1 / 212

2019年 2月

1963年の8月に、石垣島の真栄里村で僕は生まれた。

その2年後、父は島を出る決断をし、大阪の市内へと移り住むこととなる。

そして、僕が7歳になる春(1970年)にはじめて家族四人みんなで里帰りをした。

その時の真栄里の海はまるで竜宮城であった。母の生まれ島鳩間島の海は天竺の様であった。

海はどこまでも澄み渡り、群生する珊瑚のグラデーションに目が眩み、

所々にぽっかりと割れた水底の裂け目は限りなく漆黒で吸い込まれそうで子供には空恐ろしかった。

海は浅瀬も潮溜りも色とりどりの生き物で溢れかえっていた。

鳩間の中森ではオジィから古典民謡の鳩間節を教わった。

戦争で両眼の潰れた皺枯れ声のオバァは、涙を流して僕を抱きしめてくれた。

それはまだ本土復帰(沖縄返還)前のふるさと八重山での幼い僕の鮮烈な記憶。

その次に帰ったのは中学に上がる前だったか、

その時の記憶はなぜかあまり鮮明ではない。

ただ以降、帰省するたびに海の色がくすんで行くのをなんとなく感じていた。

海岸線が大規模に剥(へず)られていったのは80年代に入ってからだろうか。

こんな小さな離島にアスファルトの一周道路がなんで必要なのだろうと、怒りを覚えた。

お陰で赤土が海を染め、アスファルトには生き物の死骸が無惨に転がった。

沖縄の復興を謳った開発行政は、自然への配慮を欠いたまま土建業をおおいに潤した。

幼い僕の記憶に刻まれた海は、今はもう見る影もない。

海亀は産卵場を失い、ジュゴンの人魚伝説は今となっては空々しい。

併せて昨今は異国からの漂着ゴミが夥しい。

 

今更、辺野古を埋め立てたところで失われた自然は大きすぎて、もうどうでもいい。

自然を護れと言うのなら、50年前から声を上げて欲しかった。

米軍基地のある所は、沖縄本島ではどこも一等地だ。

それが返還されるのなら、そんな良い話はない。

だからと言って、米軍がここから完全に撤退してしまえば、国防が損なわれるのは明らかだ。

昔、魚釣島と言って釣り人が悠長に糸を垂れた尖閣は、今やお向かいの国の核心的利益の島となり、物騒な船がやたらめったら航行する。

その国のイデオロギーは人権を平然とないがしろにし、あまりにも無慈悲に人命を殺めてきた歴史的事実を孕む国。チベットやウイグルの悲痛は今以て進行中だ。

 

悲しいことにこの島は、いつの世も地勢上の負の宿命を負う。

わずか80年ほど前の幼き日に艦砲射撃から逃げ惑った思い出をうちの父ちゃんは語る。

戦争なんてもう真っ平御免だ。

憲法前文も9条も素晴らしい理念を語りはするが、もしも敵が命を奪いに攻めて来たらばどうすべきかの言及がない。

平和を希求する全ての諸国民の公正と信義に信頼して生きる道を決意するのであれば、我らは丸腰となって左の頬をも差し出すべきであろう。

護憲を声高に叫ぶなら、たとえ肉弾で砕けたとて最後は魂で戦い抜き魂で勝つ者となるべきである。

かつてその道を貫いたイエスキリストの様に。

 

僕は今沖縄に住まないので、今回の住民投票には関わりがないが、もしも投票権があったなら、投票には行かない。

そして、「放っといてくれ」と言う。

反対を煽り立てる活動家にも現政権にも共に辟易するのだ。

腹を探りあったり、裏で工作したり、でっち上げたり、そんなことは僕は苦手だしご免だ。

たとえ他所の国の兵隊さんが銃剣をちらつかせようと

厄介な重火器を打ち上げようと、

僕は僕の小さな日常を丁寧にやり過ごしつづけるだけで精一杯である。

泣こうが喚こうが、大きく生きようが小さく歩もうが、所詮人は最後は心の存在だ。

心を豊かに通わせ合える人が一人でも側に居れば、

どんな困難も越えて行けそうに思える。

所詮は小さな生活圏内で日々の暮らしにうずもれて生きることを余儀なくされるか弱き大人である私ではあるが、

たとえ今、世界が終わろうとしていても、私は私の今日の生業に心を尽くす。

そして黙して小さくではあるが懸命に世界の平和を祈りたく思う。

時雨れる関空を飛び立って、

島に降り立てばそこは南国、すでに夏の日差し。

気温は、26度。暑い(^^;;

無事に到着致しました。

先ずは、実家のある真栄里村にて荷ほどきからさぁ~。

◎エマコーヒーは、

2/19?22(金)までお休みです。

「マスターはコーヒーの抽出の最中って、何を考えているのですか?」。

以前そう尋ねられて、一呼吸置いて、『重力。』と答えました。

当然、質問者は目を丸くしておりましたが。

これまで人に語ったことはほとんどありませんが、マスターの珈琲は、「重力珈琲」と自称しております。

この話をしだすと現代の理論物理学において存在界を律する4つの物理的力にまで言及せねばならず、長丁場となること必至なので、またいずれということにしておきます^^;

結論だけを申せば、

「珈琲で凡ゆるを統べる」

というのがテーマとなります。

それは、時間が空間と同じようなふるまいをする虚時間の段階にまで踏み込まねばならない概念。えらいこっちゃ>_<

マスターは実は、「孤高の哲学する焙煎士」でもあったのであった。(もちろん、なんちゃって、ですけど^^;)

ややこしい哲理は頭の中だけにしておいて、

今日も美味しいこの一杯のしあわせに感謝!

今日はいよいよ念願であった可動式テーブル導入の為の脚取り替え工事の日。

今回の設計施工には、北田鉄工所の北田さんをご指名させていただきました。

実は、北田氏はマスターの高校時の同窓生^_^

本当は機械造りが専門の町工場のおやっさんですが、鉄も器用に扱うので今回は無理を言ってエマ仕様のアイアンレッグを特別にあつらえてもらいました。

朝から手際良く作業をこなしてくれて、昼には完成!

これからはいろんなシチュエーションに合わせてテーブルセッティングが可能となります。

嬉しい!

北田君、ありがとう(^^)

マスターはいいお友だちに恵まれてしあわせだ(*^^*)

ちなみに、来たる4月は北田はじめ写真展を再びエマで開催致します。

こちらもお楽しみに!

4/28(日)には北田君のウクレレライブショーもやりますよ!

乞うご期待^_^

お陰様で今季のバレンタインギフト

「小さな愛セット」、

完売いたしました。

ありがとうございました(^^)

先日紹介しましたエマのバレンタインギフト商品「小さな愛セット」ですが、

その後検討を重ねた結果、

少しバージョンアップを図りました。

名付けて、

「小さな愛セットver.1.02」^^;

中身ですが、

簡単ドリップバッグが4個と

ブラック&ホワイトチョコカップケーキ

(ブラックは、ビターチョコとアーモンドのケーキ。

ホワイトは、ホワイトチョコとカシューナッツのケーキ)の詰め合わせで、

ボックス包装となっております。

お値段は、1箱1100円(税込)です。

ご入用の方は12日までにエマまでご連絡くださいませ。

発送も承っております。

ぐぐっと寒気の押し寄せる朝となりました。

皆さま、おかわりなくお過ごしでしょうか?

さて、エマでは今年もバレンタイン商戦参戦商品、

『小さな愛セット』を販売致します!

個包装のドリップバッグコーヒー×2個と

チョコカップケーキ×2個

のお手軽なセットです。

 

ところで、今回簡易式ドリップバッグを新調致しました(注目!^。^)

門真の地場を盛りたてるロータス(蓮)をモチーフにブレンドをした、その名も「蓮(REN)」!

共にナチュラル製法のモカとブラジルをほどよくブレンドした上品な飲み口のコーヒーです。

基本、受注生産となりますので、

ご入用の方は2/12(火)までにエマまでご連絡をお願い致します。

小さな愛がコツコツと70億人分集まれば、地球は愛の星となる。

全世界の皆様からご注文をお待ちしております。

ただし、数には限りがございます^^;

今日はお弁当を作る、もちろんママが。

会議に会社の重鎮6名(皆さんご年配らしい)が来阪することになり、

何か気の利いたお弁当を作って欲しいと、

懇意にしている後輩より立っての頼みを受けて、

お休み返上で頑張りました、ママが。

一個余分にこさえてくれたのは、もちろんマスターの分。ヒャッホイ\(^o^)/

しかし、お弁当の熨斗まで手書きで準備するのは流石。

おもてなしの心にぬかりなしやね、ママ。

エライ!

今年は晴れ間がやけに多いと、昨日もお客様と話しておりましたが、

今日は、雨の水曜日。

♪あぁ~水色の雨~♪

なんてつい口ずさんでしまうのは、間違いなく昭和世代^^;

ピッチも良く透明感のある伸びやかな歌声の歌手でした、八神純子(^^)

バレンタインを前に失恋の歌を連想してしまうのもなんですが…(^^;;

さて、本日は、

『ゴロゴロチョコケーキ』

その名の通り、生地にブロックチョコがゴロゴロ入ってますので、掘り出しながらガツガツと

~くずれてしまえ あとかたもなく流されてゆく愛のかたち~

さながらに食べ尽くして下さいませ(^^)

昨日今日と外は春の陽気でした。

立春大吉、昨日午前中お使いの道すがら空を見上げると

のたり白龍さながらの白い帯雲がたゆとう。

溌溂颯爽

捲土重来

身命胎動

本年も立春を越えました。

春の陽気を帆に溜めて

一気呵成に船出と行きたいものです。

 

今日5日は旧暦元日。

皆さま新春を健やかにお過ごしくださいませ。

1 / 212