2018年 11月 9日

秋はそこかしこで樹々が美しい。

マスターはとりわけ桂の木が好きです。

水際に佇む立ち姿が凛々しく美しく、案外大木になります。

ハートの形をした葉っぱが幾重にも連なって

それはそれはたいそう可憐です。

秋には黄葉し、カラメル様の、あるいは焦がし醤油の様なとても甘い香りを放ちます。

「香りが出る=香出(かづ)」で、かつらとなったとも。

故事によると、どうやらこの樹は月にも生息するらしい。

どこか純朴で誠実で可憐で

良い香りは人を和ませ、

別(月)世界の気品を備える樹。

マスターは、ママのシンボルツリーとして崇めております。

 

色づく桂の月の里

秋に訪ねん君が里

本日のケーキは、

「洋ナシのケーキ」なのでございますが、

いつもと違ってたいそう果汁度合いがお高うなっております。

何せ、◯◯お父さんの体形よろしく、たっぷんたっぷんの洋ナシが丸々2個、

ぎっしり沈みこんでおりますので、

手にした瞬間、「重っ??」と叫んでしまいました。

果汁がいい感じに滲み出し、

小麦粉といい塩梅に馴れ合って、

一見コンフォートに近いくらいの生地感です。

こりゃ新しいかも(^^)

滅多にお目にかかれないケーキです!