大概のものは代替えがきく

用意致しまするは、ストレーナーと晒し。

ストレーナーは極力目の細いものがよろしい。

晒しはハンカチ大に割いて水洗いしてその後水をよく切る。

あとはいつものセッティングとやり方でドリップして下さい。

これで、よもやペーパーフィルターがこの世の中から無くなったとしても美味しく、否、これまで以上に美味しく珈琲が頂けることでしょう(^^)

本当はペーパーでろ過しない方がコーヒー本来の旨味成分が完全抽出されて、より通好みの味わいとなるのです(ただしこのやり方だと抽出液に微粉が残る)。

珈琲サバイバル実践塾塾長エマのマスターでした(^^)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする