2012年 6月 4日

【マスターの恋愛観、そして夫婦論】

“June Bride”。「六月の花嫁は、幸せになれる」とは、

ローマ神話に登場するジュピターの妻ジュノーが、

結婚生活の守護神である事に由来するそうです。

ここのところ、笑間とお付き合いの深い友人たちが、

立て続けに結婚して行きます。

先月は披露宴にご招待に与りましたし、

今月は今月で、ご入籍の方がおられます。

この先、他にも多数、ご結婚予定の方が控えていらっしゃいます。

不思議な位今、笑間は、ブライダルラッシュです。

 

お客様からよく「マスターとママは何でそんなに仲がいいのですか」と

質問を受けます。あるいは、「ママとマスターを見習いたい」とか、

「お二人は奇跡の夫婦ですね」とまで言われます(汗)。

まぁ、自分で言うのもなんですが、私たち夫婦は仲良しですねぇ。

結婚して既に13年、付きあっていた時代を含めれば、もう20年以上も

一緒に居ることになります。

仕事でもプライベートでも、四六時中顔を突き合わせていますが、

マスターは飽きることがないですね。もちろん、たまには喧嘩もしますが、

いつも楽しく寄り添いあっております(照)。

今回は、そんなマスターの独身時代の恋愛観を少々お話します。

 

明日につづく。