2013年 4月 24日

20130424-184435.jpg

時を刻むこと
呼吸の調べ
唾飲の味わい
裸足の触覚

立ち上がる
しゃがみ込む
ものを掴む
一人ごちる
口笛で空気を振るわせる

現象世界は
どこまでも物理の連鎖
物と物とが関わり合い
作用と反作用が繰り返され
いつしかその動きは
収束する時を迎える

あの星空の向こう側
あの星空のこちら側

時間の流れの向こう側
時間の流れのこちら側

私が過ごす場所
私が歩む時間

燐寸一本擦る間も無い私の人生

無限や永遠を前にして
めりめりと
夜の底が抜け落ちる感覚

そして思う
肉体にからまる
心とは何だ

心の正体を知りたくて
私は、人と関わる
暮らしを綴る
時に旅にも出る

見えぬ心を遣り取りしながら
心の連続性を考える

一服珈琲を啜りつつ

20130424-191323.jpg