君が旅立ち

南無阿弥陀の額を携え、

いきなり君は明日立つと云う。

通りすがりの松の木に旅立つ君の姿が重なる。

 

松は、孤に高く立ち、時を待つ。

海辺の荒らくれも断崖の風雪も物ともせず

根は剥(へず)られ幹はくねり枝葉は引きちぎられようとも

度重なる苦節を堪え忍び辿り着いたは、君が勇者の立ち姿。

いずれ時は満ち、君が時は訪れる。きっと来る。

松に衣掛け祈り称(とな)う者を抱き給へや君が松。

有難き哉、南無阿弥陀仏。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする