2018年 エマ通信7月号(創刊119号)

先日の大阪北部地震から一週間を越えました。

幸い私たちは生き延びてます。有難いことです。

まだ時折り余震は続いていて不安な毎日ですが、

いざという時にはお互い助け合わないとどうしようもありません。

なので出来る時にチャリティはしておくべきだと思います。

チャリティは共済。

より広い範囲で人々や社会の為に供することで、

私自身が救われることにもつながる。

本当を言うとチャリティと言う言葉は(あるいはボランティアも)苦手です。

たとえ千円の寄付でも年収8桁の人と6桁の人では、

重みが全く違う。

私なんぞはほぼ6桁組なので、

他人のことなんぞ構ってはいられないと言う本音はもちろんありますが。

ですが、僕は千円でも万円でも必要な時はチャリティ、

黙ってにっこり笑ってやります。

いざという時、みんなの生存地(survival land)がそれで少しでも確保出来るのなら、やる!

シンプルです。

貧乏だけど人生他のこと(お金以外)で十分楽しめているので喜んでチャリティやります。

人生のミッションのひとつに「みんなの生存地の確保」があってもいいと思います。

いざという時、笑間の空間が皆様のシェルターになれれば良いのですが。

珈琲を淹れて、歌を唄って、温め合うことぐらいしか出来そうにありませんが。

◎文月七月の笑間◎

☆7/10(火)ありがとうの日

毎月10日は、エマのお客様感謝デー。ご来店の皆様に手作りのプチお土産をご用意致しております。

珈琲豆を1割引にて販売致します。

☆7/29(日)第25回門真手作り市

わが町門真が誇る文化施設「中塚荘」。

美しくも麗しき佇まいが魅力です。

こちらでの出店も常連となってまいりましたエマさんです(^^)

11:00?16:00 入場無料(雨天決行)

門真市立市民交流会館

中塚荘(月出町11-1)

【笑間珈琲 業務のご案内】

大切なパートナーと切り盛りする小さな喫茶店です。

珈琲は、石垣島出身のマスターが自家焙煎する本格派。

豆販売にも力を入れています。

パートナーは珈琲と相性の良い焼き菓子を担当。

石垣牛の牛スジカレーも名物です。

珈琲豆の地方発送、ご贈答、業務卸、珈琲教室、イベント出張、笑間福珈琲頒布会、承ります。

各種貸し切り・展示会利用もお気軽にご相談下さいませ。

「隣の人間国宝さん」にも認定のお店です(*^^*)

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする