1 / 212

2016年 7月

img_5598.jpg

葉月八月の笑間

旧暦では、八月はすでに秋。
なにせ8/7は、立秋。
葉っぱが紅葉して落ちる月「葉落月(はおちづき)」
転じて「葉月」。
季節はすでに初秋と言うが…。
それはそうと、連休中に帰省やバカンスで
海や山に出かける人も多いことでしょう。
人の動きが集中するこの時期、
遠出は思った以上に時間もかかり疲れるもの。
せめて連休最後の一日くらいは家でゆっくり
体を休めたいものですね。

*八月の歳時記
暑中見舞いは8/7まで。
残暑見舞いは8日〜8月末まで。
紫外線対策、夏バテ対策、台風の備え、
海水浴、花火、墓参り、盆踊り、
打ち水、ビール、冷奴、麦茶、素麺、カキ氷、
入道雲、夕立、向日葵、朝顔、枝豆、トマト、
ゴーヤ、茄子、オクラ、鯵、桃、無花果。

★8/6(土) 門真みらい校区門真まつり

門真みらい校区の自治会さんや有志の方々による
手作りの夏祭りです。
笑間も出店致します。
時間:15時半〜22時
場所:門真みらい小学校校庭(雨天決行)

★8/7(日) 今庄宿「若狭屋」出張営業

福井県南越前町の歴史街道今庄宿。
情趣あふれる旅籠カフェ「若狭屋(旧木の芽)」
にて行われるライブイベントに
笑間も出張出店致します。
ライブパフォーマーは、エマでもお馴染み
ユキマサ率いるashreb(from osaka)。
もう一組は、E-man brothersの片腕
山本邦さん率いるflying bird(from tsuruga)。
風光明媚、ロマンあふれる山あいの里、
今庄で夏のひと時、過ごしませんか?

場所:福井県南条郡南越前町今庄75-13
open 14:00 live act 15:00より
入場料 1500円(飲食別途)

★8/10(水) ありがとうの日

エマのお客様感謝デー。
ご来店の皆様に小さなプレゼントをご用意しております。
また、自家焙煎の珈琲豆を1割引にてご提供させて頂きます。

★8/21(日) マイフレンドつきやまきよみ
「それでも世界は美しい。」 映画上映会

若狭でいつもお世話になる清美さん主演の
ドキュメンタリー映画が完成致しました。
清美さんは10年程前に完全に視力を失われて、以来、
盲導犬と暮らしながら、視覚障害者の立場から得た学びを
講演活動を通して発信されています。
その姿は、いつも希望にあふれ周りを勇気づけます。
そんな清美さんの主演映画。とても楽しみです。
皆んなで応援に行きましょう!

上映日時:8/21(日) 13:00開場 13:30開演
会場:愛東コミュニティセンター(滋賀県東近江市下中野町431)
入場料:大人1000円 中高生500円 子供無料

★8/28(日) エマリン

猛暑の中のサイクリングが予想されますので、
距離は短く50キロ程としました。
行き先は、大山崎宝寺、島本町の歴史館その他、
葭崎会長ご推薦の美味しいパン屋さんにも立ち寄ります。
朝の9時に笑間に集合・出発します。


「夏の意義」
今夏は観測史上最強の夏になる!

そんな予測をあのNASAも立てているのだとか。

夏の陽気は日増しに高まり、

暦で言う「大暑」(今年は7/22)で極まる。

海や大地に溜め込まれた陽気は上昇気流を生み、

積乱雲や雷雲となってヒートアップした地上を

再び激しく冷ましにかかる。

夏場の夕立や台風もまた自然界の必然のサイクル。

エネルギーは滞ることなく循環することを

良しとする。
兎に角、夏は「熱」の季節であり、

年間で一番エネルギッシュな季節です。

植物はあっという間に成長をし、

畑では刈っても刈っても雑草が生い茂る。

けれど同時に、茄子や胡瓜やトマトなど、

夏野菜はどれもたわわに実ってくれる。

故に、お百姓さんは農繁期の真っ只中。

この季節は、よく食べてよく働き(動き)、

新陳代謝を上げて体に熱をこもらせないよう

循環させることが体調管理の極意。
兎角この時期は、自然界のエネルギー値が高い分、

食べ過ぎたり、飲み過ぎたり、夜更かししたりで、

その結果胃腸の気が乱れがちになります。

胃腸の疲れは、そのまま食欲不振や消化吸収力の低下を招き、

風邪や微熱が長引いたり、気だるさが抜けなかったり、

所謂、夏バテ状態となります。

そんな時は、「何を食べるか」よりも、

「よく噛むこと」、「粗食で腹八分目に控える」ことで

「消化器系を健全に保つ」ことが肝要です。

暑いからと内臓を冷やし過ぎれば

胃腸は弱り、気力・体力とも減退してしまいます。

 東洋医学ではこの状態を「脾」が弱っていると解釈します。

「疲れやすい」、「やる気が出ない」、「顔色が優れない」、

それらはすべて「脾」の機能低下が原因と考えられます。
ですから、夏場は「脾の気を補う」ことが養生の鍵となります。

南瓜やトウモロコシなどの「甘味」を持つ夏野菜が効果的です。

あと、玄米や雑穀を発酵させた甘酒は夏場の栄養補給飲料として効果覿面。

なんでも江戸時代の頃は、

甘酒売りは夏の風物詩だったそうです。
マスターの場合、この時期は自前で経口補水液を作っておきます。

近頃は市販のものが手軽に手に入りますが、

手前で作った方が安心で安価です。
水道水でも良いですが、自分なりのこだわりのお水があれば

それを1リットル用意します。

あとは、糖分40グラム、塩分3グラム、レモン果汁大さじ1、

を混ぜるだけです。

マスターの場合は、砂糖は使わずにてんてきの糖

(ヤマト蜂蜜さんの蜂蜜入りの果糖)、塩は沖縄の天然塩、

レモンに変えてシークァーサー、そして

ビタミンC(アスコルビン酸原末)を1グラム添加して作ります。

経口補水液は、身体の体液と浸透圧がほぼ等しいので

消化吸収が速やかです。

また、マスターの場合、砂糖(多糖)ではなく、果糖(単糖)を使うので

血糖値の急上昇が抑えられること、

速やかにエネルギーに置き換わる利点があります。
さて、ところで珈琲には身体を冷やす性質があると、

言われる事があります。

その根拠の一つは、「珈琲は南方産の食品であるから」と言うもの。

陰陽五行の中医学の立場では、

身体の代謝・生理機能を促進させる作用は「陽」に

属するとされます。

珈琲の主要な成分はカフェインです。

その薬理作用は、軽度の興奮作用(脳の活性化と眠け覚まし)、

利尿作用、胃酸分泌の促進、末梢の血管の拡張等です。

結論としては、基礎代謝を促し体温を上げる傾向、

すなわち陽性にあるので、

珈琲が身体を冷やすと言うことはないと思われます

(但し、諸説あります)。

かと言って、暑いからとアイスコーヒーをガブ飲みは

よろしくないでしょう。

マスターなら、早起きした朝に

浅い焙煎の熱い珈琲をたっぷり、

ゆるりと時間をかけて飲み干します。

夜明けの珈琲。

笑間のあけぼの珈琲を。

image
今回の北陸行では、
世界的なディジュリドゥ奏者、
shibatenさんに大変お世話になりした。
加賀百万石と謳われる通りの
豊かな風光と水の大地、
そして住まう人々の美しさに
心打たれながら過ごしました。

忘れ難いのは、shibaの家で
皆と語り明かした一夜。
胸の奥のいずみから汲み上げる言葉の数々。

そして、その後別れ難く帰阪したマスターは、
夢の現(うつつ)にその夜の言葉を
回想したのでした。

「人は、森に
樹々に
緑に
水に空気に、
とてつもなく癒される。

でも、この頃よく思う事。
森・樹々・緑・水・空気もまた、
実はそれを心から愛する人によって、
とてつもなく癒されている、
との思い。

一人の人と対峙するあらゆる存在物は、
関わるその人の思いの如何によって、
その存在価値が決められて行く。

この事は、
人は万物の霊長としてこの世界に於いて
君臨する位置にある、
という事が言いたいのでは無く、
この世に於ける人間の存在意義(役割り)
の問題としての話。

人の人たる所以。
それは、あらゆる存在物を意味付け
意義付ける能力。

その能力の故に、
人は喜びもし、落胆もするのだが、

一人の人がこの世界に占める
その存在の座標軸は、絶対的。
あなたに取って代わって
時間的空間的その座標軸に
留まることの出来る存在は、
残念ながら、居ない。

その座標軸にあって、
後にも先にも、
この世界に真に素敵な意味を持たせ、
色付け、輝かせることの出来るのは、
唯一、あなた(私)だけ。

世界は、私(あなた)の心がけひとつで、
輝きもし、燻(くすぶ)りもする。

私の言葉が、思いが、振る舞いが、
関わる他者を真に生かしもし、
殺しもするのだ。

結局、この世の幸も不幸も私次第。

私が幸福な時、
世界もまた嬉しく、
私が不幸な時は、
世界が私を心配する。

世界に於ける今ここに在る
私の立ち位置こそが、
幸・不幸の分水嶺となる。

だから、正しく戦う心を
人は懸命に鍛錬すべし。」

shibaの奏でる音楽は、
他者を幸せにしたいという純真を
懸命に形にしたもの。
ここでの彼の暮らしぶりにもまた、
そのspiritsが貫かれている。

この町の風土は、
そんなshibaに嵌(はま)っている。

今回マスターは、shibaと過ごせてとても
楽しかった。
正確に述べれば、
shiba夫婦と交流出来て
とても幸福でした。

そして、翌朝、
shibaの家を出た時の時間が、
ぴったり11:11。

11数は、世界的に平和を表す数なのだそうです。
そして、shiba夫婦の結婚記念日は、
11月11日11時11分11秒。

人は魂が満たされた時、
しばしばこういう現象を引き寄せます。
「1」数は、創(はじ)まりの数であり、
神を象徴する数です。
そして、神の願いは
愛と平和とリスペクト。
「11」数は、神の願いを託された
一人一人の集合体を意味します。

共に過ごした貴い一夜は、
神も覚えるものとなるのでしょう。

今回触れ合えた全てに
感謝申し上げます。
imageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

素敵なご縁にいざなわれて、
加賀の國一ノ宮
白山比咩(ハクサンヒメ)神社様を
参詣する機会を得ました。

老木の居並ぶ参詣道は、緑の水底。
ここもまたこの國のまほろば。

本日の珈琲は、
こちらの御神水にて
淹れさせていただいております。
image

image

image

image

image

image

image

image

このところ食べ物ネタばかりが続いて
恐縮なのですが^^;
この感激と感謝を
発信せずにはおれないのであります(≧∇≦)

友人に釣り人がいると、
時折りとんでもない恵みのお裾分けを戴きます。
今回はまたも うず潮おしどり夫婦の
kazu-chan & せっちゃんより、
境港で釣り上げたばかりの新鮮高級魚
おスズキ様を戴きました^o^
今回は暑さでお魚さんもどうやら避暑に出かけて
あわやBOUZUか?という出足だったそうですが、
最後はきっちり釣果を得てのご帰宅だったようで、
よかったよかった(^^)

わざわざお捌きいただいてのお届け、
まことに恐縮でありますm(__)m

お陰様で、即刻調理させていただきました(^^)
昨日戴いたお野菜をたっぷり併せてグリルして、
バジルソースをたっぷりかけて
いただきました。
スズキ様のお白身もプリプリでお上品で
仄かな塩味と野菜の甘味とバジルの風味が
絶妙に絡まって、
思わずあたしは天を仰いだのでございます。
涙がこぼれないように
ひとりぼっちで黙々と食したのでございます。
永六輔さんが生きていらっしゃったら
是非食べていただきたかった。
そして食レポを書いていただきたかった。
その位、美味でした。

ありがとう!kazu-chan & せっちゃんT^T

今日も貴い命、戴きました。
感謝でありますm(__)m
image

image

ついに、梅雨明けが発表されました。
海の日の今日は、
各地で猛暑となりそうです;^_^A

ここ笑間でもお昼を過ぎてから
気温の上昇に伴って、
客足が急に途絶えてしまいました。

暑くてやってられまへん!
と言うことか…^^;

こんな時は、
冷やし中華に限る!
ということで、
ママと二人刺し向かい合って
中華食ってまーす(^。^)
シークァーサーとごま油の特製タレが絶品!

皆さま佳き休日をお過ごしくださいませ*\(^o^)/*

image

image

image

今夜の晩餐は、
戴き物の野菜のオンパレード!

守口→尼崎を経て、近江へと引っ越して
念願の家庭菜園に精を出す仲良しご夫婦が、
箱いっぱいの採れたて野菜をわざわざ笑間まで
デリバリーして下さいました^o^
箱の中には、
ジャガイモ、トマト、ヤングコーン、
ピーマン、パプリカ、そしてバジル等々。
新鮮野菜の宝箱!

そして、張り切ってママがこさえた料理が、
バジルソースたっぷりのパスタとイワシのソテー。
麺はもちろん若狭屋さんの絶品生パスタ麺を使用!

美味しすぎて体に滋養が漲って行く!

アヤちゃんご夫婦の愛情野菜、あっぱれ(≧∇≦)

今日も生かされている事に感謝申し上げます。
ありがとう(≧∇≦)
imageimageimageimage

若狭の杉田さんの田んぼの畔に自生する
一本のスモモの木を
別れの一本李(すもも)とは誰も呼ばないが^^;
猿軍団に盗られる前にと、
わざわざ笑間さん宛にお持たせして下さいました。

こういう人の情け、愛の心尽くしが
ママのハートに火を点けるのですねぇ。
いきなり国産の小麦粉をこね出したかと思いきや、
二次発酵までしっかり手間をかけて、
見た目にも清々しいプラムのパンを作ってくれました。
タイミング良く集った皆さんとで
ムシャムシャ、ニコニコ、
ハッピーなおやつタイムとなりました^o^
杉田さん、ありがとう!

imageimageimageimageimageimageimageimageimageimage

昨日7/9は、大安吉日。
最後は晴れ上がって良かったねぇ(^^)

昨日は、笑間の大切な友人でもある
歌唄いの木野彰吾さんと
劇団銀河の看板女優加奈子さんの結婚披露宴に
招いて頂きました(*^_^*)

振り返れば、二人の仲を取り持ち
縁結びの役目を大きく果たしたのが
笑間さんだと言うことで、
なんだかとても感謝をして頂き、
私達としても嬉しい限りであります^o^

更に、今回の披露宴のお土産
(来賓の方へのお持たせ)にと
笑間珈琲のドリップパックまで
オーダーをして頂きました。
誠にありがとうございます(^^)

ママが丹精を込めて
ラッピングをさせてもらいましたよ。

豆の焙煎は、織姫と彦星が出逢う
7/7の七夕の夜に定めて、
永遠の愛を祈願しながら行いましたぜ。

とても美しいお似合いのカップルさん!

末長くお仕合わせに*\(^o^)/*

imageimageimageimageimageimage

ちょいと早く
夏が来てやしないか?
梅雨明けもまだの筈。
いよいよ鳴き始めたセミも
暑さで落っこちてくる始末。

皆さま、暑中お見舞い申し上げておきます;^_^A
imageimageimage

1 / 212