冴え冴えた空

夏の雲は折り重なって押し詰まり

冴え冴えた空にしばしのさばる

蝉の鳴き声は極まって

時間さえも詰まらせる

静止する街に陽の光は容赦なく

屋根にも木の葉にも熱を注ぐ

夏の盛りの街の道に立つ

かつての田舎の少年は

おそらくはあの雲の方にこそ海があるのだと

心に帆を張るのであった

思えば遠くへ来たものだ

モノトーンに暮れてゆく海辺の町に

かつての色をもう一度蘇らせるのだ

さぁこの夏帰郷せん

 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする