2019年 7月

2019年笑間通信8月号(創刊132号)』

先日ようやく梅雨明けの知らせを聞く。

閉店間際の空を見上げ、

いよいよ夏の日差しかと目を細め、振り向きざま東の空を仰げば、のたり入道雲がいよいよ俺の出番かとこちらを覗き見やる。

なんだか今年の夏は妙だ、心が晴れぬ。

政治の混迷や経済の紛糾、外交の手詰まり。身近に常に起こり得るクライシス。

考えも及ばない悲惨が我が身に忍び寄る恐怖。

私たちが正しく作用しあい、活き活きと暮らし、希望を持って発展し続けて行けますようにと、人々の願いはいつの世にあっても至ってシンプルだ。

それを他人任せにするのではなく、私が責任を持ってその事に取り組めるよう。

私の家こそを日の当たる場所となし、この夏を過ごせるよう、ぐっと腹に力をためる。

日々誠実。

皆様の健康とご多幸を祈念申し上げます。

?? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? 令和元年盛夏

〓葉月8月の笑間珈琲〓

今月の展示

八代大地焼刻画展「龍爪風雅」

以下、作家ご本人による案内文です。

「龍爪風雅」という会名で何ヶ所か展示をして回る予定ですが、笑間珈琲での展示に限り前期・後期の二つの世界を展示します。

前期:85日(月)?818日(日)

FROM OF HIPOCRISY

[mode of CHI-BO-]

後期:819日(月)?91日(日)

FROM OF ENVY

[mode of YASHIRO]

以上、八代大地さんの作品をツーモードお楽しみいただきます。

8/10(土)ありがとうの日

お客様感謝デーです。

エマより日頃のご愛顧に感謝を込めてのおもてなしをご用意致します。

8/24(土)歌夜会第73

「マスターのお誕生日記念ライブ」

8月はマスターのお誕生日月。いっちょ、マスターを盛り立ててくださいな!

テーブルチャージお一人様1000-.

完全予約制限定15名。

予約はエマまで。

『第28門真手作り市』

春、夏、秋と、年三回、中塚荘で開催される門真の手作り市です。

明日の7/28(日)はその夏の陣。

いつもだと我らエマコーヒーは中庭での出店でしたが、さすがに暑さが身にこたえるお年ごろとなり、

今回は日差しを避けて、室内2階通路での出店です。

メニューは、

浅煎りモカマタリNo.9(ホット)

リッチブレンドアイスコーヒー

マンゴージュース

手作りパインカップケーキ、他

の予定。

1410分からは、村岡先生とマスターとの親父バンドユニット「グリーンノーツ」のライブステージもございます。

お天気も台風一過の晴れとはいかないようですが、一応曇りの予報です。

皆さまのお越しをお待ちしております。

11:0016:00 入場無料

門真市立市民交流センター中塚荘

(門真市月出町111号)

ようやく梅雨明けの知らせを聞く。

閉店間際の空を見上げ、

いよいよ夏の日差しかと目を細める。

東を仰げば、のたり入道さんが俺もいよいよ出番かと

覗き見やる。

なぜだかわからないけれど、

今年の夏は妙だ、心が晴れぬ。

私たちが正しく作用しあい、

活き活きと生活し、

希望を持って発展し続けて行けるよう。

それを他人任せにするのではなく、

私が責任を持ってその事に取り組めるよう。

私の家こそを日の当たる場所としてこの夏を過ごせるよう、ぐっと腹に力をためる。

マスターの故郷、八重山産のパインが最盛期を迎えております。

この時期のパインは文句無しの美味しさ!世界一!

果実味が濃厚で甘味と酸味のバランスがとてもよろしく、

風味豊かな手作りケーキとなっております。

この季節ならではの限定品です。

八重山産パインジュースも好評お絞り中!

八重山のティダ(太陽)の恵みで梅雨のもやもやを吹き飛ばそう!

梅雨に時雨れる空気の濃度に、息苦しく過ごすこの頃。

さすがのマスターにもコンディションに少し翳り。

なんとも気だるい(;

胃腸が弱ってるし、そこへ腰痛がたたみかけ、何やら鬱気にやられて気力も減退気味だ。

いけないこれはもしやのスランプ!

呼吸が浅い、笑顔が足りない。

ダメだダメだ。こういう時は、肉でも喰らってすぐに寝ろ。

大丈夫。僕は絶対負けません。

闘う心で立ち向かえ。

口角上げて立ち向かえ。

ありがとうございます。大丈夫です。

僕は絶対負けません。

七夕の願い事は?と問われて、

必要な人に必要な歌を届けることができますように

求める人の心に必要な言葉を授かりますように

必要な時に応じて必要な事を為さしめ給いますように

そんなことを願う。

雲に癒されます。

空のカンバスに無限のイマジネーション、千差の造形。

あれは天使か鳳凰か。

でも、今日のあの雲は、ウ◯チ雲…^^;

まっ、それもあり。

取り敢えず7月、幸先の良いウンの付く出発だ!