ゆったりとゆっくりと

12月4日(

みんながうちに集まって一緒に食卓を囲んでいます。

今週は毎日のように誰かを招いて食事をしては、いろんな話に花が咲くのです。

今夜は、メンバーが材料を沢山買いこんできてくれたお陰で

贅沢なお好み焼きを沢山作ってみんなで食べました。

そして食後は

マスターの指南のもと、メンバーが初めて挑んで淹れた“初めての珈琲”を味わった喜びもあり、

今はその楽しかった余韻に浸りながら

一人PCに向かっています。

マスターのやさしく歌う声が聞こえるだけで、とても静かな冬の夜です。

この夜の静かさと

今日外出時、ふと目を留めた公園の木立の紅葉が輝いて見えて

心が締め付けられ思わず涙が出るほど美しかったその残像が、型を押したように

まだ心に残っていることもあってなのか…

ふと『人間の土地』(サン・テグジュペリ)をもう一度読んでみたいなぁとの思いが湧きました。

 

“真の贅沢というものはただひとつしかない。それは人間関係の贅沢だ”

の言葉が浮かびます。

そして

笑間という樹が大きく育って、みんながその葉かげに憩おうことの出来る日が来るであろう

その年月に思いをはせながら

ゆったりとゆっくりと育てていきたいと願う希望の一夜でありました。

ありがとう…。ありがとう…。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

こけむし :

なんでしょう、このエマさんの深みのあるしっとり感は…。
ひとこまの時間をとても大切にされている
その思いが、じんと胸に伝わってきます。
年の瀬の行く日々を、僕も大切にします。

masako :

こけむしさん
思いをそのまま素直に書くことが出来て
このようにコメントを寄せて下さり
みなさんと共有出来ることがしあわせです。

「年の瀬の行く日々を、私も大切に致します。」

コメントする