1 / 212

2020年 8月

2020年エマ通信9月号(創刊145号)

「ポリ袋は実はエコ」

以下は、清水化学工業さんのホームページからの引用です。

1. ポリエチレンは理論上、発生するのは二酸化炭素と水、そして熱。ダイオキシンなどの有害物質は発生しない。

2. 石油精製時に(ポリ)エチレンは必然的にできるので、ポリエチレンを使用する方が資源の無駄がなく、エコ。ポリエチレンは石油をガソリン、重油等に精製した残り・余りもの。

3. ポリ袋は薄いので、資源使用量が少量で済む。

4. ポリ袋は見かけほどごみ問題にはならない。目に見えるごみの1%未満、自治体のごみのわずか0.4%。

5. 繰り返し使用のエコバッグより、都度使用ポリ袋は衛生的。

6. ポリ袋はリユース率が高い。例)レジ袋として使用した後ごみ袋として利用

7. 自治体によってはサーマルリサイクルし、ごみ焼却燃料になり、重油燃料の使用量がその分減少し、無駄とならない。総CO2排出量は、サーマルリサイクルしても、そうしない場合と大差ない。

8. ポリ袋は紙袋の70%のエネルギーで製造可能。

9. ポリ袋の輸送に必要なトラックの量は、紙袋の7分の1。

10. ポリ袋の製造に必要な水の量は、紙袋の25分の1。

11. ポリ袋は紙袋に比べ、ごみにしてもかさばらない。

12. 紙袋は再生できるものと再生できないものがある。ラミネート加工されているものや紐の種類によっては再生処理できない。

13. 紙袋は間伐材とはいえ森林資源を利用。

上の情報を教えてくれたのはマスターの優秀な同窓生S君。

さらにS君が言うには、

「ウミガメの体内から、ポリ袋が出て死んでいるという情報は、私たちを錯覚させる。ウミガメの死因は、ポリ袋ではなかった。網にかかって、動けなくなって死亡した。死んでいるウミガメの体内に、ポリ袋があったという事実が一人歩きしている。本当に、レジ袋の有料化が環境に良くなるのか疑問である。「ホンマでっか」の武田邦彦先生が言っているように、環境庁の天下り先が増えるだけという説もあながち的外れではないかも知れない。」

今の世の中は情報が錯綜するケースが多く、真偽を掴むのが悩ましい。

廃プラの問題は、基本完全燃焼させれば良いと、マスターは考えてます。

廃プラをリサイクルする方がエネルギーの投加量が増えることもありますが、一番の問題は不法に投棄する例が後を絶たないことです。マスターはとても悲しい。今、海洋投棄のせいで八重山の海がどれだけ汚染されていることか。

最近よく耳にする言葉、SDGs(エスデージーズ)=Sustainable Development Goals

これは、「持続可能な開発目標」と訳されます。国連が主導するもので、誰一人として置き去りになる人を作らない世の中を実現する為に、17の目標が169の行動計画と共に設定されています。

これは間違いなくこれからの時代のとても重要な行動指針となることでしょう。

でも、大切なのは押しつけにならないことだと思っています。

これらはとてもグローバルに思える目標ですが、どれだけ自分のこととして捉えられるのかが重要です。

私の子や孫、大切な人たちが生きて行く未来をイメージしながら、私に出来ることからコツコツと取り組んで行きたいと思っています。

差し当たってマスターは、

『洗剤をなくせる水→健康に寄与→環境に貢献』から。

こんなことを言いだすと、某大手メーカーの「花キング(王)」さんや

「うそーん(lie+on)」さんから疎まれて、いつの間にやら身ぐるみ剥ぎ取られないよう(^^;

〓長月9月の笑間珈琲

2月3日は、「絵手紙の日」だそうです。理由は、「2(ふ)3(み)」という語呂合わせから^ ^

絵手紙作家の浦川ちあきさんは、平成最後の2月3日から1年間、毎日欠かさず絵手紙を友人に書き送り続けたそうです。総数365枚。今回はその中からの展示です。

以下、ご本人のご挨拶文です。

「絵手紙は誰かのためにかく手紙です。相手を励ましたり元気づけると共に自分も優しくなれる絵手紙。

絵と言葉から、見た人に何かを感じでいただければ幸いです。

プロフィール

浦川ちあき

奈良市在住、絵手紙歴18年

家族のこと、猫のことを季節の移ろいとともに日々絵手紙をかいています。」


今日のような空を眺めていると、空では毎日、神々しい出来事が起きているに違いない。

遠い昔に天から投げ落とされたと聞く年老いた蛇は、今もって巧みな二枚舌で人をそそのかしつづけ、混乱のタネを撒いては悦に入る。

なので僕は出来る限り空を見上げることにする。

「地の戯言(ざれごと)は地に任すがよい」

天の教えは、人にも自然にもただ優しくあれと語る。

本当の生きる価値を大切な人と分かち合いたい。

ただそう願う。

岩雲は砂雲へ相は移ろう。

もうすぐ3才になる姪っ子がとても愛らしい。

稚児のありのままの心のきらめきにいつも感動をいただきます。

見るもの触れるものの鮮やかさをその小さな体全部で受けとめてキャッキャとはしゃぐその姿は、思わず涙ぐむくらい神聖です(マスターも確かに年老いた、このところ涙もろい^^;)。

願わくば、その三つ子の魂そのままに、成長してほしい。

先日はその姪っ子と童心に帰って水遊び^ ^

夏の終わりの水遊び。

プリズムの虹をつかまえては手渡しに来てくれる姪っ子よ。

叔父さんは君には最高の宝物を贈ってあげたいのだ。

差し当たってはエマの聖水で思う存分楽しんでほしい^ ^

君たちの暮らしを守り、命を守ることを大人として真剣に考え取り組んで行きたいと思います。


うちの製氷機が突然デッドなことになったのは昨夏のこと(^^;

すでに15年以上は使い古したと思しき業務用の製氷機でしたが、予算の都合もあってのお店オープン時のやむない導入でした。

さすがに30年はもたなかったですね。

それ以後は、タッパーに水をため冷凍庫で製氷し、マスターが毎日アイスピックでカチ割り、製造しております(^^;

エマの場合はマスターこだわりのイオン水氷です^ ^

お陰様で以前の製氷機のものより氷を美味しく感じます。

氷まで美味しいエマのアイスコーヒー。

是非、飲みに来て下さいませ(^。^)

門真市の町外れで、家内と二人で切り盛りする小さな小さな喫茶店、それがエマコーヒーです。

マスターの細腕は決して商い向きとは言い難いけれど、この場所で育んでいただき、お陰さまで15年となります。

吹けば飛びそな個人店ですが、昨年末より生意気にも「働き方改革」を導入しようということで、月に一度連休を取るようにしています。

経営的には休みを取ってる場合でもないのですが(^^;)、

人生の価値と向き合うとき、人には充実した時間の創造が大切と歳を取るにつれとみに思うこの頃です^ ^

なので、この水・木に連休をいただき小旅行へ行って参りました(*^^*)

神戸を起点に京都で宿をとり、あっという間の2日間でしたが、とても充実感のあるよい旅でした。

さて、旅先でもマスターは使う水に拘ります。

旅先のお宿のシャワーヘッドを持参のものと変換して、シャワーにも飲み水にもいつもの黄金水が使える安心としあわせ。

持参したエマコーヒーも美味しくなにものにも変えがたい旅となりました(^^)

1990年代初頭。東京都内某所で一人暮らしをしていたことがありました。畳敷き6畳一間のボロアパート。

若かったあの頃。金もなし、時間もなし。自炊もこなし、掃除に洗濯。暮らしに追われる日々でした。

マスターが一番苦手としていたのが、アイロン掛け(^^;

これは不器用でした。

一応、ネクタイ締めてホワイトカラーを気取ったこともありますが、まぁアイロン掛けには手こずりました。

なので、ママのアイロン掛けを見ていると、お見事です^ ^

「当たり前やん。アイロン掛けやってもう50年以上やで。」

子供の頃からせっせっとやってたらしい。

筋金入りやん!

ママの手元にイオン水スプレー。吹きかけては今日もせっせっとシワ伸ばし。

わたる世間に恥じないように、母の心でシワ伸ばし。

0誕生日の夕刻、少しの空き時間に何気に入った古着屋さんで、ついつい買ってしまった(^^;

普段は殆ど興味を持たない分野なのだが、birthdayの浮かれ気分も手伝ってか、なんと4点も買ってしまった(^^;

ドレスシャツが2点とパンツが2点。

(↓写メのもの↓)

さて皆さま、この4点でおいくらでしょう?

当てた方にはケーキセットでも(^^)

はい、しめて880円也(税込)。

ひとつのシャツは55%麻混や!マジか??

汚れやシミ、ほつれもなく、マスターの体にもばっちりフィット。気がつけばマスター、テンションマックスやん!(落ち着けマスター°▽°)

まぁしかしされど古着。

もう何度も洗い晒しているだろうけど、自分が着るとなると再度念入りに洗いたくなります(^^;

それで、イオン水に一晩浸け置いたところ、こんなにも色と汚れが浮いてきました!

服の繊維にはやはり相当の洗剤残りがあるのではないでしょうか?

でも、マスターは、今日も水洗い洗濯で清々しい(^。^

お洒落決めて早速デートや(*^^*)

今日8月16日は、マスターの誕生日でした。

あまり意識しないまま、今日もバタバタと1日が終わろうとしていましたが、思わぬところでお祝いをしていただきました(*^^*)

ありがとう、慕わしき子どもたち!

そしてママもね(^^)

早速、昨日釣ったばかりの淀川鰻。

やはり、かなり記念すべき鰻なので、炭を熾して、ママにタレを仕込んでもらって、伝統的技法に従って蒲焼きに^ ^

さて、初の実食は、実に美味でした!

泥臭みもせず、妙な油臭みもなく、身も引き締まり、食感といい風味といい、これはまさに高級料亭の鰻の味でした\(^o^)/

大満足!

古川橋の師匠、ありがとうございました^ ^

また釣りに行きたい!

魚ルルド(釣竿の商標名)で釣りデビュー!

淀川某所にてウナギを狙っています^ ^

淀川鰻は、高級料亭では高値で取り引きされているらしい。

淀川高級天然ウナギ、一度食べてみたい^ ^

絶対釣るど!!

1 / 212