2019年笑間通信4月号(創刊128号)

「エマ通信4月号」

春爛漫の4月の到来。

しかも新元号の発表がいよいよです。

じきに10連休も始まりますが、勿論その期間、笑間は国旗を掲揚し続けます。

ご存知のように、エマでは祝日には必ず国旗を掲げます。

かと言ってマスターは、そっち系の人ではありません。

それはイデオロギー以前の問題として、「単にその風景が好きだから掲揚する」それだけのことです。

マスターが子供の頃は、

どこの家も当たり前に国旗を掲げておりました。

白地に赤い日輪。

単純にそのデザインの清々しさに惹かれます。

天地の理(ことわり)を表しているかのような、

神性さえ感じさせる真円の赤。

人はいつの世も清廉で潔白に生きることこそが大事と、

そんなメッセージが矢となって放たれている気が致します。

眺めていて自ずと背筋が伸びます。

ついでに語れば、

日本の国歌「君が代」も

実に素晴らしい楽曲であると思っています。

「レ」音から始まって「レ」音で完結する曲なんてそうそうあるものではなく、

何よりもその旋律の余情と奥ゆかしさ。

世界的に見ても、間違いなく稀有の名曲と言っても過言ではないでしょう。

その歌詞については、

先の戦の反省と反動もあって、

冒頭の「君が代」=「天皇(主君)の御代」

との解釈に嫌悪感を抱く人もいらっしゃいますが、

マスター的には、

「君が代」とは、「あなた方の世の中」、

もしくは、「神様より賜わりしこの世界」という解釈が腑に落ちます。

『その尊き世界が (君が代は)

幾久しく (千代に八千代に)

小さな石くれが集って (細石の)

大きな岩となって (巌となりて)

ついには苔の生えるほどまで長久に(苔のむすまで)

繁栄が続きますよう』

成熟した者同士が美しく和することを願う祈りの歌であると感ずるのです。

そんな具合に物思いに耽っておりましたら、喝!

「あんた国のことより先ず店のことやで!」と、

うちのアマテラスの声が落ちてまいりました^^;

 

◯卯月4月の笑間

北田はじめ写真展「Garden Plants」

北田はじめさんは、マスターの高校時代の同級生。エマでは1年ぶり2回目の展示となります。スクエアのモノクロ写真にこだわる彼の美意識が切り取る植物たちの表情をお楽しみ下さい。

 

◆週末金土限定「夜カフェ」始めます。

毎週、金・土の18時?21時まで。

お酒も少しご用意します。

(但し、イベント等でお休みの場合がございます)

 

☆4/10(水)ありがとうの日

エマのお客様感謝デー。日頃のご愛顧に感謝してささやかなお振舞をさせていただきます。

また、珈琲豆を10%オフにてご提供。

 

☆4/28(日)歌夜会第70夜

「北田はじめウクレレライブ」

マスターとのコラボもあります。基本、僕らは昭和世代なので、懐かしい歌を中心に。

完全予約制(15席限定)です。

18:30オープン

19:00アクト

21:30クローズ

チャージ料500円。あとは店のメニューをオーダーして下さい。

 

☆4/29(月・祝)弁天池公園スプリングカーニバル

門真の町の振興に関わる多数の事業所、団体、店舗等が一堂に会してのイベントです。

エマは珈琲の出店とグリーンノーツでの出演も致します。

9:00?15:00 弁天池公園にて(門真市岸和田1-8-2)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする