和む月

私の思いの根にあるものは、

笑顔のあふれる時間と空間を心許せる仲間たちと築きたい。

それは、小さなコミュニティ天国を作るということ。

マスターが喫茶店を始めたのも、歌を歌うのも、イベントに取り組むのも、

良き仲間たちと時間・空間を笑顔と共に過ごしたい。

ただただそう願うばかりです。

なのでうちの店名は、今更ですが、『笑間(えま)』と申します(^^)

かつて笑間で「わっしょいプロジェクト」というものを立ち上げたことがありました。

「わっしょい」の「わ」は、

驚き・感激・感動の「わ!」。

繋がり広がる輪っかの「輪(わ)」。

“なごみ”と“いやし”の平和の「和(わ)」。

そんな心で会話が弾むの「話(わ)」。

それはすなわち日本の心、和を以て貴しとなすの「わ」。

みんなで一緒にそんな心で「わ」を背負うと言う意味で、「わっしょい」。

ワ・輪・和・話。

今年も梅が実をつける時期となりました。

一粒の実りが来るその道は、決して簡単なものではないけれど、その恵みを皆さんと一緒に分かちあいたい、抱(いだ)きたい。

今宵いと高きところへと和む月。

憤ったままで日が暮れることのないように。

互いに和の心を持って真実こそが満ちるように。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする