月ぬ美しゃ(ツクヌカイシャ)

旧暦の7月16日。

八重山では昨日お盆の送り(ウークイ)を終え、

今日は伝統行事である邪気祓いの獅子舞を村をあげて行います(イタシキバラと言う)。

空にはちょうど真円の月。

海には月明かりの道が伸びる。

今宵なぜか風は強く廻り

雲をまくり激しく押し流す。

雲間に覗く月光は力強く

人の暮らしを射ぬくようだ。

空と地を月光が結ぶ。

その一条の灯りの縁(えにし)に血の絆が見え隠れするようだ。

この先どこに旅をしようとも

私はこの島で生を受けたのです。

ワーヌマブイヤ ツクヌカイシャヌグトゥ

(私の魂よ美しい月のように)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする