2011年 8月 29日

8月29日(月)

次の日の朝

蒸し暑さで目を覚ましたのは5時過ぎ。

すっかり外は明るかったので、

モソモソとテントから出て深呼吸。

マスターも一緒に目覚め、四万十川のランニングに出発しました。

マスターは走る気満々でしたので

ランニングシューズを履いてきていたのですが

赤いテントで就寝中の若い二人は、爆睡

走る気配の気の字もありませんでした(笑)

まぁこの2人がランニングシューズを履いてこなかった時点で

マスターは、

「な・なんやと?走る気ないやんけ!」←(時々こんな言葉使いをするので、なにげにおもしろい)

とつっこんでおりましたが。

 

マスターが走っている間に私は朝食の準備です。

用意をしていると、ラジオ体操の音楽が村内放送から流れてきました(結構、大音量)

「こ・これは!久しぶりにやるか(^O^)/」と四万十川を眺めつつ

たったひとりのラジオ体操スタート。

でも一人で体操していると、その都度、動きを説明してくれてますが

腕を横に曲げてーっから以降の動きがえっと?解らなくなった(^_^;)

動きの説明を聞いても解らず、ジャンプじゃないところで飛んでたり…

とうとう順番がめちゃくちゃになってしまい

終いには好き勝手な体操をしておりました。

たった一人でのラジオ体操って

10人いたら何人が最後まできちんと体操できるんだろう。

まあこっぱずかしい時間を過ごして

朝食作りスタート!です。

マスターも帰って来て水を一杯

川ではなく山に向かって走り、トレイルランを楽しんできたそうです。

地元の子供たちはすれ違うとみんな大きな声であいさつをしてくれると

いたく感動しておりました。

よかったね

さてさて

目覚めのあったかいほうじ茶を淹れて

仲よく眠っている2人を起こします。

「ごはんよーーっ」

飯盒で炊いたご飯と炭火で焼いていた里芋で芋ごはん

昨夜、作っていた焼きナスを入れて、焼きナスとオクラのお味噌汁

キュウリの浅漬け

道の駅で買っていた四万十川の瓶のり

あーーー納豆買っとけばよかった(後悔の念)

すだちと醤油をかけて食べると美味しいっす

食後はコーヒータイムです。

はい。君たちのお仕事です♪ミルを回して豆挽き

コーヒーの良い香りがひろがります。

キャンプだと、どうしてこんなに食べれるんだろう(恐るべしおなかの出っ張り)

しかし、ゆったりした野外での朝ごはんは気持ちいいです(^ー^)

それなのに、まだ眠気まなこのお二人さん

腹いっぺーだーーっ!!

もうひと眠りするかーーっ!!の二乗(えぇ?うっそー)

 

あっそうそう

突然の来客でしたが

我がテーブルのお客様のご紹介を忘れておりました。

なにげに冒険家です

しっかりとカメラ目線のモデルさんです

 

川遊びにつづく

(けっこう長いね。つづくねぇ)