2013年 6月 17日

毎月恒例の笑間の音楽イベント、歌夜会。
今回、第四十一夜は、雨に見舞われて
足元のおぼつかないコンディションであったにも関わらず、
久し振りの満員御礼。
大盛況のうちに終えることが出来ました*\(^o^)/*

やはり、メインゲストでお迎えした
松本吉夫先生のお力添えのお陰であったと、
勝因を分析しております。

実際、先生の奏でるクラシックギターの音色には
聴衆全員が、うっとりと聴き入ってしまいました。
文字通り、魅了されたひと時でした。

オープニングアクトを飾った
フラワー王子トムの弾き語りも、
先ず選曲が彼に良く似合った(高橋優の「福笑い」と言う曲)
優しいメッセージの詰まったいい曲だったし、
二番手の青汁太一も見た目と違って
度胸の据わった力強い歌声で(ビギンの「島人の宝」)、
両者共とても好感が持てました。

マスターは、今回は
アコースティックひとりE-MAnで臨みました。
テーマは、昭和の青春ソング特集。
数ある昭和青春ドラマの中から、
選りすぐりの選曲でお贈り致しました。

出で立ちは、よれた上着に、破れジーンズ、
そして勿論、下駄履きで登場したのでありました
(が、あんまり受けんかったけど…;^_^A)。

ギャラリーの大半が、ドンピシャの世代でしたので、
共に口ずさみ、懐かしみ、
時にメランコリックな感情を共有しつつ、
一体感に包まれた、
マスター的には、
高揚感のある印象深い夜になったのでは、
と感じました。

松本先生のギターは、
流石に貫禄がありました。
技量、キャリア共、申し分無い演奏は、
正に圧巻!

正に、音楽の神様、ミューズの降臨でした!

今朝のマスター手作りブレッドは
(本当は優秀なH.B.に作らせている^^;)、
水の代わりに、カフェオーレを使ったパンです。

何が素晴らしいかと言うならば、
もちろんそれは、
笑間の冷コーを使用していることに尽きるのだ!

特別に配合を紹介!

成分無調整牛乳80cc
笑間の冷コー 100cc
無精製のきび糖 大さじ2
バター(笑間では絶対にマーガリンは使わない) 20g
自然塩 小さじ1
ドライイースト 適量
強力粉 280g

以上。

この 牛乳:冷コーの 80:100 の比は、
マスター的には黄金比率ですね。
笑間の夏場の人気メニューである
アイスミルクコーヒーと同じ配合です。

このブレッド、
焼き上がりが上等ですね。
しっとりと気品のある仕上がりです。
やはりねー、コーヒーがいいとねー、
風味が違いますなぁ~(^o^)

満足の行く出来栄えでした(*^o^*)

あっ!皆さん食べにきてね!!

20130617-101920.jpg