2019年 5月 2日

笑間通信令和元年五月号(創刊129号)

「令和元年」。

先月は、ママと共にリアルタイムで新元号の発表を待ち受けておりました。

揮毫された文字を見た時、マスターはとても凛とした風を感じました。

ママも「いいやん!」と宣(のたま)いました(^^)

元号の命名は時代によって様々に違えども、

いつの世も天下泰平でありますようにと、一庶民としては心から願うばかりです。

ただ、言葉にはあまねく意味が付帯します。

これは致し方のないこと。

その言葉を受け止める人の立ち位置や思惑、思想、来し方等、その人を形成する背景の違いにより、言葉の解釈に千差が生まれて当然です。

なので、「令和」という言葉について、巷で異論議論が噴出するのは仕方のないことです。

それだけ名付けというものは難しい。

意味に重きを置き過ぎるのもいろんな思惑を生むし、

時にその意味が呪縛となって息苦しい。

かと言って、意味は深い愛情が伴えば強い祈りとなって存在の抽象に凄み(安定感)を与える。

自由磊落でいいけど天の言葉にしっかり耳を傾け責任をはっきり強く持って

人と麗しく和して凛として立つ。

それがマスターが抱いた「令和」に対するイメージです。

何はともあれ、「令和」となりました。

日本に生まれて暮らしを綴る一個人としては、

世情の喧騒やら汚濁から一線隔てたところに身をおいて、

風和らぐ春の凪いだ海の心境でのったりと

天の声を正しく聞き分け、

善を誇らず悪を懲らしめず、

麗しく人と和せるよう、

歩みたいものです。

私の中では、「麗和元年」としておきます。

〓皐月五月の笑間〓

「澤田純さんの小さなキャンバス展」

珈琲の抽出液を絵の具に使ったり。ユニークな作品たちがエマを彩ります。

5/7(火)からの展示となります。

☆5/10(金)ありがとうの日

エマのお客様感謝デー。

お菓子のお振る舞いと珈琲豆1割引販売致します。

☆5/25(土)歌夜会第71

「サバイバルランドミニライブ」

僕たちが高校時代に始めたバンド。そろそろ結成40年か?

今回は、こじんまりゆる〜くやります(^^)

完全予約制15名限定。

チャージ料お一人様1000円。

18:30オープン

19:00アクト

21:30クローズ

◯新元号記念ブレンド

『いつの世』ブレンド登場!

マスターのふるさと八重山には、「いつの世までもしあわせを」願う独自の絣の紋様がある。

藍で染めた糸で織る幅の狭い綿帯でミンサー織りと言う。

五ますと四ますを交互に連続して走らせた模様で、「いつ(五)の世(四)までも仲睦まじく暮らせますように」との祈りが織り込まれている。

いつの代にあっても「しあわせ」こそが世の願い。

そんな願いを託した笑間のオリジナルブレンドです。

カップオンタイプの一杯分ドリップバッグ

一個200-.にて販売致します。