あと三つ寝やれば

冬至から早も七日を過ぎて、

あと三つ寝やればお正月。

街のガスもようやく垂れ流しが止み、

空が久しぶりに美味い空気を吸ってやがるぜ。

日の本の国の男の子(おのこ)の端くれとして、

マスターもまた東奔西走しつつ新年の準備に勤しむのであった。ガンバレ。

取り敢えず今日の大事は冬野菜の確保だ。

マスターの祖父さんが開拓して今や三代目の兄さん(従兄弟)が跡を引き継ぐ畑に、

選りすぐりの野菜を頂きに参上。

この畑には、昭和50年代からのうちらの一族の歴史が刻まれているのだ。

何か深刻な問題事には、「祖父さんの畑で話そ」と、

今のうちらの世代には失われた血族の喧々諤々(けんけんがくがく)の遣り取りの歴史がその土には染み込んでいるのだ。

その主らも今や鬼籍の人々。

だからこそここの野菜は、

マスターにとって特別に滋味深い。

日暮の地平は見事な金色(こんじき)。

冥土の穴が覗いているかのような空の境は深い漆黒。

この地には過去も未来も

此岸も彼岸も全てあるよな

野菜引く。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする