2020年 11月 6日

私の本業は喫茶店です。
当店も今月で開業15年となりました。
「商売は日めくりカレンダーやで」と、開業当初にご近所の老賢者様より学んだ教えは本当で、近頃ではコーヒー教室のオファーをたまわることもしばしば。それはそれで、15年という歳月より得た信用の証であると感謝をしております。
で、今日は隣町の自治会館まで、「男のコーヒーハンドドリップ講座」の講師としてお招きを頂き出かけておりました。
この敢えて「男の」と言うタイトルは、昨今中高齢者の引きこもりが全国で61万人を超えて社会問題化する中、少しでも戸外に出て他者との交流を図る手立てになればとの思いも背景にあっての企画でした。
その辺の社会的な意義はさて置いても、コーヒーはコミュニケーションを盛り立てる最良の実技であり、またライフワークとして楽しく深く長く取り組める最良の趣味となることを再確認出来た講座でした。
ご参集頂きました人生の大先輩方たちには慣れない手際で懸命に取り組んでいただき誠に恐縮でしたが、皆様口々に「コーヒーってしっかり淹れたらこんなに美味しいものなんやなぁ」と仰っていただきました。
取り組み甲斐のある嬉しいお言葉でした。
でも、美味しい理由のひとつは実はお水。
お水の秘密の話はまた今度。