月に吠える

世界の小さな片隅で

優男たちは懸命に

命の重たさと向かい合い

真摯に暮しを紡ぎ続けたのだ。

みんな優しい男たちだった。

そんなことじゃ世間は渡って行かれないことくらい

重々承知はしていたけれど。

だけどその苦しみ抜いた魂は、

今となっては貴い宝だ。

だから彼らにどうか赦しを。

そんな男たちの挽歌が今日の月夜を満たす。

痩せた野良犬たちの遠吠えがこだまする夜。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする