無題

(大寒の冷たき雨音を聞きながらの覚え書き)

愛を書き込む余白さえ
砂漠の頁には無きものか。

雨情の涙も砂漠には
痕跡さえも残らぬか。

人としての共感を
共有することさえ出来たなら。

森の民も
海の民も
砂漠の民もあるものか。
皆 等しく人の子。

子を亡くす親の沈痛を
せめてわたくしの頁に
今日、覚え書く

大寒の冷たき雨音聞きながら

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする