10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »

INFORMATION

今年も4月が巡って来ました。
「ぽかぽか陽気の春が来た!」
と言う時の「ぽかぽか」の語感が好きです。
厳しい寒さを越えて来て、
卒業したり転勤になったり、或は夢と別れたり、
そんな悲しみを噛み締めながらも
新しい出会いと始まりに顔を上げて歩き出す時、
春のヌルさとユルさは私の心を励まし温めてくれている気がします。
「ぽかぽか」は、
厳冬に耐えてきた草花が「ぽかっ」、「ぽかっ」と芽吹きながら
優しい笑顔を振りまいてくれているように思えるのです。

喜びも悲しみも三寒四温。
辛い感情もいつかは薄れて、新しく始めるのも悪くは無いと思える時、
心はいつの間にかぽかぽかしているもの。

今年も卯の月、新年度。
笑顔のお花を満開に咲かせて始めましょう。
おっと、もちろん珈琲にもぽかぽか力は満載溢れておりますので、
そこんとこは4649(*?-?*)

そんなわけで、今月のおすすめ珈琲は、
「spring moon」
なんと良い語感だこと(^^)

「ポカポカ陽気はいいけれど、
ぼんやりミスには 要注意!」
(マスター一番心配 by ママ)

◎卯月四月のエマ
白くて愛らしい花を咲かせる空木(うつぎ)=卯の花。
四月はこの卯の花も満開に咲き揃います。
「卯の花月(うのはなづき)」から「卯月(うづき)」だそうです。

○四月の歳時記
お花見、新学期、入学、入社、
お団子、花見弁当、山菜採り、
苗代準備、
花冷え、菜種梅雨、山笑う、
椿、桜、かすみ草、シクラメン、
ウド、タケノコ、キャベツ、
ハマグリ、鰆(さわら)、太刀魚、真鯛、
いちご

◎今月の芸術工房展
「八代大地作品展」
●八代 大地(作家プロフィール)
いつからか関西圏にふらっと現れた焼刻画家。
パイログラフィ(日本ではウッドバーニングと呼ばれる)の技法を軸とし、人の持つ『弱さ』を表現のテーマとして作品を描く。

★4/2(日)
「第5回 さくら祭り」
振り返れば、エマも第1回から参加させて頂いております。
旧北小校区自治会さん連合の主催です。
当日は各自治体さんの模擬店が並びます。
笑間も珈琲をご提供(一杯100円!)しますと共に、
堂山にお住まいの村岡好弼先生のサックスとマスターのギターによるセッション
「歌謡ミュージックショウ」をご披露致します。
時間:10時〜12時過ぎ
場所:旧北小学校校庭(雨天時は体育館)
(門真市泉町4-12)
入場は無料です。

★4/10(月)
「ありがとうの日」
毎月10日恒例のお客様感謝デーです。
ご来店の皆様にもれなく手作りお菓子のプレゼント。
また、珈琲豆を10%オフにて販売いたします。

★4/23(日)
「第12回新庄収獲感謝祭」
こちらは笑間の遠征イベントです。
若狭との交友繋がりで3年前から笑間も参加させて頂いております。
とても清々しく風光明媚な渓流の里で開催されます。
笑間は、コーヒーや炭火焼パンと食べるカレー等をご提供致します。
また、友人の谷和彦さんとマスターとのアコースティックユニット
「サバイバルランド」のステージ演奏もあります。
時間:10時〜16時
場所:美浜町新庄 渓流の里(福井県三方郡美浜町新庄286-5-1)
0770-32-5580
※美浜駅からの送迎あり
笑間の実店舗はお休みとなります。

そも、収獲感謝祭とは?
「収獲感謝祭(シュウカクの字はけものへんのシュウカクです。)は、有害駆除の名のもとに捕獲殺処分される運命のシカやイノシシの肉を、その命に感謝し、かつ、なかなか入手しにくいジビエをいろんな人に食べてもらい、身近なものに感じてもらいたいという、獣肉の利活用と普及を図るために開催しているイベントです。?
これら有害とされる動物が増えたのも、そもそもは人間が蒔いた種ともいえるにもかかわらず、人間にとって「害」とされ、駆除されています。特に近年の農作物に対する被害は大きく、各市町においては報奨金を支給し、積極的に捕獲、殺処分を行っています。特に報奨金の金額が大きくなると、報奨金目的のためだけに捕獲され、これらの動物は焼却あるいは埋設処分されているのがほとんどです。人間にとって害であっても、動物たちにしてみれば生きるために摂餌しているだけで、この命を粗末にせず、せめて食べてあげて、なおかつ広く一般に知ってもらうためのイベントとして開催しているものです。」
(主催者であるNPO法人自然と共に生きる会サンガさんホームページより)

★4/23(日) エマリン
春のライドです。今回の行き先は、
日向市激辛商店街〜勝龍寺公園〜
細川ガラシャ〜恵解山古墳。
この日エマの実店舗はお休みの為、
集合場所は朝9時に門真市駅南側タクシー乗り場付近となります。
参加ご希望の方は笑間までお知らせ下さいませ。

今日は「第21回門真手作り市」参加の為、
笑間の実店舗はお休みです。
門真市立市民交流会館 中塚荘でお会いいたしましょう!

美味しいもの作ってお待ちしております(^^)

このところの天気は概ね晴れ。
本日も暖房なしでも室温は20度ありました。
体感は人それぞれですが、
随分暖かくなってきました。
暦の上では今日は虫が蠢き始めると言う「啓蟄」。
昔なら菰を一斉に焼き払う時とのこと。
確かにここ数日は人様の動きも活発だったようで、
笑間でさえお客様の出入りが多かったです^^;

さて、人の心の好奇の虫もうららうららと蠢き始める候、
笑間のイベントも始動開始です(^^)

★3月20日(日)『かどまっちフェスタ〜第4弾〜』開催!

振り返れば2年前、
「私の住む町門真を愛し親しみ活性化することを目的に、
ご地域の方々共々、親しく触れ合える場を提供するフェスタにしましょ」
と始めたご地域親交プロジェクトがこのイベントです。
自主企画のちっぽけなフェスタではありますが、
行政や企業に頼らない全くの自主独立の町興しの取り組みとして
地味ながらも着実に継続して行こうと思っています。

当日は、新鮮野菜の販売、フードとドリンクのブース、
ハンドマッサージ、似顔絵コーナー、音楽ライブ等々、
盛り沢山のプログラムを準備して
皆さまのお越しをお待ちしております。

場所は、西小路自治会館(門真市小路17ー17)
朝の10時から16時までです。もちろん入場は無料。
皆さまお誘い合わせの上どしどしお越しくださいませ(^^)

3月12日のお水取り(東大寺の修二会)を過ぎればもう春と言われるほど、
関西では季節の節目とされるこの行事も間近です。
私たちは、朝が昼に変わる節目を厳密には知ることができません。
夕方がいつ夜に超えていくのか、どの瞬間に過ぎていってしまうのか、
天の計らいを人は知る由もありません。
気がついたときには、芽はほころび、香りは風に乗り、
ウグイスは歌どきをわきまえて、自然はいつも自ずと成るもの。
今年も見回せばそこかしこに春の訪れです。

季節の変わり目は病気に要注意でもあります。
ポカポカ陽気になってきたからと油断していると
風邪をひいたりお腹をこわしたり…。
この時期に出回るかんきつ類でのビタミン補給がおすすめです。
例えば、先日エマママが作ってくれた金柑のケーキなんぞは
超おすすめでした。金柑をシロップで程よく煮て
そのまま生地に仕込んで焼き上げたシンプルケーキなれど
風味お味共に良く、喉にも健康にも最適。
これがまた珈琲との相性も抜群でした!
おすすめの珈琲は、タンザニア産ナチュラル精製のスウィートキリマンジャロかな。
冬ごもりを抜け出して、まずは笑間さんで一呼吸(^^)

《弥生三月の笑間》
「弥」は、「いよいよ」。「生」は、「生い茂る」です。
草木いよいよ生い茂る月で弥生。

三月の歳時記
ひな祭り、冬物衣類のクリーニング、
卒業、入園・入学の準備、お墓参り、
山菜採り、花冷え、シクラメン、沈丁花、
椿、水菜、ウド、タケノコ、菜の花、
鰆(さわら)、蛤、イチゴ

★3月10日(金) ありがとうの日
エマのお客様感謝デー。ご来店の皆様に小さなプレゼントを
ご用意致しております。
コーヒー豆を1割引にて販売致します。

★3月18日(土) 第21回 門真手作り市
暖かみを感じる手作り作品の数々、
フードブース、アーティストステージ、
小物作り体験、特別展示。
笑間珈琲もフードブースにて出店します。
アーティストステージにてマスターと谷君とで歌います。
門真市立市民交流会館 中塚荘(門真市月出町11ー1)
11:00〜16:00 入場無料(雨天決行)

★3月20日(月) かどまっちフェスタ
自主企画のかどまの小さな町フェスタです。
今回は松本ギター工房さんと笑間珈琲との共同主催です。
野菜の青空市、若狭の物産、フード販売、コンサート等々。

・10:00〜12:00は、飛び入りステージコンサート。
15分500円にてステージお貸しします(エントリー優先)。

・12:00〜13:00 歌謡・フォークショー(エマコーヒー企画)
サンガリア谷ワンマンショー (※投げ銭制)

・14:00〜16:00 クラシックギターショー(松本ギター工房企画)
富川勝智(ソロギターと伴奏)with エマのマスター(歌)(※投げ銭制)
※投げ銭制→会場入り口に投げ銭箱を設置致します。
お客様の満足度合と懐具合に応じて自由にご寄付(心付け)を頂きたいと思います。

場所:西小路自治会館(門真市小路町17ー17)
時間:10:00〜16:00 入場無料

◯富川勝智(とみかわまさとも)プロフィール
公益社団法人日本ギター連盟理事&ユベントス会会長。
洗足学園音楽大学クラシックギター科講師。
ギターリーダーズクラブ会員。
東京・渋谷にて富川ギター教室(クラシックギター専門)主宰。

◯谷和彦プロフィール
河島英五のツアーバンド、スロートレインのメンバーとして活躍。
生前の英五氏が最も信頼を寄せた一人である。

☆4月2日(日) 第5回さくら祭り
旧北校区自治会主催。
エマも第1回目よりお世話になっております。
各自治会の模擬店他、各種イベントのお楽しみ。
エマも出店。マスター、歌の出演もあります。
場所:旧北小学校校庭(雨天時は体育館)
時間:10:00〜12:00

本日10日は、毎月恒例、
「笑間さんのありがとうの日!」

ハンドメイド(made in mama)のお菓子をプレゼント
致しております。

今日は、『キャラメルりんごパイ』です(o^^o)

サクッとした食感とりんごの甘すっぱ味の
弾けるコンビネーションです!

勿論、珈琲との相性も抜群(^^)
爽やかな「春風ブレンド」、オススメです!

寒さが一番募る2月となりました。
寒さで衣を更に重ね着するところから
衣更着=如月(きさらぎ)だとか。
寒いからとお部屋に篭ってばかりいるのもよくありません。
時には外に出て太陽の陽射しを浴びましょう。
桜の花芽、陽だまりの猫、野辺にナズナ、土手にツクシ、
八百屋に春野菜、空に渡り鳥、
もしかしたら鳥のさえずりに混じってウグイスの唄とか。
きっとそこかしこに春の兆しを発見(^^)
うーん、そろそろスギ花粉もか…^^;

2月の歳時記
豆まき、恵方巻き、確定申告準備、入試、
スキー、バレンタイン、春一番、三寒四温、
梅見、サザンカ、シクラメン、かぶ、白菜、
水菜、菜の花、キンキ、蛤、ブリ、
金柑、八朔。

今月のお休み
毎木曜日、
12(日)、13(月)、14(火)、

<今月の笑間珈琲>
春の兆しがそこかしこに見て取れる2月です。
そこで、今月の笑間のスペシャリティコーヒーは
題して「春待ちブレンド」。
コーヒー発祥地エチオピアのモカと
コーヒー名産地タンザニアのキリマンジャロ
(しかもキリマンでは珍しいナチュラル方式)を
程良く焙煎(ハイロースト)してブレンドしました。
煌びやかな香りと口当たりの柔らかな甘みを愉しめます。
春を誘う風味と神気さえ帯びた格調高い
スペシャリティコーヒーです!

★2月10日(金) ありがとうの日
笑間のお客様感謝デー。
ご来店の皆様に手作りのお菓子をプレゼント致します。
また、コーヒー豆を1割値引きでご提供致します。

★2月19日(日) ONE’S コミュニティフェスタ
シルバー人材センター主催、地域参加型のミニ文化祭です。
舞踊や音楽、マジック等の舞台発表、
模擬店、バザーを行います。
エマのマスターと友人の谷和彦さんとでライブ演奏致します。
時間:10時〜14時
ところ:門真市立文化会館(門真市中町2-3)

★2月26日(日) エマリン
毎月最終日曜日は、エマのお気楽サイクリング倶楽部
「エマリン」の活動日です。
今月は、エマを9時出発〜毛馬の閘門〜大阪城梅林
〜南港・天保山を巡るライドです。
尚、当日朝(出発前)エマのモーニングをご希望の方は、
事前にエマまでご連絡をお願いします。

明日29日は、Japan Coffee Festivalです。

真冬の京都下鴨で、触れると火傷を負う位
熱い篤い志を秘めたアホウな珈琲好き連中が集う
「Japan Coffee festival」です^o^

笑間が当日におだしする珈琲は、開店当初からの看板ブレンド
「お陰様(お月様)珈琲」。
神域に相応しい格調を表現したいと
豆の選定やら焙煎具合の調整やら
皆様のお口に合うよう余念無く取り組んでおります(^^)

当日のお天気が気になるところですが、
2万人は来場するのではないか??(Max3万人!とは、主催者の談)とのこと。
世界遺産の糺ノ森で神気を浴びながら
格調高い数々の珈琲を堪能しにご来場下さいませ。

前売り券600円、当日券1000円(共に珈琲一杯無料券付き)。
前売り券はチケットぴあ、笑間珈琲でも扱っております。

SAMSUNG

SAMSUNG

もりバル緊急参戦??
サンガリア谷 & エママスター(^o^)

新庁舎移転、市政70周年記念事業等、
このところ何かと活気付く守口。
今月最終週末の三日間は、守口で初となるバル、
「もりもりバル」が開催されます。

500円のバル旅券を買って、
守口の名店をはしご酒して廻ろうという企画です。
賑やかしの一環で大道芸やプロレス、ダンスに音楽、
愉しいパフォーマンスも もり沢山!
そんな中、谷君とマスターにも出動要請が(≧∇≦)
もちろん参戦しまっせ〜!

僕達のライブは、
日時は、1/27(金)
場所は、「La Esperanza 」(もりもり旅券11番の店)
(守口氏桜町7-18)
演奏時間はまだざっくりですが、
18時〜22時半の間で自由に演って下さい、
と言われております^^;
最長で、4時間半やれってか??
もちろんやったるわい!

また追って、詳細はお知らせします(^ ^)

よくあるご質問。
「サンガリア谷&エマのマスターって何者?」

高校時代の同級生。二人合わせて106歳の歌好きなおっさんユニット。
昭和の名曲引っ提げて世代間交流にも貢献。
オリジナル曲も多数あり。
笑顔の弾ける空間作り、請負ます。

サンガリア谷(谷 和彦)
河島英五のツアーバンド、スロートレインのメンバーとして活躍。
生前、英五氏が最も信頼した一人である。

エマのマスター(仲大盛永勝)
門真元町の片隅で自家焙煎の小さな喫茶店笑間珈琲
(エマコーヒー)を美人妻と二人で営む。
河島英五の元マネージャー。

imageimageimage

睦月一月のエマさん

暦も小寒、大寒の記される寒さの続く1月。
空気も乾燥してのどもカラカラ。
風邪に要注意の月です。うがい手洗い励行。
また寒いからと暖房に当たりっぱなしも良くありません。
適度に寒気も浴びて抵抗力を付けましょう。

正月の歳時記
家族親族が互いに往来し、
仲睦まじく寄り合う月なので、睦月。

初日の出、初詣、新年会、寒中見舞い(立春前日まで)、
冬将軍、氷雨、霜焼け、冬枯れ、
梅、水仙、シクラメン、サザンカ、
カブ、白菜、水菜、鮟鱇、鱈、
金柑、みかん、

★1/10(火) ありがとうの日
新年初ありがとうの日です。
御来店下さった皆様に手作りのお菓子を
プレゼント致します。
ささやかですが、ママとマスターの
愛情のお裾分け(*^^*)
自家焙煎の珈琲豆も1割引にてご提供!

☆1/20(金) マスターの勝手に無病息災祈願の儀
「大寒の水行祭」@瓜割の滝
これで3年目となります。
一年で寒の気が最も極まる
大寒の朝の水を頂戴して皆様にお振舞い致します。
ただ汲んで来るだけでは物足りないので、
マスターが白装束で水行をし、
皆様の無病息災を祈念した上で
お清水(しょうず)を頂いて参ります。
尚、数に限りはございますが、
ご希望の方には無償で差し上げます。
この日の笑間珈琲は、
瓜割の清水(しょうず)でお淹れ致します。
(ただ若狭に行く口実作りやん、という声もある^^;)

★1/22(日) 大商業祭 10:00〜15:00
こちらのイベントも毎年恒例となりました。
守口門真商工会議所主催の大商業祭。
会場は、守口門真商工会館(門真市殿島町6-4)。
笑間は2階スイーツコーナーにおります(^^)
※この日実店舗はお休みとなります。

★1/29(日) ジャパン・コーヒー・フェスティバルin下鴨(京都)2017
「人×地域×珈琲×文化×芸術=?
日本の珈琲文化を世界へ発信!」
をコンセプトに全国から個性と情熱に溢れる
コーヒー屋が集います。
会場は、京都・世界遺産の下鴨神社(糺ノ森)。
10:00〜17:00
入場券 当日1000円、前売り600円(ともに珈琲一杯無料券付き)
前売り券は笑間でも絶賛発売中!

★1/22(日) エマリン エマ9時出発
エマの初詣サイクリング。
コースは、枚岡神社〜暗峠〜東生駒〜くろんど池〜枚方市。
走行距離約60キロのライドです。
(超急峻な坂道がありますので運動靴が最適)
モーニングを所望される方は、事前にお知らせ下さい。

imageimageimage

image

一年の計は元旦にあり。
さて皆様は酉年のこの一年を
どのように過ごそうとお考えでしょうか?
毎年、ママとマスターとで自分達の年頭標語的なものを
決めて一年を出発します。
ちなみに、昨年(2016)は、「思い残す事のない人生」
と言うものでした。
2017年は何がテーマになるかなと思いを巡らせていたところ、
マスター先日夢を見ました。
夢の中で鳥が飛んで来るのです。
一見ニワトリの様なのですが、
真っ赤なトサカが異様に長く
空を舞う姿は鳳凰の様に見えなくもない、
そういう不思議な鳥でした。
その鳥が舞い降りて来て卵を産むのです。
その卵がなんと金色。
そしてその金の卵を置いて何処かへ飛び去って行くのです。
そこでマスターが聞いた声は、
「孵化させてみい」と言うもの。

夢解釈は一筋縄には行かないところのものですが、
この夢はきっと吉兆であると確信しています。

酉年とは言うものの、そも「酉」は「鶏」ではありません。
東洋暦で使われる干支(えと)は、本来十干一二支で表されるもの。
ちなみに、2017年は「 丁酉(ひのととり)」。
「酉」は元々「酒」の「氵」を取ったもので、
水を湛える壺の象形文字がその由来です。
ですので、「器の中が満たされる」、転じて
「果実が最高に熟した状態」を表します。
従って、酉年は成熟の年であり、
成果を刈り取る年となります。
また、「とり」は「とりこむ」と言う語呂合わせから、
商売繁盛の縁起を担ぐに良い年回りとされています。

振り返れば、我が笑間珈琲がオープンした2005年は、
丁度酉年でした。
商売を始めるには良いタイミングだったことになります。
相変わらずその日を凌ぐのがやっとな程度の
小さな小さな商いしか出来てはおりませんが、
お陰様で今年は干支も一巡して12年目を迎える笑間珈琲です。
商売は儲けということが大事ですが、
エマ場合は、これまで儲けよりも
人とのご縁を大切に温めて参ったように思います。
植物で喩えれば、見えない土の中で
ひたすら根を張ってきた感じです。
ですので、エマの場合は「石の上にも12年」。
花の開く年がようやく巡ってきたと
ワクワクしております(*^^*)

夢の中で授かったのは金の卵でしたが、
マスターの思いとしては、
金の翼を戴いたように感じております。
ですので今年の笑間は、「羽ばたく年」です。
順風逆風、空の風向きはきっと千差万態あることでしょうが、
気持ちの良い風を掴まえて
気持ちの良い飛翔をしたいと思います。
なんだかボブディランの「Blowin’ in the wind (風に吹かれて)」が
歌いたくなりました(^^)

「どれだけの道を歩めば 人間と呼ばれるのだろう
あといくつの海を越えれば 白い鳩は浜辺で休めるのだろうか
あとどれだけの砲弾が飛び交えば 永久に禁止となるのか
答えは友よ 風の中 風に吹かれて舞っている

山は何年そこに留まることができるのか?
海に洗われるまで
人はあと何年生きていけば良いのか?
自由が許されるまで
あとどのくらい人は顔を背け続けるのか?
見ないふりをあとどのくらい?
答えは友よ 風の中 風に吹かれて舞っている

人は何度見上げれば 青い空に気がつくのか
為政者たちよあなた方は いくつの耳を持てば
人々の叫びが聞こえるようになるのか
あと何人の人が死ねば ことの重大さに気がつくのか
その答えは友よ 風の中 風に吹かれて舞っている」

その答えは明快です。
人が生き存在する目的は、愛と心情と人格を高め合うこと。
それさえぶれなければ大丈夫です。
今年もどうぞよろしくお願い致します!

10 / 22« 先頭...89101112...20...最後 »