若木会基金のお願い

「若木会基金」について

エマの夫婦より、皆さまへ。

これは、あくまでも私たちエマ夫婦の個人的な思いに端を発している皆様へのお願いです。

事のあらましにつきましては先般、私個人のsns上にて掲載をさせていただいた通りです。

http://emacoffee.com/2020/06/23/%e7%9f%a5%e4%ba%ba%e3%81%ae%e3%81%93%e3%81%a8/

私たちエマの夫婦は、これまで数多くの方達との交流を重ねて参りました。

なんら気の利いた肩書きも持たない、財産があるでもない、そんな私たちですが、唯一、心ある人様との出会い、そのご縁だけは一等賞である、金持ち人生よりも人持ち人生であると自負をしております。

以下は、この度の一連の経過のすべてに関わっている私の妻の思いです。

『8年前に私の慕わしい後輩が亡くなり、そして今度はそのご主人が急逝されました。

今の私が置かれている状況の中でしみじみと永遠に続く親と子の情愛を深く味わい見つめています。

木が高く伸びている

木は生き生きとのびている

台風で枝や葉をもぎ取られることもあり

大雪で枝を折られることもある

それでも木は伸びていく

今後の子供の苦労を思う時、私に出来ることはその木を支えることだけなのです。

先立つこととなった親の心を思い偲ぶ時、この残された3人の子供を守りたいとの一念です。

ご存知の通り、私は簡単に人に頼む人間ではありません。

しかしこの今は謙虚にならざるを得ないのです。

私がどれほどの資産家であればよかっただろう、子供に贅沢をさせるとかではなく。

毎日、様々な整理ごとの手続きに関わり、ままならない現実に突き当たるたび、この子供たちを支える為の支援の手立てはないものかとマスターとも相談しながら協議を重ねて、今回、「若木会基金」として立ち上げることに致しました。

生きても死んでもみんな一緒にいると感じるのです。親の愛がそうさせていると私は信じているのです。

エマの人たちもすべて一緒です。

血のつながりではなく、「わたし」なのです。

私が神様に選ばれました。

私が親に託されました。』

心に強く思えど、私たち夫婦にはやはり限界があります。

そこで、私たちの思いに共感し賛同してくださる方に向け、この「若木会基金」のことをお知らせする次第です。

これからの子供たちの人生が親の心と共に花開き実を結び喜ぶことが出来ますよう、

そのことを祈りつつ少しでもお手伝いすることが私たち夫婦の使命です。

☆「若木会基金」支援の方法

ご支援を頂ける方は先ず、私、仲大盛永勝のメルアドまでメールにてご通知下さい。

確認後に私からご支援者様宛に振込口座(施主様本人個人名義の銀行口座となります)をお知らせするメールをお送り致します。

その後は、ご支援者様各自のタイミングにて支援金をお振込み下さい。

金額につきましては、それぞれの自由裁量にてお願い致します。

また、振り込み人様のお名前の書き込みに関しても記名・無記名は任意とさせていただきますが、「ワカギ」との記名をお願い致します。

尚、皆様からのご支援に対する子供たちからの返礼に関しては出来兼ねますことをご理解の上、ご支援いただけますようよろしくお願い申し上げます。

ご支援いただけます方は、下記仲大盛永勝の個人メールまでご連絡下さいませ。

emacoffee7@gmail.com

*ご賛同いただけそうなご友人やお知り合いがおられましたら、ご自由に拡散もしていただいて構いません。

三兄弟の為、出来る限りの支援の輪が広がりますことを念願しております。

自家焙煎珈琲笑間 

店主 仲大盛永勝

妻     雅美

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする