2011年 4月 4日

言わずとも知れたことですが、珈琲豆は農産物です。

従って、豆の品種や産地や農園、精製工程、

その他の諸々の要因によって、その味わいは千差万別です。

また、同一銘柄の豆であったとしても、

焙煎技法や焙煎度合い(煎り止めのタイミング)の違いで

これまた味わいが大きく変わってきます。

これに更にブレンドの組み合わせまで含めると

無限の味わいを創りだせることになります。

そんな中から、自分の好みの味を見出すには…

凝りだせばきりのない旅路となってしまいます。

そこでエマでは、珈琲の味の目安として

以下の4タイプを柱として参照していただいています。

タイプ1 (ライト系)…軽やかさと爽やかな酸味と甘みが特徴の

            お茶感覚で飲めるライトな味わい。

タイプ2 (マイルド系)…口当たり良く、まろやかな中にもしっかりとした

              風味が楽しめるマイルドタイプ。

タイプ3 (ストロング系)…喉ごしのよい苦味と強めのフレーバー、

               そして程良いコクが味わえるタイプ。

タイプ4 (ヘビー系)…重量感のあるコクと甘苦を追求した深煎りタイプ。

この味わいタイプにエマコーヒーの現在のラインナップをあてはめてみますと、

ライト系…あけぼのブレンド

      タンザニア モンデュール農園

マイルド系…お陰さまブレンド、桜ブレンド、

        エチオピア イルガチャフィ、

        メキシコ ニューメキシコ農園、

        ルワンダ マラバ

ストロング系…お天道様ブレンド、

         ブラジル セラード

         インドネシア マンデリン

ヘビー系…お星さまブレンド、

       インドネシア スラヴェシ ママサ

となります。

ご参考までに。