2016年 9月 25日

美味礼賛!

僕にとって我が家の食卓ほど
美味なるものはない。

それはきっと、食卓に配膳されるまでの
行程の故だろう。

別段豪勢なものがあるわけではないのだが、
その時々の素材がその時々の手間を経て
調理され、食卓に上る。

この、妻の手仕事。

そして僕は今日も
季節の滋味を味わい嚙みしめる。

この日常に優る食卓はなく、
今日も我が家の美食を堪能する。

image