慕わしい輩

10月31日(月)

輩はあまり良い表現ではない印象をあたえるかもしれませんが

気持ち的にはピッタリの表現なのでこの字を使いました。

ここで云う輩は、

「徒然草」の「驥(き=1日に千里を走る良い馬)を学ぶは驥の類ひ、

舜(しゅん=中国古代の理想的な聖天子、帝王の一人)を学ぶは舜の輩なり」

のほうの輩です。

 

慕わしい情はとても心地よいものだと

昨日の大阪マラソンの打ち上げの時に思いました。

友達は何人いますか?というより

慕わしい情の湧く人は何人いますか?

と聞かれる方が嬉しいですし、そう思える人が私の周りに居てくれたら

それだけで幸せだと思うのです。

昨夜の打ち上げは、その思いがあふれる夜でした。

 

与えてもなお、与えたい。愛してもなお、愛したい…。

その慕わしい情を、マスターと一緒に笑間で

育てていきたいと願います。

笑顔のあふれる時間、空間、仲間たちの「笑間」って良い字だなって

あらためて大事にしたいとおもいました。

 

マラソンの報告はあとにつづく(^v^)v

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

こけむし :

居心地の良い空間は、
集う人々の持つ気の総和で
決まるところがあるように
思えます。
エマさんって気持ちの良い人たちが
たくさん集まっているんですね。

滋賀作 :

マスター&エマRUNの皆さん、昨日はお疲れ様でした。
全員完走、おめでとうございました。
走ってもいない身でありながら、打ち上げに参加させて頂き有り難うございました。
楽しかったです。

エマ輪に参加させていただいた時に、いつも思う事なんですが、本当に気持ちのよい人達が集まる、素晴らしいグループですね。羨ましいです。

応援の移動疲れで“ほっこり”。電車寝過ごすところでした。

masako :

こけむしさん
こけむしさんの言われる通り
気持ちの良い方ばかりです。
良い気が巡っているお陰で
お客様から、ここはとても居心地が良いですねと
言っていただけるのかもしれませんね。

masako :

滋賀作さん
コメントありがとうございます。
「滋賀作」ってグッドネームで思わず笑ってしまいました。

いつも一緒に盛り上げて下さってありがとうございます。
滋賀作さんの応援と笑顔にみんな支えてもらったと
喜んでいました。
これからも一緒に楽しみましょう。
宜しくお願い致します!

コメントする