明日、大寒にあたり

「大寒の水行」

マスターの
「勝手に修行僧 無病息災祈願祭」

2016年1月21日(木)。
この日は、大安吉日にして二十四節気でいうところの
「大寒」にあたります。

暦上、年間で最も寒さが厳しいとされるこの日、大寒。
昔から大寒の朝の水は特別視されており、
この水を利用して保存食を作ったり、
神事を司ったり、
寒稽古や寒中水泳といった修練を行ったりと、
古来からの日本の由緒正しき慣わしとして
今に受け継がれている次第です。
(↓詳細は、昨年のマスターの大寒記事をご参照下さい↓)
http://emacoffee.com/2015/01/

さて、今年もマスター、
大寒のお水をいただきに(水行)上がります。
今回参じる行場は、若狭の瓜割の滝。
こちらのお水は、全国名水百選にも選ばれている
文字通りの銘水です。
しかも泰澄大師(682-767年)の昔から神泉として尊ばれてきた
清水(しょうず)です。

来たる1月21日の日の出前。
マスター、こちらの滝まで赴き
大寒の清水を身に浴びさせて頂きます。
つきましては、今年は皆様の無病息災も同時に祈願させて頂こうと
思っております。

笑間と関わりを持ち
笑間を慕って下さる全ての方の為、
無病息災を祈願させて頂きます。

また、祈願と共に大寒の瓜割の銘水を
ペットボトルに詰めて持ち帰ります。

無病息災の願を掛けた
2016年1月21日大安吉日大寒の瓜割の銘水。

数に限りはありますが、
ご希望の方には無償で差し上げます。

来たる2月3日の節分を機に、
本年の健康とご多幸が皆様にあふれますよう。

(無病息災祈願句)
「万世の為、万人の為、
万宇宙の力を結集して、
今日この時、この場所より、
愛を平和を
完成完結 成さしめ給へ。」

(null)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

錦 孝侍 :

ヨロシクお願い致します_(._.)_

その銘水で立てて戴いた珈琲を
翌22日に御賞味させて下さいませ。

コメントする