381BAL DVD発売のお知らせ

谷君とマスターとの出会いは、
市岡高校に34期生として入学した1979年に遡ります。
1年6組の教室で共に机を並べ交誼を結び、
翌1980年にサバイバルランドが結成されました。
時代はニューミュージックが持て囃され
皆んなが自作自演を競い始めた頃。
そんな時代の空気もあって
僕たちも僕たちの友達も自分の言葉に自分のメロディを乗せて歌い始めました。
そんな連中の中で、谷和彦の作る作品は秀逸でした。
10代のちりちりとひりつく心に
とてもリアリティを持って真っ直ぐに響く
多くの名曲がその時に生まれています。
僕は個人的には(大袈裟ではなく)、
彼の作品の中に自分の存在理由を見つけてさえいました。
僕に生きる意味を与えてくれて
僕を支えてくれた歌の数々。
なのでサバイバルランドの歌は
僕にとってはどれも愛おしい。

今年、30余年の時を経て
サバイバルランドが再結成されました。
そこにはいろんな人たちの目では見えない声にならなかった想いの後押しがあったことを感じています。
もうあの頃の演奏をそのままには再現できないけれど、
僕らは今とても幸せを噛み締めながら慈しみながら
大切に歌わせてもらってます。

此の度、過日大阪の真ん中の古びた商業ビルの屋上の
小さな古民家−会ふ−さんで行われた
サバイバルランドのリスタートライブの模様が
DVDとなって発売される運びとなりました。
多くの人たちの尽力により実現した貴重な映像であり音源です。

それは愛の歳月の結晶でもあります。

 

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする