2012年 11月

25日の日曜日、第二回大阪マラソンが開催されました。
マスター達もチームエマで、総勢七人で参加してきました!
なんと二年連続の参加です(^^)
ラッキー☆
当日は、昨年と違って、
快晴で最高のコンディションの下、
全員力走し、見事完走(^o^)/
応援・声援を送って下さった皆様、
本当にありがとうございました!

image

image

image

image

image

image

image

みんな、お疲れ様でした!
三年連続出場を目指しましょう(^o^)v

昨日は、11月22日。
『いい夫婦』の日でした♪
なんと、笑間と懇意にして頂いているカップルが一組、
この日に合わせて、
入籍を果たされました(^.^)
塁君&たまちゃん、おめでとう!
末長く御幸せに☆☆☆

さて、昨日は旧暦で言うと、
10月9日。
干支で云うところの、「亥」の日。
昔からの慣わしで、特に茶道の世界では、
毎年亥の日、亥の刻(夜の10時前後)に合わせて、
炉開きを行います。
珈琲道は茶の湯にも通づると、
笑間でも毎年このタイミングで
七輪に火を入れます。
昨日は、「小雪(ショウセツ)」でもあり、全国的にも寒さの募りを感じました。
いよいよ本格的に冬支度です。

笑間の七輪練炭の暖♪
写真で見ての通り、
お洒落で、レトロで、温かです。
時に、お餅を焼いたり、
ぜんざいを炊いたり、
することもあります。
ほっこりと温まりにいらして下さいね(^^)

image

image

image

image

image

image

image

早速、ほっこり(^.^)

毎月第三土曜日恒例の歌夜会。
今回は、七周年スペシャルということで、
場所を違えて、行います!

場所:バーアルフェッカ
  (阪急神戸線夙川駅乗り換え、
   甲陽線1つ目の駅・苦楽園下車、西へ約170メートル)
  TEL.0798-71-5135
時間:夜7時スタート
出演:1.アコースティックE‐MAN 7:00-7:30
   (マスターとテルの新ユニット)
  2.木野彰吾   7:30-8:00
   (ハイトーンでナチュラルな弾き語り)
  3.ユーキ    8:00-8:30
   (東京で活躍中のボーカリスト。サポートG.にユキマサ)
  4.やっすん&テル8:30-9:00
   (R&Bのボーカル&ギターユニット)
  5.たーちんユニット9:00-9:00
   (竪琴&ギターのnew world )
  6.米須昌代 9:30-10:00
   (純天然系弾き語り)

御予約は要りません。
ノーチャージです。
お店のメニューをご注文ください。

バーアルフェッカは、
元はクロードチアリさんが経営しておられた
本格的なライブスペースです。
席数も50人位は大丈夫です。
当日は大勢の方々のご参加で、
笑間の七周年を盛り上げて頂きたいと思います。
また、若いミュージシャン達の応援という意味でも、
是非皆様にご参加頂ければと思います。
よろしくお願いいたします(^^)

image

image

写真は、今朝の空です。
三日月をひっくり返しに見たら、
『7』に見えました。強引ですが…(^^;
本日は、笑間が産声をあげて、丁度7年目となる日でした(^^)
特別な取り組みをしたわけでなく、
いつものペースで店に立ち、
いつもの手順で珈琲を点て、
いつものようにお客様とのふれ合いを楽しみました。
ですがやはりいつもと違って、
お客様から身に余る祝福をたくさん頂きました!
こんな私たちを慕って下さる皆さんの情に、感激ひとしおです。
本当にありがとうございます(T-T)

さて、今日はありがとうの日でしたので、
ママは朝からクッキー作りに大忙しでした。

image

image

image

勢い余って、黒糖サーターアンダーギーも作りました。

image

波照間島産黒糖をたっぷり練り込んだ逸品なのです。
おいしさー。

image

image

クッキーもサーターアンダーギーも大好評でした(^.^)

たくさん贈り物を頂きました!

image

image

image

image

皆さんの健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます!

image

あっ、こんなとこにも『7』が(^_^)

image

image

image

宴も佳境となり、
突然BGMに名曲”The Rose “を流してもらい、
ご両人へのサプライズプレゼントです。
「実は、私たち(マスターとママ)もお二人にプレゼントを用意しました。
それがこれ。バラの指輪です。
このバラはブリザーブドフラワーと言って、
本物のバラを色褪せないよう、特殊加工したものです。
さて、バラが象徴するもの、
それは『愛と喜びと美』だそうですが、私たちは思います。
バラが象徴するもの、
それは『愛と命の種(たね)』であると。
ですから今日、『愛と命の種』としてこの指輪をお渡しします。
これから二人して、その種を育んで、
『薔薇』と云う名の花を、
『愛と喜びと美』の花を、
大きく咲かせて下さい。」
斯くして、セルフプロデュースの心温まる結婚式は幕を閉じ、
マスターも大役を終え、心地よい腰痛の中、
家路に就きましたとさ。
めでたしめでたし。

『謝辞』(since 2005.11.10.)

今月10日で、笑間は開業7周年となります。
歳月は、縁を結び、育んで、
マスターも結婚式の主礼を務めるなど、
人生の彩りを豊かにしてくれます。
これからも笑間は、『笑顔のあふれる空間』として、
心温まる仲間たちと有意義な時間を重ねて行き、
皆さんの『陽の当たる場所』を目指したいと思います。

ありがとうございます(^^)

続いては、お待ちかねの披露宴です。
会場の飾りつけは、お花のアレンジ含め、
全て花嫁さんの手によるもので、
親しみを感じる可憐な空間となってました。

image

さて、盛大な拍手の中、ご両人が入場し、
キャンドルサービス、ケーキ入刀、乾杯と続きます。

image

そして、美味しい料理に舌鼓を打ち、
祝杯を酌み交わし、
楽しい余興へと続きます。
今回、ご両人がこだわった宴のテーマが
“A place in the Sun(陽の当たる場所)”(スティービーワンダーの名曲)でした。
この曲(どうやら新郎の人生のテーマ曲らしい)を是非演奏して欲しいと、
新郎直々に熱いリクエストを頂いたので、
マスター、張り切ってギターも掻き鳴らしました。

image

この曲は本当名曲なので訳詞も載せておきます。

”A Place in the sun(陽の当たる場所) “

 長くて孤独な川の流れのように
 夢に向かって僕は走り続ける
  movin’on ,movin ‘ on.
 木の枝がそうであるように
 自由をつかむため 僕は腕を伸ばし続ける
 なぜって 陽の当たる場所が
すべての人に希望となる場所があるんだ
 その場所こそ 心を痛めて打ちひしがれる
 今の僕が目指すべきところ
 陽の当たる場所があるから
 僕の人生が終わってしまう前にたどり着かなきゃ
 陽の当たる場所に

 埃の積もるボロボロ道を
 重荷を抱えて僕は行く
  movin ‘ on , movin ‘ on.
 トラブル続きの地球も疲れきって
 僕は生まれた時からそこを転がり続ける
 だけど陽の当たる場所があるんだ
 そこにはすべての人に希望があるんだ
 傷ついた僕の魂を奮い起たせる所
 そうさ陽の当たる場所があるんだ
 だから 僕の人生が終わってしまう前に
 見つけるんだ 陽の当たる場所を

 最悪の時が訪れて
 君をどんなに打ちのめしたとしても
 きっといつも思い出してほしい
 ??? There’s a place in the sun.
 陽の当たる場所が必ずあるって事を
 すべての人に希望となるその場所があるって事を!

(1966年発表のスティービーワンダーのアルバム
“down to earth”より)

 (続く…)

image

佳日10月8日、国民の祝日体育の日。
爽秋のみぎり、笑間と縁(えにし)の深いあるお客様の結婚式がありました。
この人との出会いを契機に、エマリンが始まり、
愉快な仲間たちが陸続と集うようになった事を思う時、
この方は笑間の輪作りに大いに貢献をして下さった、
言わば功労者と言うべき存在です。
この度のご結婚に至った経緯の中で、
在りし日の笑間でのイベントが縁結びの決め手となったとのことで、
なんと私マスター、今回の結婚式の司会・進行及び主礼を司って頂きたい、
とのご指名で、僭越ながらお引き受け申し上げた次第です。
式のスタイルは、近頃流行りだと言う人前結婚式(1.5次会とも言うらしい)で、
格式ばらず、ごく親しい親族と友人のみに集まってもらう、
小規模で親しみやすさを重視した式です。
会場は、大川をゆったり見渡せる広いテラスが付いた洒落たカフェレストラン。
ここに60名程が集いました。
先ずはマスターの主礼の下、
皆さんにテラスへと集まって頂き、
結婚式の始まりです。
新郎の友人である
プロのサックス奏者の生演奏による
「結婚行進曲(メンデルスゾーン)」に乗せて、
新郎新婦の入場です。
そして主礼の口上が始まります。

image

image

image

「お集まりの紳士淑女の皆様。
今日のこの場は、
これまでお世話になった皆様一人一人に立会人になって頂き、
皆様の御面前で『永遠の愛を誓う』
決意と覚悟の尊い儀式の場にしたい、
そういう両人の強い希望で、
このような形を取らさせて頂きました。…云々…。
これより、新郎新婦が二人で綴った言葉で
永遠の愛の誓いを立てます。
どうぞ、愛の誓いに心を傾けお聞き下さい。」
誓いの言葉、指輪の交換、誓いのキスと、
粛々と式は進み、万雷の拍手の下、
二人の婚姻は承認されたのでありました。
ふと空を見上げると、
まるで天女が舞うかのような
美しい祝福雲でした(^^)

image

image

image

    (続く…)

7周年記念も兼ねてお届けするスペシャル歌夜会
これまで笑間と縁(ゆかり)の深いアーティストにご出演いただき、
いつもと違う本格ライブスペースでの歌夜会です。

<会場>BARアルフェッカ
<時間>19時スタート
<システム>ご予約は不要、ノーチャージです。お店のメニューをご注文ください。

★出演者★
○ アコースティックE-MAN(マスター&テル)
○ やっすん&テル(R&B系のボーカル+ギターユニット)
○ フクトメ・ユーキ(東京で活躍中の新人ボーカリスト)&ギター.ユキマサ
○ 木野彰吾(ポップでナチュラルな弾き語り)
○ 米須昌代(まったりほっこり純天然系弾き語り)
○ たーちんユニット(竪琴&ギターのNewWorld)
※出演の順番は未定です。

大勢のご参加で是非とも盛り上げて下さい!

 

■BARアルフェッカの地図■

大きな地図で見る

営業時間 
月・火・水・金
9:00-21:00 (ラストオーダー20:30)

お休み

 9:00-16:00

11月のお休み

毎週木曜日(1日、8日、15日、22日、25日、29日)がお休みです。

25日()体育の日 第2回大阪マラソン参加の為、お休みとさせていただきます。

 

★★イベント★★

・11/3(土)「エマルナイト」第十三夜 (18時から21時まで)
アナログ音源をまったり楽しむ、エマのLPレコード鑑賞会。
詳細はこちらをご覧ください。

※ご予約は不要です。

・11/10(土)ありがとうの日

この日は笑間の7歳のお誕生日です。
ささやかですが、ご来店の皆様に記念のお菓子をご用意しております。
また、珈琲豆を1割引きにて販売いたします。

・11/17(土)スペシャル歌夜会 第34夜
7周年記念も兼ねてお届けするスペシャル歌夜会!
会場は笑間ではなく、阪急の苦楽園口駅近くにあるカフェレストラン「BARアルフェッカ」で行います。
詳細はこちらをご覧ください。

・11/24(土)笑間輪(エマリン)第38回例会
今回は「自転車メンテナンス講座」です。愛車と末長く楽しくお付き合いするために。

朝の6時にエマを出発します。8時をめどに帰ってきて、ママの手作り朝ごはんをいただきます。

参加費は、お一人500円です。予め前日までにご予約下さい。

・11/24(土)笑間塾 第七講
テーマ「家系は語る その2」
先回(9月)のお話が大好評でしたので、我らが尊敬する
星 裕 先生に再度のご登場をお願いいたしました。

夕方17時より1時間、受講料はお一人1,000円です。

★ドミニカ国 教育支援の会
ご協力のお願いです。
「カリブ海の植物園」と称される輝きの島 ドミニカ国
縁あって、笑間ではこの国に画材を贈る教育支援に協力しています。
ドミニカコーヒー1杯450円の内の50円を、
またドミニカコーヒー豆100g550円の内の100円を寄付金とさせていただきます。

※イベントの事前予約はご来店の際に直接、もしくは電話/FAXContactなどでお願いいたします。