2011年 4月 13日

4月13日(水)

『マジェンタ』

最近よくメッセージとして受け取る色です。

以前にも『ちょうちょ』のメッセージがあったなぁと

思い出して過去の日記を調べてみると、

驚くことに丁度一か月前の13日にそのことを書いていました。

まず最初は、

ある方から、マジェンタのイメージは大地の母に愛が届くと

教えていただいたこと。大地を揺るがす震災があった後だったこともあり

届くという事は、受けとれるという事でもあるのだと思い

すぐにマジェンタ色のシャツを買いました。

次は、

先月エマで絵画展を開きましたが

あまりにも素晴らしいちぎり絵に魅せられたものですから

今月も引き続き、和紙絵画の先生のご厚意から

30号の大作をお借りして掲げていますが

先生自ら選んで下さった絵が

マジェンタ色の美しい蓮の花の絵でした。

そして、今日

私の心に存在する大切な人から

giftを受けたのですが

その花束が、全て濃淡混合のマジェンタ色のお花で

作られたものでした。

マジェンタのメッセージを受けとる前の私は

愛を与えて返ってこなかった時、報われなかった時など

どうして寂しく思ったり、空しくなったりするのだろうか

この心の作用はどこからきて

どのようにしたらこんな思いを抱かずに

心が幸せになるのかとずっと考えていました。

そう意識して毎日の生活を送っていると

ただ純粋に愛し、信じ、思う(心を向ける・関心を寄せる)ことで

私の心の中にその人が存在してくれる、

つまりはそのことが幸せなのだ

という事に気付きました。

そう思うと、別に返ってこようがこまいがそんなことは問題ではないと。

それよりも、そんな負のエネルギーを使うより

多くの人が居心地良く存在してくれるように

良い心でいることにエネルギーを使おうと思います。

愛を与えて心が枯渇するというのは

実は、自分の心にひとりぼっちの自分だけしかいない状態だ

ということではないでしょうか。

マジェンタの色の意味を調べてみると

『神聖なる愛』でした。

きっと、愛について考えるようになっていたのでしょうね。

私の心に存在してくれる人が居る幸せに

感謝してこれからも暮らしていきたいと思います。

明日は、エマのお休み日です。

金曜日、元気にお目にかかりましょう…。