雨の日には雨の日の

晴れの日には晴れの日の

雨の日には雨の日の

たしなみや しつらえや とりくみや ととのえ がある。

昔から言われる晴耕雨読ってのは、別にお百姓さんに限った話ではない。

さて、こんな雨の日には

食をこしらえる。

昨年の秋にしつらえていた吊るし柿を1センチほどの切片にととのえて

ブランデーに浸けておくのだ。

干し柿丸ごとを焼酎に浸けおいた柿焼酎が旨いと

助言してくれたお客さんがあったが、マスターは酒をたしなまないのでそれはしない。

このブランデー漬けはママの創意と才気と工夫の溢れるお菓子へと変貌するのだ‥たぶん、じぇったい!

いろんな空想を膨らませて干し柿にとりくむマスターは、きっとにやけてることだろう。

雨の日には雨の日の楽しみごとをあつらえる。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする