夏の日差し

ようやく梅雨明けの知らせを聞く。

閉店間際の空を見上げ、

いよいよ夏の日差しかと目を細める。

東を仰げば、のたり入道さんが俺もいよいよ出番かと

覗き見やる。

なぜだかわからないけれど、

今年の夏は妙だ、心が晴れぬ。

私たちが正しく作用しあい、

活き活きと生活し、

希望を持って発展し続けて行けるよう。

それを他人任せにするのではなく、

私が責任を持ってその事に取り組めるよう。

私の家こそを日の当たる場所としてこの夏を過ごせるよう、ぐっと腹に力をためる。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする