拓して下さったのだと、

そんな感慨に胸を打たれます。

父の戒名は「永泰」。

きっとこれからはこの地に天下泰平をもたらす役目を担いグソー(あの世)から大きな働きを仲大盛家に真栄里に八重山にもたらしてくれると確信をしております。

「お父ちゃん、ひとつしっかりお頼み申します」^_^

〓水無月六月の笑間

?今月のエマの壁?

『葭崎さんの水彩画展』

定年後から手習いの水彩画ですが、ここのところのご上達がヤバいです(^^)

額装まで手作りされてます。6月中の展示となります。

6/10(月)ありがとうの日

毎月10日は、お客様感謝デー。細やかですがお茶菓子のお接待をさせて頂きます。

6/22(土)歌夜会第72

「川下ひさ代ライブ」

エマではせいこちゃんの愛称で親しまれている歌姫です。アイドル歌謡からポップスまで。癒しのボイスをご堪能ください。

マスターが伴奏でサポートします。

15席限定です。ご予約下さい。

チャージ500-.

オープン18:30

アクト19:00

クローズ21:30

令和記念『いつの世ブレンド』

八重山ミンサーに織り込まれた願い、「いつの世までものしあわせ」。

そんな思いを託した笑間のオリジナルブレンドです。

使い易いカップオンタイプの一杯分ドリップバッグ(個包装)。

1?200-

ご贈答にも喜ばれております。

良い子の時間はもう終わり。

毎週金・土曜日は、夜カフェ。

夜の9時まで営業しております。

笑間通信令和元年五月号(創刊129号)

「令和元年」。

先月は、ママと共にリアルタイムで新元号の発表を待ち受けておりました。

揮毫された文字を見た時、マスターはとても凛とした風を感じました。

ママも「いいやん!」と宣(のたま)いました(^^)

元号の命名は時代によって様々に違えども、

いつの世も天下泰平でありますようにと、一庶民としては心から願うばかりです。

ただ、言葉にはあまねく意味が付帯します。

これは致し方のないこと。

その言葉を受け止める人の立ち位置や思惑、思想、来し方等、その人を形成する背景の違いにより、言葉の解釈に千差が生まれて当然です。

なので、「令和」という言葉について、巷で異論議論が噴出するのは仕方のないことです。

それだけ名付けというものは難しい。

意味に重きを置き過ぎるのもいろんな思惑を生むし、

時にその意味が呪縛となって息苦しい。

かと言って、意味は深い愛情が伴えば強い祈りとなって存在の抽象に凄み(安定感)を与える。

自由磊落でいいけど天の言葉にしっかり耳を傾け責任をはっきり強く持って

人と麗しく和して凛として立つ。

それがマスターが抱いた「令和」に対するイメージです。

何はともあれ、「令和」となりました。

日本に生まれて暮らしを綴る一個人としては、

世情の喧騒やら汚濁から一線隔てたところに身をおいて、

風和らぐ春の凪いだ海の心境でのったりと

天の声を正しく聞き分け、

善を誇らず悪を懲らしめず、

麗しく人と和せるよう、

歩みたいものです。

私の中では、「麗和元年」としておきます。

〓皐月五月の笑間〓

「澤田純さんの小さなキャンバス展」

珈琲の抽出液を絵の具に使ったり。ユニークな作品たちがエマを彩ります。

5/7(火)からの展示となります。

☆5/10(金)ありがとうの日

エマのお客様感謝デー。

お菓子のお振る舞いと珈琲豆1割引販売致します。

☆5/25(土)歌夜会第71

「サバイバルランドミニライブ」

僕たちが高校時代に始めたバンド。そろそろ結成40年か?

今回は、こじんまりゆる〜くやります(^^)

完全予約制15名限定。

チャージ料お一人様1000円。

18:30オープン

19:00アクト

21:30クローズ

◯新元号記念ブレンド

『いつの世』ブレンド登場!

マスターのふるさと八重山には、「いつの世までもしあわせを」願う独自の絣の紋様がある。

藍で染めた糸で織る幅の狭い綿帯でミンサー織りと言う。

五ますと四ますを交互に連続して走らせた模様で、「いつ(五)の世(四)までも仲睦まじく暮らせますように」との祈りが織り込まれている。

いつの代にあっても「しあわせ」こそが世の願い。

そんな願いを託した笑間のオリジナルブレンドです。

カップオンタイプの一杯分ドリップバッグ

一個200-.にて販売致します。

〓お知らせ〓

本日(29日)は、歌夜会開催準備の為、

16時に閉店させて頂きますm(_ _)m

尚、本日の歌夜会「北田はじめウクレレライブ」は、満席となっております。

当日参加は出来兼ねますので、ご了承下さいませ。

笑間珈琲店主

今日は、泉佐野にある食の番人的名店、

「美味しい時間(とき)」さんに来ています。

私たちが最も信頼を寄せる料理研究家・坂本宣代先生のお店のイベントに珈琲屋として出店させて頂いてます。

ここは、築年数100年を超えたとても趣のある古民家です。

先生はつい先日までイタリアを漫遊され帰国されたばかりです。

本場イタリアの空気感満載の今日の料理は勿論イタリアン!

アクセサリー作家・仲地志保美さんの素敵なジュエリーが展示されてます。

ジュエリーのみのご高欄でもご来店頂けます。

17時までの営業です。

場所? 泉佐野市大西1-9-4

2 / 2112345...1020...最後 »

笑間珈琲PV

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

笑間の通販