2 / 2012345...1020...最後 »

INFORMATION

「エマ通信4月号」

春爛漫の4月の到来。

しかも新元号の発表がいよいよです。

じきに10連休も始まりますが、勿論その期間、笑間は国旗を掲揚し続けます。

ご存知のように、エマでは祝日には必ず国旗を掲げます。

かと言ってマスターは、そっち系の人ではありません。

それはイデオロギー以前の問題として、「単にその風景が好きだから掲揚する」それだけのことです。

マスターが子供の頃は、

どこの家も当たり前に国旗を掲げておりました。

白地に赤い日輪。

単純にそのデザインの清々しさに惹かれます。

天地の理(ことわり)を表しているかのような、

神性さえ感じさせる真円の赤。

人はいつの世も清廉で潔白に生きることこそが大事と、

そんなメッセージが矢となって放たれている気が致します。

眺めていて自ずと背筋が伸びます。

ついでに語れば、

日本の国歌「君が代」も

実に素晴らしい楽曲であると思っています。

「レ」音から始まって「レ」音で完結する曲なんてそうそうあるものではなく、

何よりもその旋律の余情と奥ゆかしさ。

世界的に見ても、間違いなく稀有の名曲と言っても過言ではないでしょう。

その歌詞については、

先の戦の反省と反動もあって、

冒頭の「君が代」=「天皇(主君)の御代」

との解釈に嫌悪感を抱く人もいらっしゃいますが、

マスター的には、

「君が代」とは、「あなた方の世の中」、

もしくは、「神様より賜わりしこの世界」という解釈が腑に落ちます。

『その尊き世界が (君が代は)

幾久しく (千代に八千代に)

小さな石くれが集って (細石の)

大きな岩となって (巌となりて)

ついには苔の生えるほどまで長久に(苔のむすまで)

繁栄が続きますよう』

成熟した者同士が美しく和することを願う祈りの歌であると感ずるのです。

そんな具合に物思いに耽っておりましたら、喝!

「あんた国のことより先ず店のことやで!」と、

うちのアマテラスの声が落ちてまいりました^^;

 

◯卯月4月の笑間

北田はじめ写真展「Garden Plants」

北田はじめさんは、マスターの高校時代の同級生。エマでは1年ぶり2回目の展示となります。スクエアのモノクロ写真にこだわる彼の美意識が切り取る植物たちの表情をお楽しみ下さい。

 

◆週末金土限定「夜カフェ」始めます。

毎週、金・土の18時?21時まで。

お酒も少しご用意します。

(但し、イベント等でお休みの場合がございます)

 

☆4/10(水)ありがとうの日

エマのお客様感謝デー。日頃のご愛顧に感謝してささやかなお振舞をさせていただきます。

また、珈琲豆を10%オフにてご提供。

 

☆4/28(日)歌夜会第70夜

「北田はじめウクレレライブ」

マスターとのコラボもあります。基本、僕らは昭和世代なので、懐かしい歌を中心に。

完全予約制(15席限定)です。

18:30オープン

19:00アクト

21:30クローズ

チャージ料500円。あとは店のメニューをオーダーして下さい。

 

☆4/29(月・祝)弁天池公園スプリングカーニバル

門真の町の振興に関わる多数の事業所、団体、店舗等が一堂に会してのイベントです。

エマは珈琲の出店とグリーンノーツでの出演も致します。

9:00?15:00 弁天池公園にて(門真市岸和田1-8-2)

本日限定超レアメニュー!

彼岸の名残りの「ぼた餅」です。

ママの謹製です(^^)

餡は、粒あん。

緑の方は、ウグイスきな粉をまぶしてあります。

絶妙な味わいとなっております。

一個150円です。

春の晴れ間の夕間暮れ。

タイミング良く日没に遭遇出来ました。

一旦天気は夜半に崩れるらしいですが、

明日には持ち直すとのこと。

大丈夫!

明日は、『第27回門真手作り市』でお待ちしております(^^)

門真市民交流会館 中塚荘

(門真市月出町11-1)

11:00~16:00です。

☆エマの実店舗はお休みです。

雨模様の休日です。

気温は12℃程でしょうか。

なんだか出るに出かけづらい時は、ひとまずエマさんでリセット致しましょ!

今日10日はエマのお客様感謝デー。

紅芋のサーターアンダギーのお振る舞いを致しております(^^)

早春のお花もお出迎えしてくれてます。

2019年エマ通信3月号(創刊127号)

このところの花粉の飛散に見舞われドリップポットを持つ手も気だるくしばしボーっとしておりましたら、

「マスターはコーヒーの抽出の最中って、何を考えているのですか?」と、唐突に尋ねられました。

マスター、一呼吸置いて、『重力。』と答えました。

当然、質問者は目をしばたいておりましたが。

これまで人に語ったことはほとんどありませんが、マスターの珈琲は、「重力珈琲」と自称しております。

この話を始めると現代の理論物理学において存在界を律する4つの力にまで言及せねばならず、長丁場となること必至なので、またいずれということにしておきます^^;

結論だけを申せば、

「珈琲で凡ゆるを統べる」

というのがテーマとなります。

それは、時間が空間と同じようなふるまいをする虚時間の段階にまで踏み込まねばならず、そもそも存在とは何に由来し成り立っているのかを探求する概念となり、花粉症の鼻づまりの脳には相当こたえます。人を煙に巻く概念とも言えますが^^;。

マスターは実は、「孤高の哲学する焙煎士」でもあったのであった(もちろん、なんちゃってですけど^^;)。

ややこしい哲理は頭の中だけにしておいて、

今日も美味しいこの一杯のしあわせに感謝!

◯弥生3月の笑間珈琲

今月のギャラリー

「村岡好弼先生の水彩画展」

水彩画サークルを主宰され、サックスの演奏も達者にこなされるご地域の文化人・村岡好弼先生の水彩画展です。

3月いっぱいの展示になります。

★3月10日(日)ありがとうの日

毎月恒例のお客様感謝デー。

日頃のご愛顧に感謝のお印をお振舞い致します。

コーヒー豆も10%オフにてご提供。

★3月16日(土)第27回門真手作り市

11:00ー16:00 入場無料

門真市立市民交流会館・中塚荘にて(月出町11-1)

エマも中庭で屋台出店致します。

グリーンノーツでの出演もあります。

★3月23日(土)歌夜会

調べてみると、2015年9月の第68夜を最後にお休みが続いておりました。なので今回は、

「歌夜会第69夜」です。

今回はマスターが村岡好弼先生と取り組むオヤジバンド「グリーンノーツ」のライブを楽しんで頂きます。

懐かしのジャズ、ラテン、ポップスから昭和歌謡やフォークまで。

サックス・村岡好弼先生

ギター&ボーカル・マスター

ミュージックチャージは、1000-円。あとはお店のメニューをオーダーして下さい。

15席限定となります。

早めにご予約ください。

★3月31日(日)さくら祭

旧北小校区の自治会共同のイベントです。各自治会さんの模擬店とエマの屋台コーヒーとこれまたグリーンノーツの演奏と。

旧北小学校の運動場にて

10時ー12時までです。

雨天時は教室内で行います。

時雨れる関空を飛び立って、

島に降り立てばそこは南国、すでに夏の日差し。

気温は、26度。暑い(^^;;

無事に到着致しました。

先ずは、実家のある真栄里村にて荷ほどきからさぁ~。

◎エマコーヒーは、

2/19?22(金)までお休みです。

お陰様で今季のバレンタインギフト

「小さな愛セット」、

完売いたしました。

ありがとうございました(^^)

先日紹介しましたエマのバレンタインギフト商品「小さな愛セット」ですが、

その後検討を重ねた結果、

少しバージョンアップを図りました。

名付けて、

「小さな愛セットver.1.02」^^;

中身ですが、

簡単ドリップバッグが4個と

ブラック&ホワイトチョコカップケーキ

(ブラックは、ビターチョコとアーモンドのケーキ。

ホワイトは、ホワイトチョコとカシューナッツのケーキ)の詰め合わせで、

ボックス包装となっております。

お値段は、1箱1100円(税込)です。

ご入用の方は12日までにエマまでご連絡くださいませ。

発送も承っております。

ぐぐっと寒気の押し寄せる朝となりました。

皆さま、おかわりなくお過ごしでしょうか?

さて、エマでは今年もバレンタイン商戦参戦商品、

『小さな愛セット』を販売致します!

個包装のドリップバッグコーヒー×2個と

チョコカップケーキ×2個

のお手軽なセットです。

 

ところで、今回簡易式ドリップバッグを新調致しました(注目!^。^)

門真の地場を盛りたてるロータス(蓮)をモチーフにブレンドをした、その名も「蓮(REN)」!

共にナチュラル製法のモカとブラジルをほどよくブレンドした上品な飲み口のコーヒーです。

基本、受注生産となりますので、

ご入用の方は2/12(火)までにエマまでご連絡をお願い致します。

小さな愛がコツコツと70億人分集まれば、地球は愛の星となる。

全世界の皆様からご注文をお待ちしております。

ただし、数には限りがございます^^;

2019年 笑間通信 2月号

年間を通じて一番寒さの募る2月がやって来ました。

そもそも南国生まれで痩せっぽちで脂身の少ないマスターには、この時期の寒さは身にこたえます。

なので今月はちょこっと、生まれ島である石垣島に避難してきます^^;

実は、このタイミングで帰省するのには寒さの他にも理由があります。

旧暦の1月16日に行われる八重山の伝統行事「十六日祭(ジュールクニチサイ)」に参加する為です。

1月1日はこの世のお正月ですが、八重山では旧暦1月16日をあの世(グソー)のお正月として、お盆と並ぶ重要な行事として位置付けているのです。

なのでこの日は学校も職場も半ドンとなり、

みんなお昼に合わせてご先祖様の居るお墓に集まります。

沖縄は民間の信仰として先祖崇拝が定着しているので、お坊さんを呼んだりお経を唱えるようなことはしません。

一族の長が線香を立てウートートー(手を合わせること)をして、

その後はご先祖様を交えた和やかな宴の始まりとなります。

重箱やオードブルといったご馳走に舌鼓をうち、お酒も振る舞われます。

中にはキャンプさながらにバーベキューを楽しむ家族もいます。

最後は三線と踊りで宴もたけなわとなるのは、さすが沖縄です。

お墓の前で酒を喰らい肉を頬張り、はしゃぎ立てるのは、内地の方たちから見ると一見不謹慎に映るかもしれません。

しかし、集まった子孫たちの楽しそうな姿や笑顔を見せることが、ご先祖様にとっての一番のご供養になると島の人たちは考えているのです。

八重山では、あの世の実相を知るところも含めて、日々の暮らしが整理されているのです。

□如月二月の笑間珈琲

寒さで衣を更に重ね着するところから衣更着=如月(きさらぎ)。

寒いからとお部屋に篭ってばかりいるのもよくありません。

時には外に出て太陽の陽射しを浴びましょう。

桜の花芽、陽だまりに猫、

八百屋に春野菜、ウグイスの声。そこかしこに春の兆しを発見。

2月の歳時記

豆まき、恵方巻き、確定申告準備、入試、

スキー、バレンタイン、春一番、三寒四温、

梅見、サザンカ、シクラメン、かぶ、白菜、

水菜、菜の花、キンキ、蛤、ブリ、

金柑、八朔。

□今月のギャラリー

『謎のティーンエイジャー美音(みね)イラスト展』

一見クールなその立ち居振る舞いとは裏腹に、

彼女の胸の内には計り知れないロマンと情熱がほとばしる。読み取りの難しい心の迷路を、彼女はこれからどう表現していくのだろう。次代を担う期待のイラストレーター美音(みね)。

彼女はこの町の片隅で着実に進化するティーンエイジャー。

★2月10日(日)ありがとうの日

毎月10日恒例のお客様感謝デー。日頃のご愛顧に感謝してお礼のお品をお振る舞いさせていただきます。

☆今月の笑間のスペシャリティコー

コーヒーの発祥地エチオピアの「モカシャキッソ G-1」。

煌びやかな香りと口当たりの柔らかな甘みを愉しめます。

春を誘う風味の格調高い味わいです。

※今月の19日?22日は帰省の為、臨時休業致します。

2 / 2012345...1020...最後 »