綿のような雲

旅先で、日々の暮らしの中で、

私が関わる全ての対象が私に寄越すその刺激に促されて

私の心に浮かび上がる情的な質感をくみ取る時、

「旅情」、「抒情」、「人情」、

人はそんな言葉を充てながら感動を胸に留(とど)めようとする。

旅情も抒情も人情も、みんな「情」。

もちろん人生には、お金も地位も名誉も仕事も自由になる時間も必要だけど、

本当は人生で一番大切なものは「情(なさけ)」なのだと、齢を重ねるごとに思うこの頃。

人は情け、世は情け。それでいい。

今時のAIがどんなにか優れていようと、

今日の青い空に綿のような白い雲を見つめていれば、

そんなことはもうどうでも良くって、

その情けひとつで十分今日を締めくくられるさ。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする