2021年 9月

2021年エマ通信10月号(創刊158号)

wonderful life with coffee part9.

10月1日は何の日?
答えは、今や世界万人の祝祭『コーヒーの日』です^ ^
今を去ること二千年前、コーヒーで衆生を救った伝説の珈琲ロースター「エマコロービ・ヤオーキ」という名の琉球出身の偉人が世界平和を祈願して定めた日とされる。ただし、その真偽は今もって謎が多い(知らんけど)。

てな阿呆な話はさて置き^^;、

10月1日は、コーヒーとコーヒーに携わる人達をお祝いする国際コーヒーの日なのです(これホンマ!)。

皆さま、今年もコーヒーの美味しい季節、秋が到来しました。
万歳!

マスターもエマコーヒーを始めて、来月で16周年になります。

今でこそ珈琲屋を生業としているマスターですが、告白するとそもそもコーヒーにはさほど興味のなかった人間でした。

缶コーヒーでもインスタントコーヒーでも、たとえ手の込んだドリップコーヒーであっても、全て等しく「同じコーヒー」。
そんな認識しか持っていなかったのでした。

喫茶店に通うような趣味もなく、そもそも、たまに誘われて行く喫茶店ではコーヒーなど滅多に注文しない、そんな偏った奴だったのです。

要は、自ら進んでコーヒーは飲まない。

コーヒーを飲むときはいつも受け身で飲む。
すなわち、おもてなしのコーヒーなら飲む。

実は、河島英五さんが無類のコーヒー好きだったのです。

英五さんとお付き合いのあった1990年代のその当時、ご自宅に伺う機会が頻繁にありました。

本当に四六時中、英五さんはコーヒーを飲んでました。
ご自身で淹れることはほとんどなくて、「マッキー、コーヒー淹れてー!」と、その都度、奥様に声を掛けていらっしゃいました。

当然、ついでに私にも淹れて下さいました。

器は、ウエッジウッドだったり、ジノリだったり、ピーターラビットだったりと、案外と洋風でしたね。 

「英五はお酒の飲み過ぎで早死にしよったんや」と思っている人が多いかと思いますが、英五さんは余程調子の良い時以外は自ら進んでお酒を飲む人ではありませんでした。それは私が証言しておきます。

英五さんのもとを離れて紆余曲折、私も遠くへ来たもんだ。今では一丁前に珈琲屋を騙る身となりました。
思いもよらない転身が人の身には訪れるものです。

振り返れば、マスターは英五さんのお宅で沢山コーヒーを飲ませて頂きました。
この時期のコーヒーが存外、私をしてコーヒーへと向かわせる遠因になっているのかもしれないと、ふと感じ入るのです。

生きていれば師も69歳。
今頃は孫の悪企みを一緒になって楽しんでいそう。
そして、目を細める英五さんの傍にはきっとコーヒー。

「一丁俺のために美味しいコーヒー、淹れてくれよー、マスター!」

「はい。よろこんで!」

秋空の流れる雲に師を想う

〓神無月十月の笑間〓

今月の展示
莊林敦子さんの絵画展

『主人に勧められ始めて10数年。頭に浮かんだものや、心に留まったものを自分のペースで描いております。』
そんな仲良しご夫婦、莊林さんの作品展です^ ^

☆10月10日(日)ありがとうの日
エマのお客様感謝デーです。
ご来店の皆さまにプレゼントをご用意しております。

◎今月の定休日は、毎水曜と木曜です。

?

秋は空が、かくも美しい。

この空のある限り人の暮らしは守られるのだと、

それを信じる秋の空。


母の届けし九年母(クネンボ)ケーキ。

今日もまた、マスター実家の鈴生りシークァーサー(九年母とも言う)を使ったケーキです。

今回のは、生地の中にシークァーサーを仕込んで焼き上げ、アイシングした上に更に、コンフィチュールにしたシークァーサーをトッピングしております^ ^

風味も爽やか、健康にも良い、八重山の食材!

「一丁、俺の為に美味しいコーヒー、淹れてくれよ」

もしかしたら、今もそんな風に言われているのかも知れないな。
ふと、そんな思いが過ぎる。

今でこそ珈琲屋を生業としているマスターではあるが、告白するとそもそもコーヒーにはさほど興味のなかった人間なのである。

缶コーヒーもインスタントコーヒーもたとえ手の込んだドリップコーヒーであっても、全て等しく「同じコーヒー」。
そんな認識しかしていなかったのである。

喫茶店に通うような趣味もなかったし、そもそも、たまに誘われて行く喫茶店ではコーヒーなど滅多に注文しない、そんな偏った奴だったのだ。

要は、自分から進んでコーヒーは飲まない。

コーヒーを飲むときはいつも受け身で飲む。
すなわち、おもてなしのコーヒーなら飲む。

実は、河島英五さんが無類のコーヒー好きだったのです。

英五さんとお付き合いのあったその当時、ご自宅を伺う機会が頻繁にありました。
本当に四六時中、英五さんはコーヒーを飲んでました。
もちろんご自身で淹れることはほぼなくて、「マッキー、コーヒー淹れてー」と、その都度、奥様に声を掛けていらっしゃいました。

当然、ついでに私にも淹れて下さいました。

器は、ウエッジウッドだったり、ジノリだったり、ピーターラビットだったりと、案外と洋風でしたね。 

「英五はお酒の飲み過ぎで早死にしよったんや」と思っている人が多いかと思いますが、英五さんは余程調子の良い時以外は自ら進んでお酒を飲む人ではありませんでした。それは私が証言しておきます。

英五さんのもとを離れて紆余曲折、私も遠くへ来たもんだ。今では一丁前に珈琲屋を騙る身となりました。
思いもよらない転身が人の身には訪れるものです。

振り返れば、私は多分、英五さんのお宅で一番コーヒーを飲んだであろう。
あの時期のコーヒーが存外、私をしてコーヒーへと向かわせる遠因になっているのかもしれないと、ふと感じ入る。

生きていれば師も69歳。
今頃は孫の企みを一緒になって楽しんでいそうだ。
そして、目を細める英五さんの傍にはきっとコーヒー。

「俺のために美味しいコーヒー、淹れてくれよー、仲大盛君!」

「はい。よろこんで!」

?

エマのケーキは、ママの手作り。

もちろん、パティシエさんの創る宝石の様なスウィーツには敵いませんが、

その時々の旬の素材を使った
とてもとても素朴な焼き菓子です。

今回のケーキは、

「マスター実家の庭木のシーカーサーケーキ」です^ ^

「シーカーサー」。
和名では「ヒラミレモン」。

八重山では、9年で実がなることから、「九年母(クネンボ)」とも呼ばれます。

マスターの実家の庭のシーカーサーが、今年もたわわに実をつけてくれました^ ^
毎年、私の母がせっせっともぎ取り送り届けてくれます。

ビタミンやミネラルも豊富。
中でも「ノビレチン」という成分には、血糖値の上昇や高血圧の抑制だけでなく、抗認知症作用もあることから、近年ではその健康効果に注目が集まっています。

ですので、皮まで余す所なく(さすがに種は除きますが)食べていただけるよう、工夫しております(ママが)。

皆さまの健康と長寿並びに、ご多幸をお祈りしております^ ^

夏は岩雲 秋は砂雲

見上げるたびに様子の移ろう雲。

そんな掴みどころのない空の紋様にしばし心をあずける。

そんな時間を好むこの頃です。

先日の重陽、
都会の真ん中の少しだけ高いところから天と地を拝み見ながら、
奢らず、飾らず、責め立てず、才に溺れず、ありのままを尽くして……

今年も残り三分の一。
願わくば守拙に過ぎ越せますようにと、強く願った。