怖い夢

怖い夢を見た。
こういうニュアンスの夢はマスター時折見ます。
どこかの市民ホール的なところの催しで、
ちょっとした出番待ちをしているマスター(歌うのは一曲くらい)。
そしてもうすぐ出番という時になって、持ってきたはずのギターを探すのであるが、
どこを探しても見当たらない!
確かに舞台袖に置いておいたはずなのに一向に見つからない!
間が悪いことに本番中の舞台裏なので薄暗いときてる!
いろんな機材が置かれているのであるがみんな色の黒い物ばかりであるから
ますます判別がつかない!
そういえば譜面台も自前で持ってきたはずなんだがそれも見当たらない!
まぁ譜面台は借りるとして、ギターは自分のものでないと嫌や、
なんて思いながら探し続けるも
やはりどこにも無い!
だんだん出番が近づいて来て、
マスター必死になって探せども見つからない!
するとなぜかそこにパジャマ姿のママが現れて、「もうしゃーないやん。アカペラで歌い」とアドバイス。
「そやな、そうするは!」とマスター。
そして最後に、
「ところで今日オレ何歌うんやったっけ??」。
と、聞いた瞬間に目覚ましが鳴りました。
いやな汗かいて目覚めましたわ(^^;

隣で寝てるママを起こして夢の一部始終を話して聞かせました。
そして、
「ほんま怖い夢見たわ。
あさっての村岡先生との本番で
ギター忘れたらシャレにならんで。
ほんま夢でよかったわ^ ^」と言いましたところ、
「えいかつさん。村岡先生との本番、
明日やで(・・;)」。
「ギェー??」。
現実のオレの方が怖いやん(>_<)!

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする